バイクの3つの「輸送方法」と気になる「料金相場」バイク輸送後は忘れず手続きしよう
更新日:

バイクの3つの「輸送方法」と気になる「料金相場」バイク輸送後は忘れず手続きしよう

引越し業者にバイクの輸送を依頼する

引越し業者にバイクの輸送を依頼する
引越し業者にバイクの輸送を依頼する

バイクの輸送方法で1番簡単なのは、引越し業者に依頼する方法です。他の荷物と一緒に手続きや、見積もりができるので手間も時間もかかりません。引越し前はバタバタすることも多いので、いっぺんに手続きや見積もりができるのは助かります。

しかし、他の方法に比べて輸送料金が高くなるというデメリットもあります。なぜ高くなるかというと、引越し業者が他の提携業者にバイク輸送を依頼する場合が多いからです。そうすると輸送料金に加えて仲介手数料も上乗せされます。

引越し業者が提携業者にバイクの輸送を依頼しない場合でも、引越し用のトラックにはバイクを積載するための装備が整っていないためバイクは他の荷物とは別になり料金が余分にかかります。バイク輸送を引越し業者に依頼するとコストはかかりますが、手続きや見積もりが一度にできるので忙しくて時間がない人や、いっぺんに手続き関係を終わらせたいという人にはオススメです。

業者によってはバイク輸送自体を受け付けていないところもあるので、事前に依頼できるかどうか確認しておくといいでしょう。

専門業者にバイクの輸送を依頼する

専門業者にバイクの輸送を依頼する
専門業者にバイクの輸送を依頼する

専門の業者に依頼するのもバイク輸送の1つの方法です。バイクの輸送はもちろん、手数料を払えばナンバープレートや登録住所の変更まで行ってくれます。引越し前後は慌ただしいので、バイクの手続き関係まですませてもらえるのは助かります。

また、知識と技術を持ったスタッフに依頼できるので、万が一事故や引火のトラブルがあっても安心です。保証もしっかりしている業者が多いので安全に輸送したい場合は、専門業者に依頼するのがオススメです。

専門業者に依頼する時は、手間と時間がかかるというデメリットもあります。引越し業者とは別にバイク輸送の専門業者も探す必要があるので、引越しの手間が2倍かかります。もし色々な業者で見積もりしたい場合は連絡を取り合う時間も必要です。

また、バイクと他の荷物の輸送日や受け取り日を同じにしたい場合は、日程調整が必要になります。

バイクの輸送を専門業者に依頼すると色々な手続きをやってもらえたり、バイクに何かトラブルが起きた時も対応してもらえますが時間と手間がかかります。専門業者に依頼したい場合は、余裕を持って見積もりなどしてもらいましょう。

自分でバイクを輸送する方法

自分でバイクを輸送する方法
自分でバイクを輸送する方法

1番費用がかからないバイクの輸送方法は、自分で運搬する方法です。実際にかかる費用はガソリンと高速料金のみなので、最低限の費用しかいりません。近場の引越しであれば下道で行けるので、ガソリン代だけで大丈夫です。

1~2時間で輸送できる距離の場合は、時間もかからないので自分で運搬するといいかもしれませんね。短時間のバイクの運転なら、引越しの気分転換やちょっとした息抜きにもなるでしょう。

しかし、自分で運搬するとなると、全て自分でする必要があるので手間と時間がかかります。東京~大阪のように遠い場所に輸送する時は、高速道路を使っても6時間はかかるので大変です。自分で運ぶと事故の危険性もあるので、運転にも十分気を付けなければなりません。特に引越し時は疲れもたまっていることが多いので、安全運転を心がけましょう。

自分で運搬する方法は費用が安くすむので、とにかくバイクの輸送費を節約したい方にはオススメです。

しかし、自分で運搬するのが不安に感じたり、忙しくて時間がなかったりする方は、引っ越し業者や専門業者にお願いするのが賢明です。

バイク輸送の料金相場はいくら?

バイク輸送の料金相場はいくら?
バイク輸送の料金相場はいくら?

バイクを輸送する時に気になるのは、輸送にかかる費用ですよね?バイク輸送を業者などに依頼する場合、相場料金は20,000~40,000円だといわれています。

バイクの輸送費用(東京~大阪)

  • 原付バイク…24,000円~30,000円程度
  • 750ccくらいのバイク…25,000円~40,000円程度

>>【参考】引越のバイク輸送は安い・安心のバイク輸送「I-Line」へ

>>【参考】料金の確認・お申込み - バイク輸送専門店|ヤフオクや個人

バイクのサイズや排気量によって費用は変わるので事前にインターネットなどで調べたり、依頼したいと思う業者に見積もりを取ってもらいましょう。

保証をさらに付けたり、住所変更などの手続きを依頼したりする場合はオプション料金が必要なので一緒に確認しましょう。

自分で運搬する場合はガソリン代と高速料金代だけなので、もう少し料金は安くなります。ただし、途中で休憩してご飯を食べたり、宿泊を伴ったりする場合はその分費用がかかります。そうなると業者に依頼する時と費用がそんなに変わりません。

自分で運搬するのが少しでも不安な人は、業者に依頼してもいいかもしれませんね。

バイク輸送する時は住所変更など手続きも必要です

バイク輸送する時は住所変更など手続きも必要です
バイク輸送する時は住所変更など手続きも必要です

バイク輸送する時は、いくつかの手続きする必要があります。主な3つの手続きについて紹介します。

登録住所を変更する

基本的に陸運局で住所変更します。住民票などいくつかの書類や、印鑑が必要なので手続きする時は忘れずに持っていくようにしましょう。

原付バイクが同一市町村内に引越しする場合は、転居届けを市町村役場に提出するだけで大丈夫です。転居届の手続きと同時に、バイク所有者の住所変更も自動的にされます。

ナンバープレートを変更する

管轄の陸運局が変わる場合は、ナンバープレートを変更しましょう。ナンバープレートを変更せずに運転していると、場合によっては罰金を取られることもあります。

ナンバープレートの変更は陸運局・自動車検査登録事務所でできるので、必要な書類を揃えて早めに変更するようにしましょう。

保険会社に登録している住所変更する

バイクの保険に加入している場合は、保険会社に登録している住所の変更も必要です。変更しておかないと、保険の資料がすぐに届かなくて困ります。

また、事故などのトラブルがあった場合、その慌ただしい中でも住所変更しなければなりません。いざという時に慌てないためにも、登録している住所は変更しておきましょう。

バイクを輸送の不明点は業者に相談しよう

今回はバイクの輸送方法や料金相場、バイク輸送に伴う手続きについて紹介しました。>安心・安全にバイクを輸送するには、やはり専門業者にお願いするのが1番です。バイクに関する知識や技術を持ったスタッフが輸送してくれるので、万が一トラブルがあっても対応してもらえます。

バイクの輸送を専門とする業者にも色々あって、どこに依頼しようか迷うこともあります。そんな時は、サービス内容や口コミ、料金などを比較できるサイトがありますので、それらを参考にして、ご自分に合った専門業者を見つけてみてください。

バイク・自転車の輸送ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったバイク・自転車の輸送の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?