自転車(ママチャリ)のスタンドは自分で交換できる!スタンドの交換方法や費用相場のまとめ
更新日:

自転車(ママチャリ)のスタンドは自分で交換できる!スタンドの交換方法や費用相場のまとめ

自転車のスタンドは自分で交換できる?

自転車のスタンドは自分で交換できる?
自転車のスタンドは自分で交換できる?

自転車のスタンドは、自分で交換することが可能です。自分で交換する時に知っておくべきことや、自分でスタンド交換する場合と業者に依頼する料金の違いを紹介します。

自転車スタンドは少し力が必要な作業もありますが、自分で交換することは可能です。スタンド周りは少し複雑な作りになっているので、部品の名前や位置、取り換え手順は事前に知っておく必要があります。

自分で交換する料金相場はスタンド代のみなので安く仕上がります。自転車に詳しい人や、作業好きの人は自分で交換してみるといいでしょう。

自転車に詳しくない人や、作業に自信がない人は業者に依頼するのも一つの手です。業者に依頼する場合料金相場はお店によって異なりますが、目安は下記の通りです。

  • 工賃…300~1,000円
  • スタンド代…1,000~2,000円
  • 合計…1,300~3,000円

>>【参考】自転車修理工賃 | サービス一覧 | サイクルベースあさひ

多く見積もっても工賃とスタンド代込みで、3,000円程度で交換が可能です。工賃といっても高額ではありませんので、自分で交換するのが不安な人は依頼した方がいいでしょう。

自転車のスタンドの種類

自転車スタンドにはさまざまな種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。自転車の種類によってもつけられるスタンドが異なるので、用途や自転車の種類を考慮したうえでスタンドを選ぶびましょう。

片足スタンド

片足スタンド
片足スタンド

片足スタンドは片側のみに支えがついているので、見た目がスタイリッシュで重量は軽いです。上げ下げも楽で、大きな音が響くこともなく、力のない子どもでも簡単に使用できます。

一方で、片足スタンドは安定性に欠けるというのがデメリットです。片側からしか支えられないので自転車が倒れやすく、どうしても不安定です。安定性よりもスタイリッシュな見た目や、軽さを重視する人におすすめです。

両立スタンド

両立スタンド
両立スタンド

両立スタンドは両側から支えられる安定感があるため、普段から重い荷物を載せる人や子どもを自転車に乗せて移動する人におすすめです。

スタンド自体が重いということや、上げ下げが少し大変であるという点はデメリットです。安定性を重視したい人は、片足スタンドから両立スタンドに交換してみてもいいでしょう。

スポーツ車用スタンド

スポーツ車用スタンド
スポーツ車用スタンド

スポーツ車は購入時にはスタンドがついていないことがほとんどで、そのままスタンドを装着しないまま使う人も多いです。必要な場合は追加で購入が必要です。スポーツ車用のスタンドは大きく分けると屋外用のスタンドとディスプレイ用のスタンドに分かれます。屋外用は外で駐車する時に使用するタイプで、キックスタンドや持ち運び式のスタンドがあります。

ディスプレイ用は自宅で自転車を保管したり、メンテナンスする時に使用するものでハブスタンド、フックスタンド、壁かけスタンドなどの種類があります。スポーツ車のスタンド購入を検討している人は使用する場所や、用途に応じて選ぶようにしましょう。

スタンド交換する前の準備

スタンド交換する前の準備
スタンド交換する前の準備

今回はスポーツ車用スタンドではなく、ママチャリなどのシティサイクルに取り付ける両立スタンドや片足スタンドの交換方法を紹介します。スタンド交換する時の事前準備を紹介します。

自転車に合ったスタンドを準備する

一概にスタンドといっても自転車のサイズやタイプに適したスタンドを用意する必要があります。自転車のインチ数に応じたスタンドを購入しましょう。サイズの合わないものを購入してしまうと、自転車への取り付けができなくなる可能性があるので事前にサイズを確認しましょう。

フレーム部分の形状を確認する

自転車のフレームの形状は平爪タイプと、逆爪タイプがあります。スタンドにも平爪用と、逆爪用があるので取り付けたい自転車の形状に一致するタイプを用意しましょう。

変速機があるか確認する

変速機有無や変速機の種類によってもスタンドの形状は異なります。スタンドの説明に「変速機無用」「内装変速機用」「外装変速機用」などの記載があるので、スタンドを選ぶ時は自転車に変速機がついているか、またついている場合は変速機の種類を確認して購入しましょう。

交換に必要な道具を準備する

自転車のスタンド交換に必要な道具はレンチとドライバーです。作業中に油で手が汚れることもあるので、軍手も用意しておくといいでしょう。

事前に写真を撮っておく

スタンドの取り外し作業に入る前に、取り外し前のスタンド周辺部分をしっかり観察した上で写真を撮っておきましょう。取り外してから、どこにどの部品がついていたかがわからなくなってしまうと、元の状態に戻せなくなります。万が一作業ミスが起きた場合も、撮った写真を元に修正作業ができます。

自転車のスタンドを交換する方法

自転車のスタンドを交換する方法
自転車のスタンドを交換する方法

準備物

  • 新しいスタンド
  • レンチ
  • ドライバー
  • 軍手

手順

1

カバーを外す

ナットまわりにカバーがついているので、部品を外す前にまずはこのカバーを外す。ドライバーを使ってカバーを外す。

2

変速機ワイヤーを外す

変速機がついている自転車の場合は、変速機のワイヤーを外す。外しやすくするために事前に変速機を1段目に設定し、変速機のワイヤーの端を金具から外す。変速機のワイヤーの端が外れたら、ナットに刺さっているプッシュロットという棒を手で引き抜く。

3

スタンドまわりの部品を順番に外す

ナット→ワッシャー→キャリアステーの順番で部品を外す。最初はレンチを使って緩め、途中からは手で回しながら外す。両立スタンドを外す時は片方のみを一気に外すのではなく、左右交互に少しずつ緩める。ナットが外れたら、ワッシャー、キャリアステー、泥除けステーの順番で部品を取り外す。

4

スタンドを外す

スタンドを固定する部品が取り外せたら、スタンド本体を取り外す。スタンドを取り外すと自転車を立てかけておくためのものがない状態になるので、壁にたてかけた状態で作業するといいでしょう。

5

新しいスタンドを取り付ける

スタンドの爪の部分と、車体の突起部分とを合わせて装着する。両立スタンドを取り付ける場合は、左右のスタンドの取り付け位置が同じになるよう調整する。

6

外した順番の逆順で部品を取り付ける

泥除けステー、キャリアステー、ワッシャー、ナットの順で取り付ける。左右のナットを取り付ける時は、外すときと同様に片側のみ一気に締めるのではなく左右交互に少しずつ締める。プッシュロット棒を戻し、変速機のワイヤーを元に戻す。最後にカバーを付けたら完了。

おすすめ

自転車を輸送したい時は業者に依頼しよう

今回は自転車のスタンド交換にかかる料金相場や、交換方法を紹介しました。手順通りに作業すれば自分で交換することができるので「片足スタンドから両立スタンドに交換したい」「スタンドが古くなってきたから新しいものに交換したい」という人はこの機会に交換してみてはいかがでしょうか。

自転車を人に譲りたい時や、引っ越しなど自転車の輸送が必要になった時は自転車輸送を業者に依頼することが可能です。自分で移動させるのが大変な場合や、自分での輸送に自信がない人は業者に依頼しましょう。プロが運んでくれるので、安心して自転車の輸送をお任せできます。

バイク・自転車の輸送ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったバイク・自転車の輸送の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?