更新:
パソコン設定

スタートアップ修復の方法と注意点|Windows10が起動しないときに試すべきこと

本ページはプロモーションが含まれています

スタートアップ 修復

パソコンの電源を入れてもWindows 10が起動しなかったり、動作が不安定になった場合には「スタートアップ修復」という機能を使用することで、Windowsの読み込みに失敗した問題を修復できます。そこで今回はスタートアップ修復の使い方や、注意点を紹介します。

Windowsのスタートアップ修復とは?

Windowsのスタートアップ修復とは?
Windowsのスタートアップ修復とは?

「スタートアップ修復」は、Windowsが正常起動できない時に、自動的に実行されるシステム修復の機能です。起動できない原因を「スタートアップ修復」によって自動修復できます。

修復する範囲は「スタートアップ修復」というの名のとおり、パソコンの起動に関するソフトウェアの不具合だけです。

最初に試すのはスタートアップ修復の自動実行

最初に試すのはスタートアップ修復の自動実行
最初に試すのはスタートアップ修復の自動実行

最初に試したいのが、もっとも簡単なスタートアップ修復の方法です。 Windows10では基本的に2回続けて起動に失敗した後、スタートアップ修復が自動的に実行されます。

そのため強制終了を2回続けて行うことで、同じ状況を作り修復を進められます。

スタートアップ修復を自動実行する手順

  1. 起動中に電源ボタンを長押しして強制終了させ、再度同様に強制終了する(計2回実施)。
  2. 3回目の起動時に「自動修復を準備しています」や「PCを診断中」という文字が表示されればOK。もし、自動修復に入らない場合、「詳細オプション」を選択し、オプションの選択画面で、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」> 「スタートアップ修復」>「再起動」の順に選択しましょう。
  3. スタートアップ修復の終了画面に切り替わります。終了画面が表示されずに、そのままWindowsが起動することもあります。

スタートアップ修復の終了画面で「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」という表示がでたら再起動(シャットダウン)させましょう。もし、再起動できない場合は「詳細オプション」→「続行」にて起動するか確認します。

それでもWindows が起動しない場合、スタートアップ修復では修正できない問題が発生している可能性が高いため、別の方法を試す必要があるでしょう。

また、Windows Update直後の場合、スタートアップ修復では問題解決できないことが多いです。この場合は「詳細オプション」→「システムの復元」、もしくはコマンドプロンプトから「Pending.xml」というファイルを削除することが有効です。少しハードルが上がるので、自信がない人にはオススメできません。

手動でWindowsスタートアップ修復する方法

手動でWindowsスタートアップ修復する方法
手動でWindowsスタートアップ修復する方法

Windowsは起動するのに不具合がある場合には、手動でスタートアップ修復してWindows10の修復を試みてみましょう。

手動でWindowsスタートアップ修復する手順

  1. 「スタートメニュー」をクリックして「設定」をクリックして「更新とセキュリティ」をクリックする。
  2. 左サイドバーの「回復」をクリックして「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」をクリックする。
  3. 「オプションの選択」画面が表示されたら「トラブルシューティング」をクリックする。
  4. 「詳細オプション」の中の「スタートアップ修復」をクリックする。
  5. 実施するアカウントをクリックして、パスワードを入力後「続行」をクリックする。
  6. Windows10の修復が開始される。
  7. しばらくすると修復が終了し Windows10が起動する。
  8. 不具合が再度発生するか確認する。

コマンドプロンプトを使ってより詳細に手動で修復する方法もありますが、パソコンの知識がなければ難しいため、ここでは割愛します。 なお、手動で修復できない場合は、インストールディスクなどを使う修復方法を実施しなければなりません。

インストールディスクでのスタートアップ修復する方法

インストールディスクでのスタートアップ修復する方法
インストールディスクでのスタートアップ修復する方法

上記の方法でスタートアップ修復が実行できない場合は、インストールディスクやシステム修復ディスクを使ってスタートアップ修復を実行することが必要です。

この方法でスタートアップ修復を実行するには、予め用意するものや準備が必要となります。修復メディアがない場合、他のパソコンで作成したものを使いましょう。

システム修復ディスクでスタートアップ修復する準備

  • UEFI/BIOS画面にて、起動メディアの優先順位を確認、変更しておく
  • セキュアブート、Fast bootは無効にする
  • マウスやキーボードはUSB3.0に接続する

準備物

  • インストールメディアやシステム修復ディスクなどのいずれか1つ

システム修復ディスクでスタートアップ修復する手順

  1. インストールメディア、システム修復ディスクなどからパソコンを起動します。
  2. インストールメディアの場合は、言語やキーボードの種類を「日本語」、「日本語キーボード」に変更して「次へ」をクリックする。修復ディスクの場合は、「キーボードレイアウト」を「Microsoft IME」「日本語」を選択する。
  3. 「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」をクリックする。
  4. 「詳細オプション」画面が表示されるので「スタートアップ修復」をクリックする。
  5. 目的のOSをクリックすると、スタートアップ修復が始まります。アカウントの選択画面が表示されたら、アカウントを選択してパスワードを入力する。

1回のスタートアップ修復では修復できない場合があるので、スタートアップ修復は2~3回繰り返しましょう。それでもWindowsが起動しない場合は、スタートアップ修復では解決できない問題が発生している可能性が高いです。

この場合にはシステムの復元や、セーフモードからパソコン復旧する場合は、リカバリーが必要がとなるため、パソコンについての知識が必要です。

なお、システムの復元や Windows10の再インストールが必要な場合、保存した復元ポイント以降のシステムや保存データが消失するため、実行前のバックアップが必須となります。

最終手段は復元ポイントに戻るか再インストールが必要

最終手段は復元ポイントに戻るか再インストールが必要
最終手段は復元ポイントに戻るか再インストールが必要

Windows10が起動せず、上記のスタートアップ修復でも直らない場合、システムに何らかの不具合が発生している可能性が高いです。

このような場合、Windouws10が問題なく起動していた状態まで復元ポイントを遡ることやシステムを再インストールする必要があります。

回復ドライブを作成して復元ポイントをこまめに作成していれば、影響は少なくて済みますが、作成していない場合は、多大な影響を受けます。また、ソフトの再インストールや周辺機器のドライバー再インストールなどの作業もとても大変です。

回復ディスクやインストールディスクで過去に戻るのは、非常にロスが大きいため、最終手段で使うようにしてください。なお、データ保存や作業に不安がある場合、専門業者に依頼した方が安心です。

Windows10をスタートアップ修復する際の注意点

Windows10をスタートアップ修復する際の注意点
Windows10をスタートアップ修復する際の注意点

Windows10が正しく起動しない時に、問題を解決してくれるスタートアップ修復は非常に頼もしい機能ですが、3つの注意点があります。

スタートアップ修復は時間がかかることがある

Windows10のスタートアップ修復にかかる時間は短ければ10分ほど、長ければ1~2時間ほどかかります。ただ、まれに3時間以上待っても終わらないこともあるので、注意が必要です。

ノートパソコンの場合は、電源アダプターを使用するようにしてください。もし、修復途中でパソコンが切れてしまうと、最悪の場合、システムの再インストールが必要となります。あまりにも長時間にわたる場合、修復処理に何らかの異常が発生していることが考えられます。

スタートアップ修復は万能ではない

スタートアップ修復は、 Windows10が起動しない問題の全てを解決できるものではありません。上記したように、スタートアップ修復では解決できない問題もあります。

スタートアップ修復で解決できない時は知識が必要です

スタートアップ修復で問題が解決できない場合、セーフモードからパソコン復旧や復元ポイントへ戻って復旧する必要があります。

また、システムの再インストールも必要になる場合もあるため、やっかいです。ほとんどの場合、バックアップなどのリカバリーが必要になるため、パソコンについての知識が不可欠となります。

そのため、自分の知識やスキルに不安がある人は、専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

今回は Windows10のスタートアップ修復方法や注意点を紹介しました。パソコンはどんどん使いやすくなっているため、普段は誰でも簡単に使えます。しかし、いったん問題が生じた場合、パソコンについての知識がないと、ほぼ対処できなくなるのがパソコン社会の大きな課題です。

どんどん複雑になるシステムに誰もが対応するのは難しいでしょう。もし、スタートアップ修復を数回実行しても上手くいかない場合や自分では不安という場合には専門業者に任せるのが安心です。 下手にシステムなどを改変するとパソコンが起動できなくなったり、大切なデータが消えたりする危険を伴います。困った時は無理をせず、専門業者に相談してみましょう。

この記事で分かること スタートアップ修復で解決しない場合は初期化すればいい?

スタートアップ修復で解決しない場合は、上記の最終手段で紹介したように、回復か初期化を試すのも良いかもしれません。ただし、バックアップを取らないとデータが一部または全部消失するため、必ずバックアップが必要です。

スタートアップ修復が延々と繰り返し行われ、1時間経っても終了しない時にはどうすればいい?

スタートアップ修復は軽い症状なら10分程度で終わりますが、1時間でも終わらない事があります。最大で5時間ほど放置しても解決しない場合は、電源ボタンの長押しで強制終了させセーフモードでの起動してみてください。セーフモードでの起動については、Microsoft社のサポートページに記載があります。

スタートアップ修復などでも問題が解決しない場合はどうすればいい?

スタートアップ修復を試しても問題が解消しない場合、システムの問題ではなく、ハードディスクやマザーボードなどのパソコン部品に原因があると考えられます。パソコン部品に問題がある場合、修理や交換が必要になるでしょう。

パソコン設定はすまいのホットラインで依頼できます

出張訪問サービスの検索予約サイトすまいのホットラインでは、高い技術を持ったパソコン設定の専門業者が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインでパソコン設定を利用した方の口コミ

すまいのホットラインで、実際にパソコン設定サービスを利用した方の口コミを一部紹介します。

利用者の口コミ

5.00
男性女性の計2名でいらっしゃいました。男性が作業されてる間、女性の方がスマホやプロバイダ等々何をどうすればよいか私に適したお得なサービスを紹介、提案してくださったりしてとても助かりました。もちろん頼んだサービス内容に関しても非常に満足です。迅速かつ丁寧な作業、作業後の使い方の指導、お二人の人柄、もうすべて素晴らしく感謝感激です。また何かありましたら是非お願いしたいと思います。本日はどうもありがとうございました。

出典:口コミ|すまいのホットライン

すまいのホットライン
ライター

すまいのホットライン

すまい快適マガジン編集部

「ハウスクリーニング」「不用品回収」「リフォーム」まで、すまいに関する「こまった!」「どうしよう!」を解決するために、200ジャンルを超えるお悩み解決コンテンツを発信しています。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、
200種以上の出張訪問サービスを予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
総額料金や実際に利用した人の口コミで選べる
「人柄」で選べる
スタッフの技術力や雰囲気・こだわりで選べる
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる