室内ドアノブの交換 おすすめ業者 129件

室内ドアノブの交換のおすすめ業者が129人います。このページでは2024年2月第4週現在の室内ドアノブの交換のプロを料金や相場、口コミのランキングで比較して、オンラインで即日予約できます。

業者の選び方は、重視するポイントで変わります。何を基準に選べばよいか分からない方も、料金や口コミで並び替えできるので、自分にあった室内ドアノブの交換のプロを手間なく探せます。室内ドアノブの交換業者の探し方

室内ドアノブの交換について

室内ドアノブの交換のサービスを、365日年中無休で受け付けしています。2024年2月現在、129件の室内ドアノブの交換サービスがあります。

「ドアノブを開けやすいレバーハンドルに替えてほしい」「防犯のために鍵付きレバーハンドルに交換したい」そんな時はプロに室内のドアノブ交換のリフォームを依頼しましょう!

室内ドアノブの交換の相場

1箇所 4,000円~10,000円

室内ドアノブの交換のサービス 1~50件(129件中)

累計評価

4.86

室内ドアノブの交換を利用された方がこれまでに投稿した口コミ・体験談の平均点を表示しています。

  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    古くなった室内のドアノブを「プロがきっちり」取り付けます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!4,000円~

    地域密着の直接施工店が多いため、移動費や人件費を安く抑えられます。事前に料金表も確認できるので安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

室内ドアノブの交換を利用した人の口コミ・体験談

室内ドアノブの交換について

室内ドアノブの交換とは

室内ドアノブの交換をプロに依頼することができます。おうちのドアノブ、ガタガタと異音がしていませんか?ドアノブが壊れると部屋の出入りの際非常に不便です。がたつきなどは典型的な交換のサインです。浴室など水回りのドアノブはサビで開閉しづらくなることもあります。ご高齢の方には握り玉ハンドルをレバーハンドルタイプに交換するのがおすすめです。

室内ドアノブの交換を予約する際のポイント

交換したいハンドルのタイプに応じて金額が変わります。取り付けるドアノブはお客様がご準備ください。準備できない方はあらかじめメッセージにて出店者へご相談ください。集合住宅の場合で、管理組合などへ提出する書類が必要な場合は事前に出店者へご郵送ください。

室内ドアノブの交換をプロに依頼するメリット

がたついていたドアノブは交換によって、以前のようなスムーズな開閉が可能になります。鍵なしタイプのドアノブから鍵付きタイプへ交換した場合は防犯性が高まります。ご高齢の方がお住まいのおうちだと、握り玉ハンドルからレバーハンドルに交換するだけで転倒のリスクの減少や開閉のしやすさが改善されます。それぞれのライフスタイルや目的に合わせたものへの交換がおすすめです。

目的別!室内ドアノブの交換業者の探し方

価格を重視する方

料金の安い順」に並び替えて、作業内容や口コミを比べてみる

仕上がり品質を重視する方

口コミ評価が高い順」に並び替えて、料金や作業実績を比べてみる

経験や実績を重視する方

口コミ件数が多い順」に並び替えて、料金や利用者の評価を比べてみる

エリアで絞り込む

関連サービス

室内ドアノブの交換業者の選び方と比較するポイント

破損した室内ドアノブの交換は早めにしましょう。室内ドアノブを交換するには採寸が重要です。自分で交換するにはDIY上級者向けです。業者に依頼することもできるため、室内ドアノブの費用相場知っておくことで予算が組みやすくなります。

ドアノブは劣化するため交換が必要です

ドアノブが空転する

ドアノブを回しても扉が開かないという症状が発生している場合は、ドアノブを交換した方がいいでしょう。ドアノブが空転するのは、ドアノブ内部のバネなどが故障している可能性が考えられます。放置すると扉が開かなくなるなどのトラブルにつながります。

ドアノブを下げても開かない

レバーハンドルのドアノブを下げても扉が開かないという症状が発生している場合は、ドアノブを交換した方がいいでしょう。扉が開かなくなるなどのトラブルにつながります。

使い勝手をよくしたい

ドアノブをひねって開けるタイプは握力の弱い方や両手が塞がっている時に使い勝手が悪いです。場合によっては介護保険の対象になることがあります。

ドアノブ(握り玉)を交換する方法

【道具】

・プラスドライバー

・マイナスドライバー

・新しい古い握り玉本体

1.古い握り玉本体を取り外す
握り玉の根元部分に留めネジが付いているので、ネジをドライバーで取り外し握り玉を取り外す。外側台座のねじも外しドアノブを取り外す。
2.フロントのネジを外しラッチを取り出す
ドアノブの断面についているラッチネジ(上下2個)をドライバーで外す。ラッチネジを外したらラッチの隙間にマイナスドライバーを差し込み箱錠を引き抜く。
3.新しいラッチをはめ込む
新しいラッチをドア側面から入れる。ラッチの傾斜が付いている方がドアの締まる向きになるようにする。プレートが出っ張っている場合は、ドア本体のくぼみ部分をノミで2mm程度しゃくり(掘り)収まるようにする。ドライバーを使ってラッチネジ(上下2個)を取り付ける。
4.外側の握り玉本体と金具を取り付ける
外側から握り玉本体を差し込み台座ネジを取り付ける。もともと使用していたネジ穴を再利用する場合がほとんどですが、長年の使用によりネジ穴が座屈(ざくつ)し大きくなっている場合があります。このような場合は新たな木ねじをとめ、古い穴には木工用ボンドを注入してつまようじを差し込みでっぱり部分をカットする。
5.内側の握り玉本体と金具を取り付ける
内側の握り玉本体と金具を取り付ける。握り玉をシャフトに差し込んだら握り玉本体をネジ止めする。取り付け後スムーズに動くか確認して完了。