カラス駆除・カラスよけ

カラス駆除・カラスよけ

カラス駆除・カラスよけ業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

カラス駆除・カラスよけについて

カラス駆除・カラスよけを料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「またごみ置き場が散らかされている…」「カラスの巣がある」そんなときはプロにコウモリ駆除をお任せしましょう!

カラス駆除・カラスよけの料金相場

駆除1箇所 10,000円~38,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.84

カラス駆除・カラスよけを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.84

カラス駆除・カラスよけを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

カラス駆除・カラスよけのよくある質問

カラス駆除・カラスよけとは

カラス駆除をプロに依頼する事ができます。世界には約120種類のカラスが存在し、中には色鮮やかなカラスもいます。カラスの繁殖期は3月~7月です。1回の産卵で3~5個の卵を産みます。卵は20日前後で孵化し、約35日で巣立つといわれています。知能の高いカラスを駆除するには、時間と労力がかかります。そんなときにはプロに依頼して解決しましょう。

カラス駆除・カラスよけをプロに依頼するメリット

必ずプロの業者に依頼しましょう。鳥獣保護法により捕獲を原則禁止されているため、カラスを捕まえられません。脅かして、追い払うことしかできません。どうしても「カラスを撃退したい!」と考える人は、専門業者の手を借りるのが手っ取り早いですよ。知識、経験が豊富な業者に任せれば、安全にカラスを撃退できます。

カラス駆除・カラスよけを予約する際のポイント

駆除の際に、電気や水道をお借りする場合がございます。雛や卵がある場合は、追い出しができないため追加料金が発生する場合がございます。

カラス駆除・カラスよけに関する記事

都道府県からカラス駆除・カラスよけ業者を探す
カラス駆除・カラスよけ業者の選び方と比較するポイント

カラスによるゴミ被害や、人を襲うなどの攻撃に悩んでいませんか?不気味な見た目とうるさい鳴き声も怖いです。朝から「カアー、カアー」カラスが鳴き声に悩んでいる人も多いです。農作物を狙われたり、ゴミを荒らしたりと被害も多いです。カラスは鳥獣保護法で守られており捕獲や駆除できません。撃退するにはカラスの生態や習性をよく知り、カラスが住みつかない環境づくりが重要です。

カラスはどんな野鳥?生態は?

カラスといえば、真っ黒な見た目が特徴です。しかし、黒い羽根をよく見てみると紫や緑、藍色など光沢のある色です。世界には約130種類のカラスが存在し、中には色鮮やかなカラスもいます。

カラスは喉に食べ物を溜め込める

主にカラスは昆虫や種子、果実を食べています。鳥の卵やヒナ、残飯や動物の死体なども食べます。また、カラスは喉に食べ物を溜め込めます。

カラスの繁殖期は3月~7月です

カラスの繁殖期は3月~7月で、1回の産卵で3~5個の卵を産みます。卵は20日前後で孵化し約35日で巣立つといわれています。その後50~100日程度は家族で行動するともいわれています。

日本にいるカラスの種類

日本にいるカラス科の鳥はカケス、カササギ、ルリカケス、オナガ、ホシガラス、ミヤマガラス、コクマルガラス、ハシボソガラス、ワタリガラス、ハシブトガラスです。この中でもっともよく知られているのが以下の3種類です。

カラスの被害はゴミ置き場を荒らすだけではありません

カラスによる被害の代表はゴミを漁って散らかすことですが、カラスによる被害は他にもたくさんあります。具体的にカラスによるどんな被害があるのか紹介します。

・カラスは生ゴミを荒らす

・カラスは家庭菜園や畑の作物を狙う

・カラスはベランダを荒らす

・カラスは鳴き声がうるさい

・カラスの糞害がある

・カラスは威嚇してきたり攻撃してくる

・カラスは送電鉄塔や電柱に作った巣によって停電することがある

生ゴミを荒らしている光景は街中でもよく見かける光景ですが、家庭菜園や畑の農作物も食べられてしまうことがあります。カラスは巣を作るためにベランダに侵入して、巣作りに使える物を盗むこともあります。カラスは電柱や屋根木の枝などに止まり「カアー、カアー」と大きな声で鳴くためうるさく、カラスは体が大きいため糞の量も多く糞害も馬鹿にできません。繁殖期のカラスは非常に神経質でカラスが不信に感じれば人に対しても威嚇したり、攻撃する場合もあります。

カラスを脅かして撃退する3つのグッズ

カラスは鳥獣保護法により、捕獲は原則禁止されています。このためカラスを捕獲することはできず、ラスの撃退方法はもっぱら脅かし対策ということになります。そこでカラスを脅かして撃退する3つのグッズを紹介します。

マネキンや光るものを吊るす

カラスは警戒心が強いです。マネキンを設置したり、カラスの風船や模型を吊るしてカラスを近づけないようにします。カラスを警戒させるには、目玉風船を吊るすのも一つの手です。目がいいカラスは強い光が苦手なのでCDを吊るしたり、キラキラテープなどを張り巡らせて光を反射させて撃退しましょう。

爆音を鳴らす

爆音機という爆音を発生する装置があり、爆音でカラスを脅かし撃退するものです。近所に迷惑がかかるため、畑など近隣に迷惑がかからない場所での使用に限られます。

超音波発生装置を使う

超音波発生装置は、カラスが嫌う周波数の音を発生する装置です。人間には聞こえないため、これなら近隣にも迷惑がかかりません。超音波発生装置の中にはフラッシュライト付きで強い光も発生するものもあります。

いろんなカラス撃退グッズがありますが、カラスは学習能力が高いためカラスが安全なものだと認識すると日にひに効果がなくなってしまいます。そのため定期的に方法をかえた方がいいでしょう。

カラスの被害を受けないためにできる3つの事

カラスにとっては生きていくために当たり前のようにするゴミ荒らしは、私たち人間にとっては深刻な問題です。少しでも被害をなくすために、できることを考えていきましょう。

繁殖期は近寄らない

カラスの繁殖期は3~7月で、カラスの子育ては1ヶ月~1ヶ月半程度です。この時期のカラスは気が立っているため、むやみに近づかないようにしましょう。やむを得ず巣の近くを通る時は以下のことに気をつけましょう。

・巣の中をあまり見ないでなるべく早く通り過ぎる

・石を投げたり棒を振り回したりしない

・かばんや帽子などで頭を守る

一人一人が心掛ける

カラスにゴミを荒らされないように各自治体でも、さまざまな取り組みをされていますが、他人事と思わず一人一人が心掛けることが大切です。

・カラスのえさである生ごみを減らす

・懐中電灯や鏡、ネットなどカラス除けグッズを使って追い払う

都心にカラスを増やさない

都心にカラスが増えた理由は先ほど紹介しましたが、できるだけカラスが増えないように対策しましょう。

・カラスや野生動物にえさをあげない

・庭に果樹がある場合は実がなる前にネットをかける、実がなったらすぐに収穫する

・庭木は生い茂る前に剪定し、カラスの巣作りの材料になるハンガーは外に置かない

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページではカラス駆除・カラスよけに対応している業者を一覧で表示しています。カラス駆除・カラスよけ業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、カラス駆除・カラスよけをプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、カラス駆除・カラスよけをはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。