ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除のサービスが10件見つかりました。2023年1月現在、ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除業者を、料金や口コミのランキングで比較して即日予約できます。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除について

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除のサービスを、365日年中無休で受け付けしています。2023年1月現在、10件のムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除サービスがあります。

「自分で薬剤を撒いたが完全に駆除できなかった…」「ペットがいるので市販薬だと不安」「ムカデ・ヤスデが布団の中にいた」そんな時はプロに駆除を依頼しましょう。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除の相場

延床面積 10平米 12,000円~30,000円

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除サービス 1~10件(10件中)

累計評価

4.58

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除について

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除とは

ムカデ・ヤスデ駆除とは、プロが専用の薬品を使い駆除してくれるサービスです。一時的な駆除だけでなく、薬剤により発生原因を調べ侵入箇所を防ぐことで、もう入って来ないように対策が可能です。「どうしても庭でムカデに遭遇したくない!」「家にヤスデが大量発生して困っている」といった方におすすめです。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除を予約する際のポイント

家の中や家の庭でムカデ・ヤスデを見つけたら、すぐに駆除を依頼しましょう。放っておくと家の隅に逃げてしまいます。小さなお子さん・ペットがいらっしゃる場合は、事前に伝えておくと安心です。家の中に侵入し、噛まれると激痛が走るので、状況確認するときは肌の露出が極力少ない服装で行ってください。万が一症状が出てしまった場合は病院へ行かれるのをおすすめします。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除をプロに依頼するメリット

市販の薬剤では完全駆除が難しいムカデ・ヤスデを、プロに徹底的に退治してもらうことができます。家の外からムカデ・ヤスデ が侵入しやすい場所がないかなど、駆除後の対策についても相談してみましょう。

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除に関する記事

エリアで絞り込む

関連サービス

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ駆除業者の選び方と比較するポイント

梅雨時などに遭遇することが多いムカデやヤスデ(馬陸)は、梅雨時から梅雨明けにかけて大量に発生することがあります。咬まれると厄介な存在です。毒を持っているムカデの被害にあう前にスムーズに駆除しましょう。基本的に人体に危害を加えないと言われていますが、刺激を与えた時に分泌する体液には危険性があります。

ヤスデとは?

ヤスデ(馬陸)とは、多足亜門ヤスデ綱に属する節足動物の総称のことをいいます。ムカデ(百足)と似ていますが、生殖口の位置や、体節あたりの歩脚の数などムカデとは異なります。ムカデの身体は細く、短い多数の歩脚があります。

世界中に約8000種類のヤスデが存在し、日本国内には約250種類以上のヤスデが生息していると言われています。そのうち家屋に上がり込んだり、大量発生し不快な思いをさせるヤスデは獄数種類だと言われています。

ヤスデは基本的に肉食ではなく、腐った葉っぱを主な栄養分としています。腐葉葉を食べて分解してくれるという意味でいうと益虫という見方もできますが、見た目のグロテスクさや、刺激を与えると腹部から悪臭を放つ体液を分泌することから典型的な不快害虫に分類されます。

ムカデとは?

日本のムカデは体長約7cm~10cm程度で細長くウネウネしており、頭に触覚がついている生物です。視力が弱いため触覚で動いているものに反応します。ムカデの生息域は湿度が高く狭くて暗い場所です。草むらや落ち葉の下をめくると遭遇することも多く、石のすき間や古い木の中などにもいます。

ムカデは夜行性ですが10℃以下になると活動しなくなることがほとんどです。20℃くらいになると活発化する傾向があり6月~8月はムカデ被害も多く、駆除する必要に迫られる時期になります。また夜になるとエサとなるゴキブリやクモ、水などを求めて家の中に入りこむことがあります。

ゲジゲジとは?

ゲジゲジの正式名称はゲジ(蚰蜒)といって、ムカデ綱のゲジ目に属する生き物の総称です。見た目は灰黄色で背中に灰緑色の3本の縦じま(ストライプ)があり、体長よりも長い触角を持ちます。ゲジの体長は20~30mmの小型種で、日本の広範囲に生息しています。春から秋にかけては家屋に侵入し敏捷に走りまわります。体長50~70mmのオオゲジという大型種もあり、本州南岸部以南に生息しています。体は褐色で艶があるのが特徴です。

強烈なビジュアルのために「不快害虫」と呼ばれるゲジゲジ。しかし人間にとっては、ゴキブリやクモを捕食してくれる「無害な益虫」なんです。

ゲジゲジは人間にとって無害な益虫

とにかく見た目のインパクトが強烈なゲジゲジ。刺したり強力な毒があるように思われがちですが、人間にとって無害な存在です。ムカデのように人を咬むこともありません。そのうえ性格は穏やかで臆病。警戒心が強いため、自分から人間の前に姿を見せることはあまりありません。

ゴキブリやクモなどが大好物

ゲジゲジは肉食の昆虫で、ゴキブリやクモが好物です。その他カマドウマや蛾など、人間が苦手とする昆虫をエサにしています。身軽でスピードが早いのも特徴で、あの素早いゴキブリも簡単に捕えることができます。エサを求めて家中を隅々までパトロールしてくれ、捕食したら残さずきれいに食べてくれます。

毒や病原菌もほとんどない

ゲジゲジには弱い毒がありますが、噛まれても腫れたり痛みを伴うような毒性はありません。たとえ噛まれても、傷口を水で洗い流せば問題ありません。ただし、赤ちゃんや幼児が手に取ったり、口にしないよう注意が必要です。ゴキブリやネズミのような病原菌はなく、衛生害虫には含まれません。そのため室内にでてきても心配する必要はありません。

・ゲジゲジの性格は性格は穏やかで臆病。攻撃的ではない

・噛まれても腫れたり痛みを伴うような毒性はない

・ゴキブリやネズミのような病原菌はない