外壁塗装のおすすめ業者一覧

外壁塗装について

外壁塗装を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。築10年を経過すると、外壁に塗膜が浮き始めたりひび割れが発生します。外壁の耐久性や耐水性を延ばすためにプロの技で綺麗にしませんか。自分では難しい作業も、プロなら短時間で綺麗に仕上がります。

外壁塗装の相場
50平米 520,000円~756,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

外壁塗装を利用した人の口コミ

外壁塗装に関する記事

外壁塗装について

外壁塗装とは

外壁塗装をプロに依頼することができます。ご自宅や店舗の印象を決める色をプロの技で綺麗に塗装しましょう。費用がかかることもあり、業者とお客様の間で、慎重なやり取りが必要です。作業が終わった後が1番重要ですので、事前に相談を重ねましょう。

外壁塗装を予約する際のポイント

業者によって診断や工事の際に、電気や水道をお借りすることがあります。また下地補修や造作が必要な場合は、別途料金が発生する場合があります。費用が安いだけで選んだ後に、追加費用で高額になってしまうケースやアフタフォローの体制までしっかりしている業者を探しましょう。見積もりは、3社以上取るようにして焦らず慎重に交渉を進めましょう。お互いにとって気持ちのいい作業にするため、話し合える業者を見つけていきましょう。

外壁塗装をプロに依頼するメリット

外壁塗装をプロに依頼すると、どんなメリットがあるのでしょうか?見た目の美観だけでなく、防水性や断熱性に大きな影響を与える外壁塗装。湿気や雨の多い日本では、節約のつもりでリフォームを怠ると大損害に繋がることも。手遅れになる前に外壁塗装をプロに依頼しましょう!

エリアで外壁塗装業者を絞り込む

外壁塗装業者の選び方と比較する時のポイント

外壁は屋根と共に雨風や強い日差しから、大切な住まいを守っています。厳しい自然環境と最前線で戦っています。過酷な雨風や日差しにさらされている外壁は年々劣化します。劣化が進めば外壁としての機能を失い、大切な住まいを守れなくなります。外壁塗装には耐用年数というのがあり、耐用年数が過ぎると不具合が出てきます。

外壁塗装は費用がかかるイメージがあり、子育てや介護している人にとってはかなりの負担になります。外壁塗装は家を長持ちさせるために必要なメンテナンスの一つです。戸建てにお住まいの方は10年に1度、外壁塗装が必要です。外壁塗装する時に悩むのが塗料の種類や、色選びではないでしょうか?外壁塗装は家の表情をガラリと変える上に、何度も塗り直しがすぐにできないので色を決めるのは慎重になります。外壁塗装の費用相場知っておくことで予算が組みやすくなります。

外壁塗装は必要?塗り替えが必要となる4つの症状

チョーキング

チョーキングとは外壁面を指で触ると、白い粉状のものが付着する現象のことです。太陽光などの外部刺激から受ける劣化の初期症状で、塗装としての機能は失われつつある状態です。塗り替えを急ぐ段階ではありませんが、検討に入る時期であることは意識しておきましょう。

ひび割れ

塗装面に小さなひび割れが見られるようになると、劣化が徐々に進行している段階と捉えましょう。劣化だけではなく、地震などによる影響でひび割れが発生することもあります。塗膜だけでなく外壁材にひび割れがある場合は、建物へ水が侵入する恐れがあるため緊急の対応が必要です。雨水による建物への影響を考えると、塗り替えをした方がいいレベルに入ってきたと考えるのが賢明です。

塗膜の浮きや剥がれ

塗膜が浮き上がって剥がれてきているようであれば、塗装としての機能は失われていると判断できます。早急に塗り替えしないと外部の刺激に耐えることが難しくなり、建物の寿命が短くなる恐れが高まります。放置した場合は外壁材が水分を含むようになり、カビやコケが生えてきたり、木材が腐ったりするなど深刻な症状に発展することもあります。塗膜の浮きや剥がれの症状はかなり劣化が進行しており、すぐにでも塗り替えした方がいいレベルです。

目地部分のコーキングの劣化

外壁材の継ぎ目部分には、主に防水を目的としてコーキングを充填してあります。経年によって、このコーキング材にもひび割れや痩せなどの症状が現れます。コーキングが劣化した場合はそこから水が浸入することがあるため、コーキングを打ち替えたうえで塗装の塗り替えが必要となります。

外壁塗装に使用する塗料は?

外壁塗装に使われる塗料は大きく分けて5種類あります。それぞれの特徴を知って、自分の希望にあうものを選びましょう。

アクリル塗料

アクリル塗料は30年以上前に発売された塗料です。当時はモルタルのひび割れに対応する画期的な商品でしたが、汚れやすい欠点がありました。価格は安いですが耐久性は低く、現在はほとんど使われません。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は柔らかい性質があり、万能塗料なので細部塗装には適しています。しかし、外壁に使用するには耐久年数が劣るため、こちらも現在はほとんど使われません。

シリコン塗料

シリコン塗料はシリコンを含有し汚れにくさと性能を両立させた塗料で、いちばんポピュラーな塗料です。近年はラジカル塗料の方が人気がありますが、バリエーションの豊富さと、耐久性や価格のバランスが非常にいいのが特徴です。

ラジカル塗料

ラジカル塗料は今注目の塗料です。従来の塗料にはない高緻密無機シールド層により、UVや酸素、水による塗膜の劣化(ラジカル)を防ぎます。価格はシリコン塗料よりやや高いものが多いです。

フッ素塗料

フッ素塗料は価格が非常に高価ですが、耐久性は他の塗料と比較しても非常に高いです。東京スカイツリーの鉄骨に塗られているのもフッ素塗料です。

外壁塗装の費用相場はいくら?

外壁塗料代は塗料の種類と面積で決まる

塗料代の費用相場は塗料単価と塗る面積で決まるため、塗料の単価の相場を確認しましょう。

【計算方法】塗料の単価×塗装する面積=塗料代になります

・アクリル塗料…1,400~1,600円/1㎡あたり耐用年数…(5~7年)

・ウレタン塗料…1,700~2,200円/1㎡あたり耐用年数…(8~10年)

・シリコン塗料…2,300~3,000円/1㎡あたり耐用年数…(10~15年)

・ラジカル塗料…2,500~3,000円/1㎡あたり耐用年数…(12~15年)

・フッ素塗料…3,800~4,800円/1㎡あたり耐用年数…(15~20年)

・光触媒塗料…4,200~5,000円/1㎡あたり耐用年数…(15~20年)

・無機塗料…4,500~5,500円/1㎡あたり耐用年数…(20~25年)

足場面積や足場代の算出方法

外壁塗装は高い場所での作業を伴います。2階以上の建物はもちろん、平屋のお宅でも屋根近くの外壁は高いです。安全性や作業効率を考えると足場が必要になります。足場代は、外壁塗装費用の中でも金額が大きいです。足場代の費用相場も確認しておきましょう。

【計算方法】(家の外周+8m)×高さ=足場を組む面積

・足場費用の1㎡単価相場は600~800円/㎡

・飛散防止ネットの1㎡単価相場は100~200円/㎡

その他費用

外壁塗装にかかる費用のうち、塗料代と足場代の占める割合が大きいのはいうまでもありません。その他にかかる費用も多いです。1つ1つは金額が小さくてもチリも積もれば…合計すると大きな金額になります。

・高圧洗浄…100~300円/㎡

・養生…250~400円/㎡

・軒天…800~1,200円/㎡

・雨樋…800~1,200円/㎡

・破風板…650~1200円/㎡

・雨戸…2,000~5,000円/枚

・シーリング増し打ち …500~1,000円/㎡

・シーリング打ち替え …900~1,500円/㎡

・補修面積により相場は変わりますが10,000~20,000円

・廃材処理費一式…10,000~30,000円

・諸経費、現場管理費一式…30,000~50,000円

外壁塗装の助成金制度とは?

外壁塗装の助成金制度とは地域の活性化や、資源の有効活用を目的に各自治体が実施している事業です。国や都道府県ではなく市区町村が主体で行っており、全国の約1/3の市区町村がこの制度を導入しています。制度の名称は市区町村によって○○助成金制度、○○補助金制度、○○支援事業、○○応援事業などと異なっていますが、外壁塗装工事に関わる給付金事業だという点は同じです。

市区町村のなかには外壁塗装の助成金制度していない自治体もあります。自分が住んでいる地域が行っているかどうかはインターネットや電話で確認できます。

外壁塗装をDIYできる?

DIYするとケガのリスクがある

外壁塗装のプロに聞くといくらDIYが大流行している時代で、自分でやろうと思えばできなくはないとはいえ外壁塗装のDIYはオススメできないと言います。その大きな理由の1つがケガのリスクです。運動神経に自信がある、高い所は得意という人でも、慣れない場所での作業は危険を伴います。高い所から落ちて「ケガした…」という報告も多いのだそうです。骨折など大きなケガしてしまうと、仕事などに支障が出てしまう場合もあるため、やはりプロの力を借りるのが1番安全といえます。

DIYすると時間がかかる

外壁塗装の手順は6ステップあります。業者でも2週間~3週間かかる作業になります。

・洗浄

・養生

・下地処理

・下塗り

・中塗り

・上塗り

素人が休みの週末だけで終わらせようと思うと、2ヶ月近くもかかる可能性があります。これだけ長い期間がかかると、途中で挫折してしまう人がいるのも納得です。必要な道具を揃えて頑張ってみたものの、最終的に業者に依頼する羽目になると費用も無駄にかかります。

足場設置は業者に依頼する必要がある

自分で外壁塗装する場合でも、外壁塗装に必ず必要になる足場の設置は業者に依頼する人がとても多いです。足場設置を業者に依頼した場合の料金相場は10万円~20万円程度が目安です。これだけでもそれなりに大きな金額にはなりますが、安全面を考えると足場は業者に依頼するのが1番確実です。

必要な道具を購入する費用がかかる

外壁塗装には塗料やローラー以外にも必要な道具があります。ホームセンターやインターネットで購入可能です。

DIYすると仕上がりと耐用年数が悪い

外壁塗装を自分でした結果、悲しいことにすぐに剥がれてしまったという経験のある人も多いようです。使用する材料の中に塗料コーキング材などがありましたが、市販の物と業者が使用している物では耐用年数が違います。サイトによっては業者が使用している物と全く同じ物を購入することも可能ですが、塗り方1つでその材料が持つ効果を発揮できない場合があります。費用と時間をかけて塗装しても、わずか1年足らずで同じ作業しないといけなくなります。

外壁塗装業者を選ぶポイント

たくさんある業者の中から信頼できる業者を選ぶには、以下の業者は避けて料金プランや、サービス内容をしっかりと明確にしてくれる業者を選びましょう。

・異常なほど費用が安い

・モニター価格で半額など大幅の値引きを宣伝している

・説明や見積もりの内容が曖昧

・今すぐやる必要があるなど契約を急がせてくる

何社か見積もりを取ることが、失敗しない業者選びの秘訣です。

外壁塗装の見積り書で確認すべき3つのポイント

外壁塗装部分の面積を確認する

家の延べ床面積を知っている人は少なくありませんが、塗装する部分(屋根や外壁等)の面積を知らないという人は多いです。悪徳業者はここにつけ込み、塗装面積を実際より大きく出して見積り費用を高くします。自分で正確な面積を出すことは難しいですが、インターネット等で外壁の平均面積(坪数別)を調べられるので参考にするといいでしょう。見積りに記載されている面積が大きすぎる場合は注意しましょう。

塗料単価を確認する

外壁塗装部分の面積を大きめに出すとの同じように、塗料の単価を高くして見積り費用を高くする業者も少なくありません。塗料の種類によって単価は変わりますが、どんなに高い塗料でも3回塗りで5,500円/㎡前後だといわれています。適正な見積りを取るためにも、見積り書は必ず確認して使われる塗料の単価が高すぎないか確認しましょう。

施工金額が200万円以上は注意する

一般的な30~50坪の戸建ての場合なら外壁塗装や足場、高圧洗浄、人件費など全て入れても200万円を越えることはあまりありません。30坪の家をシリコン系で塗装しても、100万円前後だといわれています。見積りが200万円を越えたら要注意です。どこかで金額を上乗せされているかもしれません。

その他外壁塗装に関する記事

自分で外壁塗装する方法

外壁塗装の豆知識

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページでは外壁塗装に対応している業者を一覧で表示しています。外壁塗装業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、外壁塗装をプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、外壁塗装をはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。

チャット