床下調湿剤の敷設工事のおすすめ業者一覧

床下調湿剤の敷設工事について

床下調湿剤の敷設工事を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。床下が湿気だらけで部屋がカビ臭い…。そんな時は床下に調湿剤を敷き詰めることで、床下の湿気を改善できます。アンモニア臭やカビなどの不快臭を除去したり、木材の腐朽やシロアリの被害を予防します。床下の調湿剤敷設工事はプロにおまかせください。

床下調湿剤の敷設工事の相場
床面積 1坪 10,000円~25,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

床下調湿剤の敷設工事を利用した人の口コミ

  • 岡城 有希さん

    岡城 有希さん

    床下調湿剤の敷設工事

    5.0

    本日も暑い中大変な作業をして頂きありがとうございました。 昨日に引き続き工事を依頼しましたが、本当に丁寧な仕事をして頂きました。 どのような頼みごとも快く引き受けて頂き、信頼できる業者さんです。 次回もKM関西メンテナンスさんに依頼したいと思います。 今後共宜しくお願い致します。

床下調湿剤の敷設工事に関する記事

床下調湿剤の敷設工事について

床下調湿剤の敷設工事とは

床下調湿剤の敷設をプロに依頼することができます。床下に敷き込み、湿気が多くなると吸湿し、少なくなると放湿して、湿度をコントロールします。床下の湿気はカビの発生だけでなく、木材を弱らせたりシロアリを呼び寄せたりしてお家に深刻なダメージを与えるため、きちんと対策することが重要です。調湿剤の効果は半永久的に持続するので、長い目で見てお得に済ませたいという方におすすめです。

床下調湿剤の敷設工事を予約する際のポイント

作業面積に応じて金額が変わります。あらかじめ調湿剤を敷設してもらいたい場所の面積を測って予約しましょう。作業するスペースに物があると危険ですので、あらかじめ移動をお願いします。床下にに荷物がたくさんある場合は、対応できない可能性がありますのでご了承ください。防湿シートなどのオプションも希望の方は併せて予約をしましょう。

床下調湿剤の敷設工事をプロに依頼するメリット

プロに頼むことで床下湿気の原因に合わせた、適切な対策ができます。床下空間は狭くて暗い窮屈な場所なので、数10kg~数100kgの資材を運搬する作業には危険がツキノモです。また、長時間の作業による腰痛やムカデなどの害虫による虫刺されの心配もなくなります。市販商品では調湿効果の低いものがありますが、業務用のプロ資材を使うことでそのようなリスクも回避できます。

エリアで床下調湿剤の敷設工事業者を絞り込む

床下調湿剤の敷設工事業者の選び方と比較する時のポイント

自宅の床下に湿気が多いと土台部分が腐食したり、カビが発生したりするなど建物にとって悪い影響を与えます。床下の湿度を調整して、湿気による建物への影響を軽減できます。床下の湿気対策としてオススメなのが、床下調湿剤を床下に敷き詰めることです。床下調湿剤の敷設工事の費用相場知っておくことで予算が組みやすくなります。

床下調湿剤とは?

床下調湿剤の特徴は床下の湿度が高い時に湿気を吸収して、床下の湿度が低い時に湿気を吐き出します。まるで呼吸するように、湿度の状態をコントロールする機能を持っています。床下に湿気が多いと3つの深刻な症状を招く可能性があります。

・木材が腐食しやすい

・カビが発生する

・湿度の高い場所を好む羽アリが繁殖する

床下調湿剤には防カビ効果や防虫効果に優れるものがあり、これらを予防できます。

湿気が多い場所は臭いも気になりやすいですが、脱臭効果を持つ床下調湿剤などもあります。床下調湿剤は湿度調整だけでなく多機能で、建物を守るものとして非常に優れた材料です。

床下調湿剤が必要になる4つの原因

土地の高さが周囲よりも低い

周囲の土地と比較して家の土地の高さが低いと、雨水などの自然水は低い土地へ流入したまりやすくなります。この場合の対策は、調湿剤だけでは不十分であることが一般的です。周囲環境の見直しすることが重要な対策になります。排水処理などを施して、水が流れてこないようにすることを優先する必要があります。

湿地の造成地

田んぼなど湿潤な土地を造成して、その上に住宅を建てた場合は床下の湿度は高くなる傾向にあります。平成12年に建築基準法が改正され、地盤調査が義務付けられました。それによって、このような土地には地盤改良する内容が盛り込まれました。古い住宅など地盤改良されていない場合や、湿気対策されていない場合は湿度が高くなりやすい状況です。

通気口に障害物がある

住宅の基礎には通気の機能を設けることが、建築基準法で定められています。通気口に対し機能を妨げている障害物がある場合は、床下の湿気が処理されなくなり湿度が上がる原因となる場合があります。

自然災害

台風などの自然災害によって、大量の水が床下に流入してしまうと湿度は高まります。日光が差し込むことがないため、改善するのは難しい状態になっています。湿度チェック及び、対策が必要となる事が多いです。

その他床下調湿剤の敷設工事に関する記事

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページでは床下調湿剤の敷設工事に対応している業者を一覧で表示しています。床下調湿剤の敷設工事業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、床下調湿剤の敷設工事をプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、床下調湿剤の敷設工事をはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。

チャット