お風呂(浴室)リフォーム

お風呂(浴室)リフォーム

お風呂(浴室)リフォーム業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

お風呂(浴室)リフォームについて

お風呂(浴室)リフォームを料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「お風呂が古いのでリフォームしたい」「カビが気になるので新しい風呂に取り替えたい」そんな時はプロにお風呂リフォームを依頼しましょう!

お風呂(浴室)リフォームの料金相場

1箇所 650,000円~1,000,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.89

お風呂(浴室)リフォームを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.89

お風呂(浴室)リフォームを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

お風呂(浴室)リフォームのよくある質問

お風呂(浴室)リフォームとは

浴室や浴槽など、お風呂全体のリフォームをプロに依頼することができます。お風呂の隣の洗面所の床がぶよぶよしていたり、浴室にひび割れができたりしていませんか?また外壁への水の染み出しも危険なサインです。これらを放置しておくと、補修工事により高額な費用がかかる可能性があります。築20年以上お風呂の修繕やメンテナンスをしていない方は、この機会に新しいお風呂にリフォームするのがおすすめです。

お風呂(浴室)リフォームをプロに依頼するメリット

お風呂場などの水回りは、家の中でも特に劣化が速いもの。腐食が進む前にお風呂リフォームしておけば、修繕や営繕にかかる無駄な費用を抑えることができます。また、最近はエコな設備機器も販売されているため現在よりも光熱費を下げることができる可能性があります。リフォームすることで面倒なお風呂掃除などの家事の時間や費用も節約することができ、より生活にゆとりが出ます。

お風呂(浴室)リフォームを予約する際のポイント

お風呂の内寸に応じて金額が変わります。予約の際測定をお願いします。設置する浴槽は出店者が準備しますが、ご希望がある場合はあらかじめメッセージにてご相談ください。その際追加料金が発生することがございます。またユニットバス以外からの工事の場合はオプションで追加料金が必要となります。また、洗面所の壁紙全面張替えや浴室暖房乾燥機の取り付けをご希望の方もオプションで併せて予約してください。

お風呂(浴室)リフォームに関する記事

都道府県からお風呂(浴室)リフォーム業者を探す
お風呂(浴室)リフォーム業者の選び方と比較するポイント

古くなったお風呂をリフォームしたいけど、気になるのが費用ですよね?適用条件を満たせば補助金制度を利用できる場合があります。お風呂(浴室)リフォームの費用相場知っておくことで予算が組みやすくなります。お風呂の掃除が楽になる、ヒートショックの危険から守る快適なお風呂にしましょう。

お風呂が寒くならないようにリフォームで改善できること

浴室換気暖房乾燥機能を設置する

浴室換気暖房乾燥機を設置するとお風呂を温められるだけでなく、衣類乾燥まで可能です。浴室換気暖房乾燥は「壁面取付タイプ」と「天井埋め込みタイプ」があります。また、熱源は「電気」と「ガス」の2種類あります。自宅の環境にあわせて選びましょう。

最近の新築マンションでは最初から設置されていることが多いです。「設置しているけど使っていない…」という人も多いようですが、お風呂全体が温まるのでヒートショック対策には最適なアイテムです。耐用年数は10年ほどです。

内窓にリフォームする

内窓をお風呂の窓に作り、2重窓にすることで冷たい外気が入らないようにできます。戸建てはマンションに比べて寒く、住まいの地域によっては脱衣所やお風呂の寒さも尋常ではないはずです。2重窓にすれば体感温度も変わります。

お風呂リフォームの費用相場は?

お風呂リフォームは工事が大きくなってしまうため、予算を考えると頭が痛くなってしまうかもしれません。お風呂リフォームの費用相場で一番多いのが、50万~100万円以下です。次に多いのが、100万~150万円以下というデータがあります。

お風呂のリフォームと一口に言っても、お風呂の状態や工事規模によってリフォーム費用は異なります。

・古くなったお風呂を新しくする… 50万~100万円

・機能やデザイン性を重視する:…100万~150万円

・最新機能を盛り込んだオーダーメイド… 150万円~

一戸建て住宅の費用相場

一戸建て住宅でお風呂リフォームする場合、必要な費用は100万~120万円が相場です。一戸建て住宅では浴室が広く、浴槽サイズも比例して大きくなります。マンションに比べてリフォームの自由度が高いため、大規模工事してさまざまなオプション機能を付けることも可能です。結果的に一戸建て住宅のお風呂リフォーム費用は高くなる傾向があります。

マンション住宅の費用相場

マンションでお風呂リフォームする場合、必要な費用は80万~100万円が相場です。一戸建て住宅と比べるとお風呂のスペースが狭く浴槽サイズも小さくなります。大規模な工事を伴うリフォームが難しいので費用も抑えられます。この費用相場はあくまでも参考であることを忘れてはいけません。リフォーム業者との相談が重要になるため連絡を取りましょう。

リフォーム会社にも「売りたい時期」があります。多くの場合は会社の決算時期や、商品の入れ替え時期に関係してくます。この時期になると値引きしてもらうことも場合によっては可能です。状況を見ながら話を進めると思わぬ「いい買い物」ができるかもしれません。

リフォームが介護や省エネ対策なら補助金制度がある

介護や省エネ対策の目的でお風呂リフォームする場合は、補助金制度を利用できる可能性が高いです。適用されれば工事費用の何割かを負担してもらえるため、リフォームコストをおさえられます。

自治体によっては介護や省エネ対策でないリフォームでも、補助金制度の対象となるケースがあります。予定している工事内容が補助金制度の対象となるかは住いの市区町村に確認しましょう。

国の補助金制度

国の補助金制度を利用するはバリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、長期優良住宅リフォームが該当します。対象となる工事と対象者の条件がそれぞれ異なりますので注意が必要です。国が実施している補助金制度は毎年行っているわけではありません。国土交通省が管轄しているので、ホームページなどで確実な情報を確認しましょう。

自治体の補助金制度

補助金制度をしている自治体もあれば、行っていない自治体もあります。詳しい内容は各自治体のホームページなどで確認できます。インターネットの検索窓に「お風呂 補助金 市区町村」と入力すれば、簡単に調べられます。自治体の補助金制度も国の補助金制度と同じく、毎年行っているとは限りません。また、募集人数と予算が限られているため早い者勝ちとなります。確実に補助金制度を利用したいのなら、前倒しで計画を立てましょう。

介護保険

介護対策としてお風呂のリフォームする場合は、補助金制度が適用される可能性が高いです。要介護や要支援と認定された家族がいる住宅も対象となり、条件を満たせば最大20万円まで負担してもらえます。施主は工事費の1割(所得に応じて2割、3割になる)を支払いになります。20万円のリフォームの場合、負担費用は2万円のみです。補助金が申請者に支払われるのはリフォーム後となるので、工事費用は事前に用意する必要があります。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページではお風呂(浴室)リフォームに対応している業者を一覧で表示しています。お風呂(浴室)リフォーム業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、お風呂(浴室)リフォームをプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、お風呂(浴室)リフォームをはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。