排水管洗浄は必要?自分で排水管洗浄する方法から業者に依頼するメリットまでまとめて紹介
更新日:

排水管洗浄は必要?自分で排水管洗浄する方法から業者に依頼するメリットまでまとめて紹介

排水管洗浄は必要?排水管洗浄する理由は?

排水管洗浄は必要?排水管洗浄する理由は?
排水管洗浄は必要?排水管洗浄する理由は?

排水管には排水だけではなくゴミや汚れも一緒に流れています。排水溝を潜り抜ける小さなゴミや汚れでも、少しずつ蓄積すれば排水管が詰まる原因になります。

また、排水管に汚れが溜まることで細菌が繁殖し悪臭の原因になります。排水管の詰まりや悪臭を防ぐためにも定期的な排水管洗浄が必要です。

排水管洗浄する前に排水溝に取り付けられている部品を全て外しておきましょう。カバーや排水トラップなど、取り外しておくとスムーズに洗浄できます。他にも薬品や汚れが付かないように、キッチンシンクには食器などが置かれていない状態にしておきましょう。

排水管の汚れは場所によって違う

排水管の汚れは場所によって違う
排水管の汚れは場所によって違う

排水管は場所によって汚れの原因が違います。それぞれの汚れを把握して、予防や排水管洗浄の参考にしましょう。

キッチン

キッチンの排水管は、家庭の中で最も汚れている排水です。キッチンの排水管が汚れる原因は油汚れや食べ物の残りカス、食器用洗剤の残りカスです。排水管にたまった油汚れは悪臭の原因です。

油汚れや食べ物の残りカスが蓄積すると、排水管が詰まってしまいます。キッチンを清潔に使うためにも、定期的に排水管洗浄しましょう。

トイレ

一度に多くのトイレットペーパーを流したり、本来トイレに流してはいけない物を流したりするとトイレが詰まる原因になります。トイレットペーパーの使用量に気を付け、トイレに余計な物を流さないように注意が必要です。

また、男性用便器は固まった尿石により排水管が詰まることもあります。ブラシだけで尿石を落とすことは難しいため、尿石を溶かす酸性のトイレ用洗剤を使って掃除しましょう。

浴室

毎日水を流す浴室の排水管は身体の皮脂汚れだけではなく、髪の毛や石鹸カスも流れるのです。排水管に流れた髪の毛は流れにくく、他の汚れも付着しやすい状態になります。流れた髪の毛に様々な汚れが付着して、少しずつ排水管を狭くします。排水管が詰まる前に排水管洗浄が必要です。

自分で排水管洗浄する3つの方法

自分で排水管洗浄する3つの方法
自分で排水管洗浄する3つの方法

重曹とクエン酸で排水管洗浄する

気軽に購入できる重曹とクエン酸でも、排水管洗浄ができます。重曹とクエン酸は刺激が少なく、頻繁に掃除しても排水管を傷つけません。

準備物

  • 重曹
  • クエン酸

手順

1

重曹とクエン酸を排水管に入れる

重曹とクエン酸を2:1で混ぜ合わせて排水管に流す。排水管へ流した粉末にコップ1杯のぬるま湯をかけ、そのまま1時間ほど放置する。最後に水を流し重曹とクエン酸を洗い流せば完了。

おすすめ

ワイヤーブラシで排水管洗浄する

詰まり始めた排水管は、ワイヤーブラシで洗浄できます。

準備物

  • ワイヤーブラシ

手順

1

ワイヤーブラシを排水管の奥まで差し込む

ワイヤーブラシを排水管の奥まで差し込み、ワイヤーブラシの先端が排水管の奥に当たったら少しずつ動かす。ワイヤーブラシを動かすことで、排水管の汚れをこすり落とします。排水管の汚れや詰まりが取り除けたら、水で洗い流して排水管洗浄は完了。

おすすめ

液体パイプクリーナーで排水管洗浄する

液体パイプクリーナーは、排水管に流すだけで汚れを溶かして落とせるので非常に便利です。しかし、強い成分が含まれるため、ゴム手袋などで手を保護して使用しましょう。

準備物

  • 液体パイプクリーナー

手順

1

液体パイプクリーナーを排水管に流し入れる

商品の説明書きに記載された分量を排水管に流し入れ、適切な時間だけ放置する。長時間放置すると溶かした汚れがまた固まってしまうので、記載された時間は必ず守る。時間が経過したら、最後に水で液体パイプクリーナーを流して完了。

おすすめ

排水管洗浄は業者に依頼できる

排水管洗浄は業者に依頼できる
排水管洗浄は業者に依頼できる

排水管の汚れ具合によっては、業者に洗浄を依頼しなければならない場合もあります。排水管洗浄を業者に依頼すると普段の排水管洗浄では落としきれない汚れも洗浄してくれます。軽い詰まりの段階で業者に排水管高圧洗浄することで詰まりを解消できます。詰まりや悪臭の原因を根本から解消し、排水管をキレイにできるメリットがあります。

業者に排水管洗浄を依頼する頻度は3年~5年に1度が目安です。マンションにお住まいの方は、1年~2年に1度の頻度が一般的です。マンションの管理組合から届く案内に従いましょう。

排水管洗浄を業者に依頼してかかる費用は業者によって違います。業者によっては高額な費用を請求されることもあり、慎重な業者選びが必要です。業者に排水管洗浄を依頼する費用は2万円~3万円を目安に考えておきましょう。適切な費用で依頼できる業者が安心です。

排水管をキレイに保つ3つのポイント

排水管をキレイに保つ3つのポイント
排水管をキレイに保つ3つのポイント

次回の排水管洗浄を簡単にすませるためにも、排水管をキレイに保つ3つのポイントを実践してみましょう。

多量の油を流さない

毎日料理するキッチンの排水管に汚れが溜まらないように、多量の油を流さないようにしましょう。また、お皿に残った食べ残しの生ごみは、取り除いてから洗い物を始めることで排水管の汚れを防げます。油や食べ残しなど、お皿の汚れを事前に拭き取ってから洗い物を始めるだけで排水管をキレイに保てます。

トイレットペーパーの量に注意する

トイレの排水管が詰まらないように、一度に流すトイレットペーパーの量に気を付けましょう。多くのトイレットペーパーを一度に流すと、排水管が詰まる原因になります。

また、本来トイレに流さない物が排水管に流れると詰まってしまいます。うっかりトイレに落とし物をしないように気を付けることも排水管をキレイに保つポイントです。

髪の毛が排水管に流れないようにカバーする

浴室では気を付けていても髪の毛が流れてしまいます。髪の毛が排水管に流れないように、排水溝には髪の毛をキャッチするカバーなどを被せておきましょう。

また、排水溝に絡まった髪の毛を定期的に取り除くことで、排水管に流れることを防ぎます。家族が多い方や髪の毛が長い方は、毎日の入浴後に排水溝に溜まった髪の毛を捨てると安心です。

排水管洗浄について困った時は業者に相談しよう

今回は自分で排水管洗浄する方法や、業者に排水管洗浄を依頼するメリットを紹介しました。排水管は一度詰まると日常生活に支障が出るだけではなく、業者に依頼しなければ解消できません。そのような状況になる前に、定期的に排水管洗浄しましょう。

キッチンやトイレ、浴室といった自宅の様々な排水管を掃除する必要があります。重曹とクエン酸や液体パイプクリーナーなど排水管洗浄は簡単にできます。3年~5年に1度は業者に排水管高圧洗浄を依頼すると安心です。日頃から排水管にゴミや汚れが流れないように注意して過ごしましょう。

排水管洗浄業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

排水管洗浄ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った排水管洗浄の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?