ペットリフォーム

ペットリフォーム

ペットリフォーム業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

ペットリフォームについて

ペットリフォームを料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「ペットの身体への負担を減らしたい」「家に汚れや臭いがつきにくくしたい」するそんな時はプロにペットリフォームを依頼しましょう。

ペットリフォームの料金相場

ペット用クッションフロア 10平米 40,000円~70,000円
消臭壁紙 20平米 30,000円~50,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.86

ペットリフォームを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.86

ペットリフォームを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

ペットリフォームのよくある質問

ペットリフォームとは

ペット用クッションフロアの貼り付けや、消臭壁紙の張替えを依頼することができます。フロアや壁紙の用意から張替えまで丸ごと依頼できる便利なサービスです。

ペットリフォームをプロに依頼するメリット

床や壁紙をペットリフォームすることで、気になる汚れや臭いが付きにくくなり掃除の手間を省くことができます。クッションフロアには防音効果もあるため、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。ペットリフォームサービスは、フロア・壁紙の用意から張替え時の下地処理・補修、廃材の回収まで対応してもらえるので、準備や後片付けなどの負担なくスピーディにリフォームすることができます。

ペットリフォームを予約する際のポイント

張替えを依頼したい面積によって料金が変わります。予め測定しておき予約の際に伝えておきましょう。現在の床材や壁紙など、リフォームしたい場所の状態も伝えておくとスムーズです。

ペットリフォームに関する記事

タイプでペットリフォーム業者を絞り込む
都道府県からペットリフォーム業者を探す
ペットリフォーム業者の選び方と比較するポイント

部屋にこもる匂いや、ペットの臭いに効果的な消臭壁紙を知っていますか?最近では、様々な商品が販売されています。ペットの臭いや部屋のニオイは消臭壁紙を使えば解決するかもしれません。また、ペットのクッションフロアは愛犬や愛猫の体に負担がかかりにくいだけでなく、掃除もしやすいため購入を考える人も増えています。

ペットドアは犬や猫が自由に出入りできるドアのことで、最近人気のペットグッズです。ペットドアを取り付けるとドアを半開きにする必要がなく、ガリガリして傷をつけられる悩みを解消できます。飼い主もペットも暮らしやすくなります。

消臭壁紙を選ぶ時の2つのポイント

プラス機能

消臭壁紙には消臭機能だけでなく、他の機能がついているタイプもあります。「抗菌機能」がある壁紙は、あらゆる菌の増殖を防ぎます。免疫力が強くない小さいお子さんや、高齢者などがいるご家庭にオススメです。「吸放湿機能」がある壁紙は湿気が高い時は水分を吸収して、部屋が乾燥している時は水分を放出してくれます。常にベストな湿度に保たれるので快適に過ごせます。

「防汚機能」がある壁紙は、一般的な壁紙では落としづらい汚れも水拭きなどで落とせます。小さいお子さんやペットがいるご家庭に人気があります。その他にも色々な種類があるので、ご家庭に合うタイプのものを選んでみてください。

デザイン

デザインで選ぶのも1つのポイントです。部屋に統一感を持たせたい場合は、床やドアの色に合うものを選ぶといいでしょう。床やドアがこげ茶系の色であればグレー系の壁紙、赤、黄系であればベージュ系の壁紙、白、黒系であれば白系の壁紙がオススメです。

また、アクセントになる壁紙を選ぶのもいいですね。模様が入った壁紙もあるので、そういったもので少し遊んでみるのもいいでしょう。どれがいいか悩み過ぎてしまう場合は、どんな部屋にしたいかイメージしてから選ぶと決めやすくなります。インターネットや雑誌で、好みの部屋を探してみるのも参考になるでしょう。

ペットにオススメの床材は?

ペットの体に優しい床で快適な生活をしてもらうために、おすすめの3つの床素材の特徴を紹介します。

カーペット

カーペットは滑りにくく犬や猫が転んでも安全です。カーペットには防音効果があるので足音が響きません。最近では防ダニ加工やアンモニア消臭が施されているペット対応のタイルカーペットも販売されています。

タイルカーペットとは、正方形のカーペットを1枚ずつ敷くタイプのものです。タイルカーペットは汚れた部分だけ取り外して洗えます。カーペットを床に敷く場合はペットの爪が引っかからないように、毛足が短くカットされたタイプのカーペットや、カットパイルのものを選びましょう。

コルク

コルク素材は冬は暖かく夏は涼しいです。見た目が素朴で部屋をあたたかい雰囲気にする床材です。表面がザラザラしていて柔らかいため、滑りにくく万が一ペットが転んだ時も安全です。しかし、コルク素材は表面がもろいのがデメリットです。犬や猫は時々わざと爪で床を引っ掻きます。これは野生時代土に穴を掘っていた行為の名残です。犬や猫が床を掘るたびにコルクの床だと、表面のコルクがボロボロ剥がれるためあまり長持ちしません。

クッションフロア

クッションフロアは、厚さ数cmの塩化ビニールで作られた床材です。その名のとおりクッション性があり、転んでも衝撃を吸収してくれます。また、防音効果もあります。ビニール素材なのでペットが粗相した時はサッと拭けばキレイになります。クッションフロアはデザインが豊富で高級感のある木目調や大理石調の柄、レトロな雰囲気のテラコッタ柄、ポップなパステルカラーのものなどさまざまなデザインから自分の好みのものを選べます。耐久性に優れており、ペットの爪による傷がつきにくいという利点があります。

ペット対応のクッションフロアであれば、アンモニア消臭効果や防菌効果も付加されています。また、オシッコが染み込まないよう加工されているものもあります。

ペットドアとは?

ペットグッズにも色々ありますが、ペットドアはその中でも最近特に注目されているグッズです。「ペットドアは持っていないけど欲しい…」と思っているる愛犬、愛猫家も多いです。

ペットドアとは、ペット用の出入り口ドアのことです。犬や猫などが部屋を自由に出入りできるので、部屋のドアを半開きにしておく必要がありません。部屋に入りたい犬や猫がドアをガリガリするので、困っている人も多いとよく聞きます。

筆者も犬を飼っていた時は、ドアを毎日ガリガリされて傷が付いてしまったこともありました。しかし、ペットドアがあればそんな心配は解消できます。ペットドアを取り付けることでペットが部屋を自由に出入りできるようになり、お互いにストレスなく過ごせます。

ペットドアを取り付ける方法

DIYに興味がある人は、自分でペットドアを取り付けてみるのもいいでしょう。ドアや壁への取り付けだと難しいかもしれませんが、襖(ふすま)に取り付けるなら比較的簡単に挑戦できます。

【道具】

・鉛筆

・カッター

・ペットドア

・電気ドリル

1.ペットドアを取り付ける襖を外す
ペットドアを取り付けする襖(ふすま)を外す。外した襖に鉛筆でしるしをつける。(ペットドアのサイズに合わせてカットする部分)
2.印をつけた箇所をカッターで切る
印に沿って襖(ふすま)をカッターでカットする。
3.電気ドリルを使ってペットドアを固定する
電気ドリルを使ってペットドアを固定する。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページではペットリフォームに対応している業者を一覧で表示しています。ペットリフォーム業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、ペットリフォームをプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、ペットリフォームをはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。