更新:
出張リラクゼーション

もみかえし(揉み返し)とは?マッサージや整体後のもみかえし原因や対処法を解説

本ページはプロモーションが含まれています

もみかえし
出張リラクゼーションを検討中なら
すまいのホットラインで出張リラクゼーションを依頼

マッサージ後「揉んでもらった場所が痛い」「だるい」のは「揉み返し(もみかえし)」が原因かもしれません。そこで今回はもみかえしの原因や対処法を紹介します。もみかえし(揉み返し)の予防法も合わせて紹介します。

もみかえし(揉み返し)とは?

もみかえし(揉み返し)とは?
もみかえし(揉み返し)とは?

揉み返しとは

「揉み返し(もみかえし)」とは、マッサージ後に揉んだ箇所が痛くなることです。筋肉にある筋膜や、筋繊維が炎症した状態なので怪我の一種とも考えられます。揉んだ場所が傷むだけでなく、頭痛や吐き気を感じることもあります。

その状態が3日以上続いたら、もみかえしが起きている状態です。内出血を起こす人もいます。

好転反応とは

揉んだ場所が傷んだり、頭痛や吐き気を3日未満で治まったら、それは「好転反応」です。好転反応とはマッサージ後に体が健康を取り戻す過程で揉んだ箇所が痛くなったり、ダルさや疲れ、発熱などの症状が現れたりすることです。

好転反応は体が回復している証なので、2~3日で症状はなくなります。

揉み返しと好転反応の違いは

「もみかえし」と「好転反応」の違いは、症状が出る期間です。好転反応であれば2~3日体を休めることで症状が改善します。
症状が3日以上続く場合はもみかえしです。

また、好転反応は症状が体全体に現れ、もみかえしだとピンポイントで痛みがあります。もし3日以上痛みが続いたり、ピンポイントで痛みを感じたりする場合は、もみかえしが原因かもしれないので、適切な対処をしましょう。

もみかえし(揉み返し)の原因は?

もみかえし(揉み返し)の原因は?
もみかえし(揉み返し)の原因は?

マッサージ箇所の痛みや、吐き気などで辛いもみかえしの原因は3つ考えられます。

刺激(揉み)が強かった

もみかえしは筋肉が損傷することで起こるので、ゴリゴリ揉んだり筋肉を伸ばしすぎたりなど、刺激が強いともみかえしになりやすいです。

また、もみかえしを起こす方は、施術中の痛みを我慢している場合も多いです。痛みを我慢すると、いつの間にか筋肉を損傷し、もみかえしが起きてしまいます。

マッサージに慣れていない

初めてマッサージを受ける方、マッサージに慣れていない方はもみかえしが起きやすいです。なぜかというと、揉む強さの塩梅が分からなかったり、体が上手く対応できなかったりするからです。ただ、揉みが強いマッサージを受けても、もみかえしの症状が出る方と出ない方がいます。

施術者の経験・知識不足

もみかえしが起こるのは揉みの強さが原因ですが、どのくらいの強さでもみかえしが起こるのかは人によってさまざまです。患者の反応や様子を伺いながら、ちょうどいい強さで揉まなければいけません。

しかし、施術者が経験・知識不足だと、揉む強さの見極めや患者とのコミュニケーションが上手くいかず、もみかえしが起きてしまうケースがあります。

もみかえし(揉み返し)が起きた時の対処法

もみかえし(揉み返し)が起きた時の対処法
もみかえし(揉み返し)が起きた時の対処法

揉み返しが起きた時はそのままにせず、適切な方法で対処しましょう。

アイシング

もみかえしが起きた部分は炎症しているので、まずはアイシングすることが大切です。氷を入れた袋(氷嚢など)を揉み返しが起きている箇所に当て10~15分程度冷やします。

ザムスト(ZAMST) アイシング 氷嚢(氷のう)
ザムスト(ZAMST) アイシング 氷嚢(氷のう)
Amazonで購入する

氷がない時は保冷剤を使うのもおすすめです。長時間冷やすと凍傷になる恐れもあるので、時間は厳守しましょう。冷湿布で冷やすのも1つの方法ですが、貼ったままだとカブれてしまうかもしれませんので、効果がなくなったらすぐに剥がしましょう。

食事を優しいものにする

食事の量はいつもより減らし、消化に優しい和食などを食べるといいでしょう。お肉や洋食、油が多いものは消化に時間がかかるため、もみかえしの症状がある時は避けてください。

揉み返しが起きた時の対処法を紹介しましたが、逆にしてはいけないこともあります。吐き気や頭痛、痛みなどの症状がある時は以下の行動は避けましょう。

  • 飲酒…炎症部分の血行が良くなり、痛みが増す恐れがある
  • ストレッチ…筋肉を伸ばすため損傷や、炎症した部分が悪化する可能性がある
  • 温める…お風呂に浸かるなど温める行動は血行を良くして炎症部分を悪化させる

もみかえし(揉み返し)の予防法

もみかえし(揉み返し)の予防法
もみかえし(揉み返し)の予防法

痛みや頭痛があって辛い揉み返しですが、以下の方法で予防することも可能です。

弱めのマッサージをお願いする

もみかえしは強い揉みによる炎症が原因なので、弱めにマッサージするようにお願いしてみましょう。経験が不足した施術者は強く揉んでしまうことがあるので、事前にお願いしておくと安心です。

施術中に痛みを感じた時は我慢せず、施術者に正直に伝えることも大切です。

「痛い方が効くのは誤り」ということを頭に入れておく

イメージで「痛い方が効果的」と思っている人も多いですが、それは間違いです。強く揉めば揉むほど良くなるわけではありません。最初からは難しいですが「このくらいの力が効果的」という感覚を覚えるといいですね。

マッサージはプロ(接骨院や整体)にお願いする

もみかえしを予防する1番の方法は、プロにお願いすることです。自分でやるのとプロにやってもらうのとでは違います。マッサージのプロは体に関する知識や、技術を持っているので安心してお願いできます。かかりつけの場所を作っておくと、より自分の体を理解してもらえ、辛いもみかえしを予防できます。

だるいのが治らない時は整体に相談してみよう

だるいのが治らない時は整体に相談してみよう
だるいのが治らない時は整体に相談してみよう

もみかえしの症状に自分で色々と対処しても、「だるい…」「痛いのが治らない…」という時は、整体や接骨院などに一度相談してみるといいでしょう。我慢して自分でマッサージしたり、家族にマッサージしてもらったりしていても根本的な解決にはならず、その場しのぎになってしまいます。逆に悪化してしまうこともあります。

整体や接骨院などであればその道のプロが対応してくれるので、問診や触診などで症状や体の様子を見て、一人一人に合った施術をしてもらえますよ。

その際、大事なのは「もみかえしが心配」という点を伝えることです。初回のマッサージでは色々な要素を踏まえた上で施術してもらえるので、正直に自分の状態や心配な点を伝えることで、症状に合った施術を受けられます。

整体や接骨院を選ぶ時は、国家資格を持つ施術者が在籍している接骨院や整体を選ぶと安心です。ホームページなどで調べられるので、事前にチェックしておくといいですね。その際、料金や口コミも一緒に調べておくと、より安心です。

まとめ

今回はもみかえしの原因や対処法を紹介しました。揉み返などで体がしんどくて整体や接骨院に行こうと思っても仕事や家事、育児で忙しいとなかなか行けない時もありますよね。そんな時は、出張マッサージがおすすめです。

プロのマッサージ師が自宅や会社などに来てくれるので、好きな場所で心地良いマッサージを受けられます。必要な道具は持ってきてくれるので、誰でも気軽にお願いできます。

この記事で分かること もみかえしは痛い?

「揉み返し(もみかえし)」とは、マッサージ後に揉んだ箇所が痛くなることです。「もみかえし(揉み返し)とは?」で詳しく紹介しています。

出張リラクゼーションはすまいのホットラインで依頼できます

出張訪問サービスの検索予約サイトすまいのホットラインでは、高い技術を持った出張リラクゼーションの専門業者が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン
ライター

すまいのホットライン

すまい快適マガジン編集部

「ハウスクリーニング」「不用品回収」「リフォーム」まで、すまいに関する「こまった!」「どうしよう!」を解決するために、200ジャンルを超えるお悩み解決コンテンツを発信しています。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、
200種以上の出張訪問サービスを予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
総額料金や実際に利用した人の口コミで選べる
「人柄」で選べる
スタッフの技術力や雰囲気・こだわりで選べる
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる