カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けについて

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けを料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「道路側の窓にブランドを取付けたい」「窓数が多くて自分でやるには面倒臭い」そんな時はプロにカーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けを依頼しましょう。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けの料金相場

1枚 7,000円~10,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.89

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.89

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けを利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けのよくある質問

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けとは

ブラインド・ロールスクリーン取り付けをプロに依頼する事ができます。ロールスクリーンは3つのタイプがあります。「スプリング式:下のプルコードを引っ張る」「チェーン式:紐を引っ張った分だけ上下する」「電動式:リモコン操作」それぞれ用途別に分けて使いたいスクリーンを考えておきましょう。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けをプロに依頼するメリット

ブラインド・ロールスクリーン取り付けをプロに必ず依頼しましょう。業者に依頼すれば、取り付けたい窓に合うブラインドのタイプをプロ目線で教えてもらえて、採寸も取り付けもあっという間です。街の便利屋さんやちょっとしたリフォームや取り付けに対応してくれる業者に依頼すると、キレイに取り付けてもらえるので自信がない方にオススメです。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けを予約する際のポイント

使いたいスクリーンの種類をあらかじめ問い合わせして共有しておきましょう。ブラインド・ロールスクリーンは、お客様ご自身でご用意をお願い致します。ブラインド・ロールスクリーンをご自身で手配できない場合は、事前に業者にご相談をお願い致します。設置したいブラインド・ロールスクリーンのサイズや、取り付け位置等の理由で取り付けられない場合がございます。取り付け位置が2mを超える場合場合は、別途料金が発生することがあります。

カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けに関する記事

都道府県からカーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け業者を探す
カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け業者の選び方と比較するポイント

西日がきついので「ブラインドを取り付けたい…」「おしゃれなブラインドに変えたい…」など悩んでいませんか?窓にブラインドを取り付けるには、その窓に合うタイプを選ぶ必要があります。ロールスクリーンはカーテンのように外からの視線をカットするだけではなく、室内を仕切ることで間取りを変更したかのようにプライベート空間を作れます。女性や初心者でも簡単に取り付け可能です。

ロールスクリーンはカーテンと同じ役割がある

ロールスクリーンは、カーテンと同じ目隠しの役割があります。ロールスクリーンに取り換えた瞬間から、部屋がワンランク上のオシャレで使いやすい空間を作れます。

ロールスクリーンの特徴

ロールスクリーンは完全に巻き上げると最小限の面積になります。そのため左右に太い束となるカーテンや、存在感が強いブラインドよりも開放的になるのが特徴です。天井付近で突っ張れば様々な場所に設置できます。最近の住宅は広い空間の間取りが多く、ロールスクリーンの出番が増えている状況です。窓の目隠しだけでなく部屋の仕切りとしても活躍しています。

ロールスクリーンのタイプと操作方法

ロールスクリーンは3つのタイプがあり、操作方法は以下のようになっています。

・スプリング式…下のプルコードを引っ張る

・チェーン式…紐を引っ張った分だけ上下する

・電動式…リモコン操作

天井の付近に筒状の巻き取り装置があり、スクリーンの伸び縮みをサポートしています。上からぶら下がっている形式のため、子どもやペットのチェーン巻き込み事故などに注意しなければいけません。

ロールスクリーンを活用すればプライベート空間が作れる

賃貸物件では基本的に壁に穴を開けることはできません。ロールスクリーンなら、自分で部屋の中を見えにくいように仕切りを設置できます。そこでロールスクリーンの活用方法を紹介します。

プライベートを部分的に隠せる

ロールスクリーンは家族や同性の友人でも、他人には見せたくない部分を隠せます。棚に取り付ける場合は色違いにするとオシャレになります。

・オープンラックや本棚のシャッター代わり

・洗面所の洗濯機スペースの目隠し

・勝手口やワンルームの入口の目隠し

・浴室などの小さな窓の目隠し

一人暮らし用の賃貸物件ではマグネットや突っ張り、マジックテープ式を選びましょう。従来のカーテンレールに後付けできるためカーテンに飽きた人にもオススメです。女性や高齢者1人でも簡単に取り付けられます。

仕切りで共同生活が快適になる

ロールスクリーンのオススメの使い方として、家の中の仕切りがあります。窓だけではなく、室内でも任意に視線をシャットアウトできます。

リビングの中間や片隅の仕切り

・子ども部屋のパーテーション代わり

・オープンキッチンのドア代わり

どんな物件でも住んでみたら「ここに仕切りがあると便利なのに…」という場面が多々あります。最新の戸建てやファミリー用のマンションは傾向が顕著です。たとえ家族でもプライベートな空間は欲しいものです。ロールスクリーンというパーテーションより使い勝手がいい設備があれば快適に暮らせます。

自分で窓枠にブラインドを取り付ける方法

【道具】

・ブラインド

・スケール

・えんぴつ

・アンカー

・ドライバー

1.壁に仮でブラインドをあてて位置を確認する
取り付けたい場所にブラインドを仮当てして仮位置決めする。
2.スケールで測りながら正確な位置を決める
スケールで修正して、えんぴつで印してからブラインドの取り付け範囲の壁に下地がないかを確認しましょう。
3.壁にブラインドを取り付ける
下地がない場合はアンカーを取り付けてからブラケットを取り付けます。その後、窓枠に取り付ける方法と同様に取り付けます。
4.ブラインドを上げ下げし動作確認する
上げ下げなどの操作して、使い勝手に不備がないかを確認して完了。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページではカーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けに対応している業者を一覧で表示しています。カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付け業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けをプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、カーテンレール・ブラインド・ロールスクリーン取り付けをはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。