HDMI分配器とは?HDMI分配器の選び方からおすすめのオススメの商品を紹介

更新日:
HDMI分配器とは?HDMI分配器の選び方からおすすめのオススメの商品を紹介

HDMI分配器とは?

HDMI分配器とは?
HDMI分配器とは?

HDMI分配器とはHDMIスプリッターとも呼ばれ、映像と音声信号を同時に複数の出力機器へ分配する機器です。ブルーレイプレイヤーやパソコン、ゲーム機などのHDMI入力対応機器の映像や、音声データを複数のディスプレイに分配して同じ映像を映せます。

最近ではフルHDだけでなく高精細な4K映像を分配できるモデルも増加しているため、高画質の映像を同時に複数のディスプレイで楽しめます。

以前はブルーレイプレイヤーや、ゲーム機などをテレビやディスプレイに接続するには映像は映像端子に、音声は音声端子に接続しなければいけませんでした。音声端子LはL、RはRに接続するので面倒くさく、ケーブルが多いためゴチャゴチャしていました。現在はHDMI接続端子がある機器同士を接続する場合は、HDMIケーブル1本で簡単に接続できます。

自宅にホームシアターを作りたい場合はブルーレイプレイヤーをアンプ、プロジェクターなど複数の機器に接続が必要です。プレゼンなどで複数のディスプレイに映像を映したい時も同様です。

HDMI分配器を選ぶ時の3つのポイント

HDMI分配器を選ぶ時の3つのポイント
HDMI分配器を選ぶ時の3つのポイント

4K、HDR対応か確認する

大画面で高画質の映像が見たい場合は、4K、HDRに対応したテレビやレコーダーなどを使用します。いくら使用する機器が4K、HDR対応に対応していても、HDMI分配器が4K、HDRに対応していないと映像が正しく表示されないことがあります。4K、HDRに対応した機器をお使いならHDMI分配器も4K、HDRに対応したものを選びましょう。

出力端子数を確認する

出力したい機器の接続台数分だけの出力端子数がないと、出力したい機器全てに出力できません。自分が映したい全てのディスプレイに映像を映し出せないということです。HDMI分配器の端子数は入力1に対して、出力2か、出力4のタイプが主流です。それ以上のタイプもありますが、ご家庭で使うの場合は「出力2か4」で十分でしょう。

給電方法を確認しておく

HDMI分配器を作動させるには、電気が必要です。HDMI分配器の給電方法には接続している機器からHDMI端子や、USB端子を通じて給電する「バスパワータイプ」と、電源アダプターを使って給電する「セルフパワータイプ」があります。

バスパワータイプのメリットは、電源となるコンセントを探す必要がないことです。しかし、消費電力が少ない出力のみにしか使えないのがデメリットです。

一方、セルフパワータイプはコンセントから直接電力を供給するため、安定して電力が供給でき大型ディスプレイや大型スクリーンに出力するなど、消費電力が多い大型機器を接続したい時にオススメです。接続する機器を明確にして、消費電力を確認しておきましょう。

HDMI分配器以外に知っておくと便利

HDMI分配器以外に知っておくと便利
HDMI分配器以外に知っておくと便利

HDMIマトリックスセレクター

パソコン、ブルーレイプレイヤー、ゲーム機など入力機器が複数あり、機器を切り替える場合にはケーブルを差し替えなくてはなりません。一般的なHDMI分配器は入力端子が1つしかないので、ケーブルを差し替えが必要になります。

HDMIセレクターと呼ばれる切替器をHDMI分配器に接続すれば、複数の入力機器の切り替える時にケーブルを差し替えなくてもいいです。しかし、複数の入力端子と複数の出力端子を持ち、HDMI分配器自体に切替機能がついている「HDMIマトリックスセレクター」というHDMI分配器であれば、これだけで複数の入力機器の切り替えができます。

複数のディスプレイに映像を出力するだけでなく、入力する映像機器も切替したい場合は確認しておきましょう。

カスケード出力対応機器

今後出力するディスプレイを増やす予定がある場合は「カスケード出力対応機器」なのか確認しておきましょう。

カスケード接続とはHDMI分配器同士をつなげて、出力できるモニター数を増やせます。カスケード出力対応機器でないと、カスケード接続ができません。たくさんのディスプレイに出力する予定がある場合は、必ず確認しておきましょう。

HDMI分配器の使用目的を明確にしよう

HDMI分配器の使用目的を明確にしよう
HDMI分配器の使用目的を明確にしよう

HDMI分配器の種類は多いです。適当に選んで購入すると使い勝手が悪くて後悔することが多いです。HDMI分配器を選ぶ前に使用目的を明確にしておきましょう。

まずは、接続する機器の仕様を確認しておきましょう。接続する機器が4K、HDRに対応した機器であれば、HDMI分配器とケーブルも4K、HDRに対応したものを選びましょう。高画質の映像が楽しめます。

そして接続する機器の数も把握しておきましょう。入力する機器、出力する機器がいくつなのか確認しておきましょう。端子数があるHDMI分配器を選ばなくてはいけません。出力する機器を増やす可能性がある場合は、カスケード出力対応機器を選んでおきましょう。

映像を出力する機器が大型ディスプレイや大型スクリーンなら、セルフパワータイプの給電方法を選びましょう。使用目的に合わせて絞っていけば、おのずと買うべきHDMI分配器がわかってきます。

オススメ商品のHDMI分配器

オススメ商品のHDMI分配器
オススメ商品のHDMI分配器

avedio links HDMI スプリッター 1入力2出力は、2つの画面で同じ出力を複製するように設計されています。 幅広い互換性と1年間の保証が付いています。

電源不要で便利です。プラグ&プレイで遅延のない高速伝送です。2つのHDMI出力端子が接続されている場合同時に出力するか、どちらか一方が表示されます。その際スイッチ1つで切り替えが可能です。

HDMI分配器1x4は、入力HDMI信号を4つの同一のHDMI出力に同時に分配します。4つの機器に出力できるため、プレゼンで複数のディスプレイに映像を映す場合や、ホームシアター作りに最適です。

将来、出力機器を増やす予定があるのなら、カスケード接続可能なモデルを選びましょう。このHDMI分配器ならカスケード接続可能なので、将来、出力機器を増設しても安心です。

1入力8出力のHDMI分配器です。この1台で8つの出力機器に出力できます。

HDMI分配器の不明点は業者に相談しよう

今回はHDMI分配器の種類や、HDMI分配器を選ぶ時のポイントを紹介しました。HDMI分配器の種類は多く、メーカーやスペックにより値段も様々です。失敗せずに選ぶのに最も大事なことは、利用シーンと使用目的です。

まとめ

  1. HDMI分配器は、映像と音声信号を同時に複数の出力機器へ分配する機器のことです
  2. 機器選びに悩んだ時は、選び方の3つのポイントをおさえて、使用目的を明確にする
  3. 「HDMIマトリックスセレクター」と「カスケード出力対応機器」についても知っておく

アンテナ工事・取付けならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったアンテナ工事・取付けの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?