4k放送はいつから?4k放送を見るために必要なものや視聴可能なチャンネルを紹介

更新日:
4k放送はいつから?4k放送を見るために必要なものや視聴可能なチャンネルを紹介

2k放送と4k放送の違いは?

2k放送と4k放送の違いは?
2k放送と4k放送の違いは?

あらゆる場所で耳にする4k放送は、これからのテレビに大きく関係します。従来の地上デジタル放送と比べてどう違うのかを知っておきましょう。

解像度

4k放送はテレビの画面に表示される映像の基準である「4k」から命名されています。映像は点の集合体で構成されており、1k=1,000点(画素)です。

テレビの4k放送は2k放送と比べて、約4倍の解像度を誇っています。モニター画面の縦横でそれぞれ2倍になるので、2×2=4倍です。より多くの画素で表示するため、細部までしっかりと視聴できます。8kまで定義されているものの、テレビの規格として注目されているのは4kです。

4k放送が2k放送よりも優れている点

4k放送は2k放送よりも表現できる色が増える上に、段階的な変化がよりスムーズです。そのため不自然さが少なく、実際に見ているのとほぼ同じ映像になります。

明るさのコントロールも向上しているから、雰囲気が一気に変わります。最も分かりやすい違いは、スポーツなどの動的なコンテンツの滑らかさです。1秒間30コマから60コマの表示になるので、ぶれずに決定的な瞬間を鮮明に映し出します。

視聴可能な4k放送のチャンネル

視聴可能な4k放送のチャンネル
視聴可能な4k放送のチャンネル

4k放送は衛星放送がメインのため、4k衛星放送や新4k8k衛星放送とも呼ばれています。具体的にどのようなチャンネルが視聴可能なのかを紹介します。

新しく増えた3つのチャンネル

下記の3タイプが、新たなチャンネルの種類です。右旋(うせん)と左旋(させん)は、電波帯域によって区別されています。

  • 右旋(うせん)
  • BS左旋(させん)
  • 110度CS左旋(させん)

「右旋(うせん)」は、従来の衛星チャンネルです。BSフジ4K、NHK BS4K、BS-TBS4Kなど馴染み深い名前が並んでいます。

「左旋(させん)」は、基本的に4k対応のアンテナなどの設置や、放送業者との契約が必要です。2種類の放送があるので、後ほど詳しく解説します。

「110度CS左旋(させん)」は、基本的に専門チャンネルの領域です。J SPORTS1、スターチャンネル、スカチャン1など、魅力的なラインナップです。

左旋(させん)には2種類ある

左旋(させん)は、原則的に有料放送です。スポーツなどの専門チャンネルが中心のため、自宅がシアターや試合会場に変わります。BS左旋(させん)における、QVC、WOWOWなどの一部の番組は、無料で視聴できます。ザ・シネマについては有料なので、気をつけましょう。

4k放送を見るために必要なもの

4k放送を見るために必要なもの
4k放送を見るために必要なもの

4k放送の視聴には、専用のテレビとアンテナが必要です。以下の設備を揃えることで、自宅のテレビに希望する番組を表示できます。

アンテナの種類

  • 従来型…BSアンテナ
  • 新型…4k、8K対応アンテナ

放送を受信するアンテナは、従来のBSアンテナがあれば映ります。しかし、基本的に右旋(うせん)の番組だけです。4k、8K対応アンテナがあれば、左旋(させん)の番組についても受信できます。

アンテナから分配器への接続、必要に応じてブースターを追加します。詳しくは電気工事の専門家か、販売している家電店のスタッフに問い合わせましょう。

4k対応テレビがあれば追加で事足りる

  • 追加…4k対応テレビ+4kチューナー
  • 一体型…4kテレビ(4kチューナー内蔵)

2018年10月ぐらいまでのテレビには「4kチューナー」を取りつけることで視聴できます。4k対応テレビと4kチューナーを用意しても、映る番組はアンテナと契約状況で変わります。4kチューナーは平たい箱のような外見していて、アンテナが受信した4k放送を変換する機材です。

2019年から販売開始となった4kテレビならば、そのまま右旋(うせん)の番組を見られます。こちらも受信するアンテナに依存するため、買い替えの場合にはセットで検討しましょう。

4k放送のよくある3つの質問

4k放送のよくある3つの質問
4k放送のよくある3つの質問

4k放送はまだ普及している途中のため、よくある3つの質問がよくあります。知っておくとムダな出費や、行動を避けられるので知っておきましょう。

ケーブルテレビ、ネットテレビで見られますか?

ケーブルテレビは、業者毎に順次対応を開始しています。従来のアンテナとチューナーから、4k放送の機材へ切り替える場合もあります。詳細は契約中、または契約する業者のユーザー窓口で確認することが可能です。

一部のネットテレビでは、契約するだけで4k放送を視聴できます。原則的にアンテナなどの専用機材が不要なので便利です。提供している業者でも、契約の種類やエリアによっては利用不可のため注意しましょう。

4k放送のメリットは?

従来の2k放送よりも現実に近くなるので、臨場感がアップします。主に画質が違っており、新しい規格を採用していることから今後の主流になる可能性が高いです。将来的には大部分が4k放送になる未来もあり得ます。

テレビの買い替えは必須ですか?

4k対応のテレビがあれば、専用のチューナーを買うだけで視聴できます。ただし、左旋(させん)の帯域で放送されている番組は受信できません。お目当ての番組が左旋(させん)放送の場合は、アンテナの交換から行いましょう。

地デジが4k放送にならない理由

地デジが4k放送にならない理由
地デジが4k放送にならない理由

地デジ方法は2020年9月の時点で4k放送になる予定はありません。なぜなら、すぐに必要な情報を伝えるマスメディアの役割を果たせなくなるからです。

4k放送は地デジ切り替えの再現にはならない

2011年にアナログ放送が停止して、従来のテレビで見られなくなりました。その時に地デジの存在を知らない人や、買い替えのお金がない人が困りました。電波を発信する側が規格を変えたことが原因で、約10年の移行期間があっても混乱しました。

4k放送は高画質であるものの、全ての国民に出費を強いるほどではなくソフトランディングです。

地デジは4kテレビを活かしきれない

地デジ放送はハイビジョンとして一世を風靡しました。しかし、4kテレビや4k対応のテレビにおいては、そのスペックを十分に活かしきれていません。パソコンやスマートフォンの小さな画像を引き延ばすのと同じでテレビ側で調整しています。

当然ながら画質は多少荒くなり、細部の処理が不十分です。しかし、普通の視聴で極端に違いが分かるほどではなく、許容範囲内となっています。どうしても見たい放送が4k放送で始まっている場合を除いて、急ぐ必要はありません。

4k放送を備えるとスポーツなどが高画質で楽しめる

今回は4k放送の特徴や、4k放送を視聴するために必要なものを紹介しました。4k放送に備えておけばオリンピックなどビッグイベントを高画質で楽しめます。必ずしも高い新型を買う必要はないので、家電量販店のセールストークに気をつけましょう。

ブースターの設置やケーブル交換、アンテナの設置などで相談したい場合は、電気工事のプロに質問すると安心です。

まとめ

  1. 4k放送は映像の基準の1つで、2k放送と比べて約4倍の解像度を誇る。臨場感がアップする
  2. 4k放送のチャンネルは、右旋(うせん)、BS左旋(させん)、110度CS左旋(させん)があり、それぞれに魅力的なラインナップがそろっている
  3. 4k放送の視聴には、専用のテレビとアンテナが必要。2018年10月ぐらいまでのテレビには、4kチューナーを取付け、2019年以降のテレビは右旋(うせん)の番組ならそのまま視聴可能です
  4. 4k放送のよくあるQ&Aや地デジ放送との比較を理解して、自分に必要化どうかをよく検討しよう

アンテナ工事・取付けならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったアンテナ工事・取付けの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?