地デジの基礎知識のまとめ!いまさら聞けない「地デジ」に関する悩みを解決

更新日:
地デジの基礎知識のまとめ!いまさら聞けない「地デジ」に関する悩みを解決

地デジ放送とアナログ放送の違いは?

地デジ放送とアナログ放送の違いは?
地デジ放送とアナログ放送の違いは?

今さら地デジのことを聞くに聞けない人もいますよね。地デジとは「地上デジタルテレビ放送」を簡略化したものです。2011年にアナログ放送から、地上デジタルテレビ放送に切り替わりました。アナログ放送と地デジの違いについて紹介します。

アナログ放送

VHFとUHFの電波を利用して映像などを送信しています。アナログは電波にそのままの画像などを形として送るので受信の遅延が少なく、チャンネルの切り替えもスムーズです。電波の状況が悪くなると砂嵐などのノイズ影響がでますが、停止するようなことはなかなかありません。

地デジ(デジタル放送)

地上デジタル放送はアナログ電波をデジタル信号に変換するための一行程が入るため、チャンネルの切り替え時に一瞬画像が表示されなくなります。アナログよりも画像が鮮明でキレイな映像が見られる他、アナログよりもノイズが入りにくいのがメリットです。

また、地デジ放送はデータ情報も一緒に送られるので、最新の情報を一緒に確認できます。

地デジが映らないのは本体が原因かも!?

地デジが映らないのは本体が原因かも!?
地デジが映らないのは本体が原因かも!?

テレビの電源を付けても映らない時は、もしかしてそのテレビ本体に原因があるかもしれません。以下の2点を確認してみましょう。

地デジ対応のテレビではない

今では当たり前に地デジ対応のテレビが販売されていますが、アナログ放送から使用しているテレビは当然、地デジ対応のテレビではありません。

しかし、全く使用できない訳ではありません。地デジ放送にも対応できるように専用の「チューナー」という機器を使えばみれます。地デジに切り替えがすんだ時期に購入したテレビのほとんど、地デジ対応のテレビですが念のため確認してみて下さい。

B-CASカードが入っていない

地デジ専用のテレビを購入しても映らない場合があります。それはテレビに「B-CASカード」という専用カードがないことが原因なので確認してみましょう。

なければ購入が必要ですが、市販されている正規のカード以外を使用して地デジを視聴しようとする方がいるようです。これは違反行為で罰則がかせられることもあります。きちんと正規カードを購入しましょう。

カードがあるのに映らない場合は、カードがきちんと挿入されていないことが原因です。きちんと挿入されているかも確認しましょう。B-CASカードの使い方については、下記の記事で詳しく紹介しています。

B-CASカードとは?B-CASカードの正しい使い方から注意点までまとめて紹介
B-CASカードとは?B-CASカードの正しい使い方から注意点までまとめて紹介
B-CASカードとは、デジタル放送の受信機に同梱されているものです。正規業者は1社だけで、他は違法となっているためインターネトなどで販売されているものは購入しないようにしましょう。正規の販売店で受信機と一緒に購入して、中古の受信機や紛失であればB-CAS(ビーキャス)の公式サイトで再発行してもらいましょう。今回はB-CASカードの使い方や、故障時や不要になった時の取り扱いを紹介します。

地デジが映らないならアンテナを確認しよう

地デジが映らないならアンテナを確認しよう
地デジが映らないならアンテナを確認しよう

先ほどの2点を確認して問題がないのに「映らない…」そんな時は、アンテナが地デジ対応ではないことが考えられます。

UHFアンテナかどうかを確認する

地デジを見るためには、UHFアンテナで地デジ放送の電波を受信できるタイプでないと映りません。また、地デジ放送はアナログ放送と違い電波状況が悪くなると止まったり、映らなくなります。

まわりに電波を遮る建物などがあり、周波数の受信レベルが低くアンテナでは視聴できるレベルの受信ができない時になる症状です。そういう場合は専用の「ブースター」などを取り付けることで解決できます。ブースターを取り付けても地デジを見られない場合もあるので注意しましょう。

アンテナの取り付け位置を確認する

まわりに建物がある場合は建物などが電波を遮って、アンテナで受信できないことがあります。見晴らしがよく、風などに煽られて転倒しないようにきちんと取り付けましょう。

アンテナの種類を確認する

一般的なアンテナは、屋根などの高い場所に設置する魚の骨のような形が多いです。マンションなど高い場所に取り付けられない場合は、建物の外壁に取り付けできる「パネル型のアンテナ」があります。これは長方形の板状形状で、風などの影響を受けやすいため、風が当たりやすい場所は避けて設置しましょう。どうしても野外に設置することが難しい場合は、室内アンテナを設置しましょう。

地デジは車のテレビにも影響します

地デジは車のテレビにも影響します
地デジは車のテレビにも影響します

地デジはご家庭のテレビだけの問題だけではなく、車のテレビにも影響します。アナログ放送から地デジ放送に切り替わる前の車のテレビは地デジ対応ではありません。

地デジ放送に切り替わってから、見れなくなったと諦めていませんか?家庭のテレビと同じく、今のテレビをそのまま使用する時は「チューナー」を取り付ければ、車でも地デジ放送を受信できます。しかし、後付けになるのでチューナー本体の置場所を確保する必要があります。

もっと地デジを楽しむ「d」ボタンの使い方

もっと地デジを楽しむ「d」ボタンの使い方
もっと地デジを楽しむ「d」ボタンの使い方

地デジは画像がよくなるなど、メリット以外に便利な機能があります。それは「d」ボタンの活用です。地デジ化によって映像などと一緒に様々な情報データも送信されるので、色んなことが可能になりました。

例えば、天気予報です。アナログ放送時では決まった時間や番組でしか、天気予報の情報を知れませんでしたが、「d」ボタンを押すとその日の天気予報から一週間の天気予報まで簡単に確認できます。

また、その地域だけでなく、これからどこかへ出掛ける県外の情報まで選択して知れるうえに、いつでも確認できるのでとても便利です。その他には、最新のニュース情報や見たい番組の情報なども確認できます。また、楽しいのは番組に参加できます。

番組にもよりますが、クイズ番組などを見ているときにアナログ放送の時ではテレビ前で答えるだけでしたよね?今は「d」ボタンを押すことにより、視聴者も参加でき一緒に番組を盛り上げているかのような体験もできます。リアルタイムな情報収集も可能なので、アンケート形式の番組なども参加できます。じゃんけんなどしてポイントを貯めて懸賞に応募したりとさまざまな楽しみ方ができます。

地デジについてわからないことは業者に相談しよう

今回は地デジ放送とアナログ放送の違いや、地デジが映らない原因や、車のテレビの影響について紹介しました。機械が苦手な人にとってはB-CASカードやアンテナと言われても、頭がこんがらがってしんどい話ですよね。難しくて分からない事ばかりで困っている場合は、業者に相談してみてはいかがでしょうか?

テレビは私たちに最新の情報を教えてくれたり、笑いや感動をくれる有難いアイテムです。映らないなどのお困りごとを早く解決して、楽しい毎日をお過ごし下さい。

まとめ

  1. テレビが映らない時は、テレビとアンテナが地デジ対応かをどうか確認しよう
  2. B-CASカードは正規カードを購入しよう
  3. 地デジ化される前の車のテレビもチューナーを後付けすることで見られる

アンテナ工事・取付けならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったアンテナ工事・取付けの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?