失敗しないデザインアンテナの取り付け方や費用相場!デザインアンテナの価格は?

更新日:
失敗しないデザインアンテナの取り付け方や費用相場!デザインアンテナの価格は?

デザインアンテナとは?

デザインアンテナとは?
デザインアンテナとは?

デザインアンテナとは、地上デジタル放送を受信するアンテナの1つです。別名「フラットアンテナ」「壁面アンテナ」とも呼ばれています。よく見かける魚の骨のような形をした八木式アンテナ(UHFアンテナ)よりも5,000~10,000ほど価格が高いですが、スタイリッシュなデザインで人気があり設置する住宅が増えています。

デザインアンテナは、家の外観を壊さないおしゃれなデザイン性が魅力です。薄く細長い形をしており白や黒、茶色など壁や屋根の色に合わせたものを選べます。屋根上だけではなく、外壁やベランダなど設置可能な場所が多く、設置しても目立たない点が好まれる理由です。

以前デザインアンテナは設置場所の環境次第によっては、八木式アンテナより受信感度が低い傾向がありました。しかし、近年は改良が進められ高感度アンテナとして取り付けが進んでいます。積雪や強風で倒壊したり、破損したりすること少ない耐久性もメリットです。

八木アンテナの特徴については下記の記事で詳しく紹介しています。

八木アンテナとは?八木アンテナの特徴や設置する時の注意点をまとめて紹介
八木アンテナとは?八木アンテナの特徴や設置する時の注意点をまとめて紹介
屋根の上に骨のような形のアンテナを見たことがある人は多いと思いますが、これは「八木アンテナ」と言います。八木アンテナはテレビを見る時や、ラジオを聞く時に欠かせない物です。今回は八木アンテナの特徴や設置する時の注意点を紹介します。

デザインアンテナ取り付けの失敗例

デザインアンテナ取り付けの失敗例
デザインアンテナ取り付けの失敗例

設置場所が悪く受信感度が弱かった

デザインアンテナの失敗で一番多いのが、設置場所が悪く受信感度が弱いためテレビ映りが悪くなった事例です。アンテナ工事の際の電波調査が甘かったり、もともと電波受信が弱い地域だったりするとテレビが映らないことがあります。電波の事前調査をしっかり行ってくれる業者選びが大切です。

思ったより設置費用が高かった

デザインアンテナは八木式アンテナより2,000~5,000円程度、工事費が高いことが多いです。電波受信が弱い場合はブースターを設置する必要があります。出張費や高所作業費など設置費用が予想よりもかかってしまうこともあります。失敗しないためには、複数社の相見積もりしましょう。

外壁に穴を開けられた

デザインアンテナは、屋根上やベランダよりも外壁に取り付けることが多いです。説明がないまま新築の壁に穴を開けられトラブルになることがあります。トラブルにならないように施工業者との事前打ち合わせで「どこにどのように設置するのか」を確認しましょう。

説明なく八木式アンテナに変えられた

デザインアンテナの設置を希望しても、アンテナ工事業者の勝手な判断で八木式アンテナに変えられてしまう失敗があります。電波調査の結果、デザインアンテナの設置が不可能な時は依頼者に対する説明がない業者はいけません。デザインアンテナが取り付けできない場合は、相談してほしいと伝えましょう。

BS/CS放送の電波を受信できない

デザインアンテナは、地上デジタル放送を見るためのアンテナです。BS/CS放送の電波は受信できないため見られないため、BS/CS専用のアンテナが必要です。費用が別途かかるため、見積りの時は注意しましょう。

デザインアンテナを設置できる場所

デザインアンテナを設置できる場所
デザインアンテナを設置できる場所

外壁面

デザインアンテナの標準的な設置場所は「外壁面」です。屋根の軒下の壁に穴を開けてビス施工で取り付けます。壁に直接取り付けるため強度があり、雨風にも耐えられ倒壊の心配がありません。外壁に穴を開けることが嫌な方は、他の場所に設置するようにしましょう。

屋根上

デザインアンテナも八木式アンテナと同じように屋根上に設置できます。家の最も高い位置に取り付けるため、電波の受信感度が高くテレビ映りもいいです。しかし、雨や雪など天候による影響を受けやすく、破損したり故障したりする可能性があります。

ベランダの手すり

デザインアンテナは、ベランダに取り付けられます。ベランダの手すりに専用金具で固定するため、手すりの強度に注意しましょう。設置場所が低く、受信感度が弱い場合があります。

屋根裏

デザインアンテナは、屋根裏に設置できます。家の外から全く見えないため外観のイメージを保てて、雨や雪などの天候の影響を受けません。アンテナを設置するスペースがあり、十分な電波を受信できる場合におすすめです。

デザインアンテナを設置する費用相場は?

デザインアンテナを設置する費用相場は?
デザインアンテナを設置する費用相場は?

デザインアンテナの本体価格は5,000~20,000円が相場です。設置費用は設置場所の状況によって変動します。建物の形状、電波状況、高所作業費、出張費がかかることがあるため、見積りをしっかり確認しましょう。

アンテナを交換する場合は、既存のアンテナの撤去と処分費用がかかります。

  • デザインアンテナ設置工事・・・20,000~35,000円程度(アンテナ本体と工事費)
  • アンテナの撤去・処分費用・・・3,000~15,000円程度

デザインアンテナの受信感度が悪いと「ブースター」という電波増幅装置の取り付けが必要です。また、BS/CSアンテナが必要な家庭は別途費用がかかります。

  • デザインアンテナ+ブースター設置費用・・・45,000~70,000円程度
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ設置費用・・・48,000~58,000円程度

ブースターとは環境や配線によって正しく電波を受信できない場合、電波を増幅させる機器です。ブースターが正しい感度に電波を調整して安定した受信を可能にしてくれます。

デザインアンテナの取り付け業者の選び方

デザインアンテナの取り付け業者の選び方
デザインアンテナの取り付け業者の選び方

現地調査をしっかり行う専門業者

デザインアンテナはDIYで設置するのは難しいです。アンテナは電波の強さを表す「電界強度」を調べ、アンテナの素子数や動作利得を考えて設置場所を決める必要があります。

八木式アンテナと比較すると少し受信機能が弱いデザインアンテナは、受信機による電波測定が重要です。どの場所がどのくらい電波が受信できるのか素人には難しい作業といえます。現地調査をしっかり行う専門業者に依頼して取り付けてもらいましょう。

長期工事保証がある業者

電波強度を調べた結果、デザインアンテナでは十分電波を受信できないと判断した場合、八木式アンテナに切り替えるケースがあります。事前に説明がなく変更されるとトラブルに発展します。再調査や再設置が必要になり別料金がかかると大変です。

工事依頼する前に長期工事保証があるか確認しましょう。信頼できる業者を見極めて依頼すれば、取り付け後に後悔するような失敗を防げます。

デザインアンテナを取り付ける時は業者に依頼しよう

今回はデザインアンテナの特徴や、デザインアンテナ取り付けの失敗例を紹介しました。おしゃれなデザインアンテナは、家の外観を損ねないスタイリッシュな地デジ用アンテナです。悪天候でも倒壊する心配がなく安全面からも取り付ける方が増えています。

アンテナ工事は設置場所の電波状況などを調べる必要があり、高度な技術が必要です。自分で取り付けようとすると失敗する可能性が高いです。デザインアンテナは専門知識としっかりした実績をもつ業者に取付けを依頼しましょう。

アンテナ工事・取付けならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったアンテナ工事・取付けの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?