エアコン取り付け

エアコン取り付けとは

エアコン取り付けとは、新しく購入したエアコンを壁や天井に取り付けるサービスです。エアコンを設置には、室内機の設置だけでなく、室外機の配管設定やエアパージ(真空引き)が必要です。エアコンに水を少量入れて運転させるドレンテスト(排水テスト)など、エアコンが正常に動くための設定を行います。 こんな方におすすめです

エアコン取り付けの必要性

エアコンを自分で取り付けには、真空ポンプやトルクレンチなどの専用器具が必要です。また真空引き(エアパージ)やガス漏れ確認など、説明書があっても取り付けには時間と手間がかかり難しいものです… プロに頼むメリットは?(続きをみる)

エアコン取り付け作業の流れ

  1. 1

    エアコン取り付けの流れを作業前に説明させていただきます。

    作業の事前説明と確認を行います

  2. 2

    エアコン取り付けで部屋が汚れないよう、室内を養生していきます。

    室内を保護するため養生します

  3. 3

    エアコン室内機を設置する壁に据付版を取り付けます。

    据付版を取り付け室内機を設置します

  4. 4

    配管、電線、ドレンホース等をまとめてコーテープで巻いていきます。

    エアコン室外機の取り付けと配管

  5. 5

    電動の真空ポンプを使ってエアパージ(エアを抜く作業)を行います。

    エアコン内部の空気抜きを行います

  6. 6

    エアコンの試運転を行い動作確認を行います。

    試運転を行いエアコンの動作を確認

エアコン取り付けに関する記事

エアコン取り付けはこんな方におすすめ!

  • インターネットで買ったエアコンを低価格で取り付けたい方
  • エアコンを別の部屋に移設したい方
  • 引越し先でも今のエアコンを使いたい方
  • 壊れてしまった(使わなくなった)エアコンを取り外してほしい方

エアコン取り付けをプロに頼むメリット

エアコン取り付けをプロに依頼すると、どんなメリットがあるのでしょうか?購入したエアコンの取り付けに困っているという方もいらっしゃると思います。説明書があっても取り付けは意外と難しいものです。知識がない素人が行うと時間もかかってしまいますので、エアコンの取り付けはプロに依頼しましょう。

専用道具を準備する必要がない

エアコン取り付けを行う時は、真空ポンプやフレアーツールなどの専用の道具が必要になります。今回取り付けるためだけに購入するのは勿体ないですし、なによりそれ以外の用途があまりありません。道具の購入費用を業者への依頼費に充てた方が賢い選択といえます。

時間や手間の節約になる

エアコンは室内機と室外機で成り立っており、この2つを正しく設置しなければ涼しくも暖かくもなりません。もし、自分でエアコン取り付けを行ってガス漏れが発生してしまった場合、危険を伴うことはもちろん、エアコンも使えず結局業者に頼むことになり、2度手間になってしまいます。故障の可能性と時間の節約を考えれば、始めから業者に依頼した方が効率的です。

事故や破損の心配がない

屋内に取り付けるエアコンは、天井に近い位置への設置が多いため、エアコンを支えながら高い位置で作業を行えば、事故に繋がる危険性は排除できません。加えて、エアコンを落としてしまい破損する恐れもあるので、事故や破損の心配を考えれば業者に任せた方が安全です。

エリアで絞り込む

エアコン取り付け 1~20件(73件中)

条件で絞り込む