更新日:2017/01/01
ゴキブリの卵ってどんなの?

ゴキブリの卵ってどんなの?

ゴキブリの卵ってどんなの?

ゴキブリの卵の特徴とは?

一般的にゴキブリの卵は黒い色で、0.5センチ~1.5センチのカプセル状になっています。似たような物を見かけて、「何だろう?」と思った経験を持つ方もいるかもしれません。実はこれがゴキブリの卵で、暗くジメジメした所によく産まれます。

卵の中には20~50匹ほどの幼虫がいて、気温などの条件が揃えば30日前後で孵化してしまいます。見つけた時は、どうすればいいでしょうか?

見つけたらどうすればいい?

ゴキブリの卵が見つかりやすいのは、温度と湿度が高い所です。冷蔵庫の下やシンク周り、観葉植物などに卵が産みつけられてないか注意が必要です。見つけたらティッシュやテープでぐるぐる巻きにして、すぐゴミに出してしまった方が良いでしょう。また部屋に掃除機をかけた時、知らず知らずゴキブリの卵を吸い取っていることも考えられます。掃除機の中で孵化したら大変なので、フィルターのクリーニングなどこまめに行うのがおすすめです。

家にゴキブリを繁殖させないためには

家にゴキブリの卵がある理由は、成虫が侵入したからです。しかしゴキブリも生きているので、巣を作る条件が揃わなければ滅多に卵を産みません。部屋はなるべく高温多湿を避け、侵入ルートの隙間を塞げば繁殖する確率は低くなります。さらに生ゴミの臭いが漂わないよう、ビニール袋で密封するなど工夫しましょう。またゴキブリの卵に効く駆除剤も市販されているので、気になる箇所に置いておくのも効果的です。

そして好みは分かれますが家の中の「クモ」が、ゴキブリを倒すガードマンの役割を果たしてくれる場合があります。毒グモでなければあえて殺さずに、駆除を手伝ってもらうのもひとつの方法です。

最後に【被害に悩んだ時は専門業者に相談を】

ゴキブリの卵を適切に処理し、繁殖させない工夫を重ねても出現してしまうことはあります。家の近くにゴミ置き場や大きな巣があれば、個人で解決するのは難しいかもしれません。ゴキブリの被害に悩んだ時は、駆除の専門業者に相談し徹底的に対策してもらうがおすすめです。意外な原因が見つかるかもしれないので、上手に活用すると良いでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

ゴキブリ駆除を検討するなら

一度プロのゴキブリ駆除をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください