更新日:2017/01/01
壁紙DIYの方法を教えて!

壁紙DIYの方法を教えて!

壁紙DIYの方法を教えて!

壁紙の種類にはどんなものがあるの?

日本で現在よく使われている壁紙は、塩化ビニール製のものです。耐久性や抗菌性に優れているので、広く採用されています。しかし短所は貼る時に空気が入りやすいなど、施工の難しさがあります。ビニール製の壁紙を貼るには、専門的な技術が必要です。 違った素材では和紙など紙製の製品も時折見られ、質感の良さが魅力ですよね。一方で強度や色あせの問題があるため、メンテナンスに気を使います。 そして最近普及しているのが、化学繊維を使った「フリース壁紙」です。取り扱いが比較的簡単で、強度もデザイン性も優れています。今回はこのフリース壁紙を、DIYで貼る方法を追ってみましょう。

DIYで壁紙を貼る方法

壁の寸法に合った壁紙を購入し準備ができたら、貼りやすいサイズにカットします。垂直や水平を保つため裏面にマス目が書かれている製品もあるので、参考にしましょう。 フリース壁紙は「重ね貼り」が可能なので、専用糊を現在の壁紙の上から塗ります。端に余裕を持たせて1枚目の新しい壁紙を貼ったら、ヘラで空気を抜いて余った部分をカットします。 模様を合わせながら2枚目以降も同様に貼っていき、最後の壁紙の端をカットすれば完了です。それでは壁紙をDIYで貼る方法で、注意すべきポイントはあるでしょうか?

壁紙を貼る時に注意するポイント

DIYで最初に気をつけるのは、壁紙をカットする時です。寸法を間違えないのはもちろん、カッターに定規をしっかり当ててまっすぐ切るのが大切です。またカッターも厚手のものを選び、刃をこまめに折るなど切れ味をキープしましょう。 貼る時は一枚目の位置が肝心なため、正確に垂直を取って合わせます。垂直を確認するにはタコ糸に5円玉をくくりつけ、吊り下げるなどの方法がおすすめです。一旦貼った後もヘラなどで、位置を微調整することは可能です。 また賃貸住宅に住んでいる時はあらかじめ、管理会社へ壁紙を貼っていいか確認した方が無難です。

最後に 【壁紙の切り方・貼り方を間違えると大変!】

部屋の壁紙をDIYで貼る作業には数時間~半日ほど見ておくと良いでしょう。方法として一人よりも、二人以上で行った方が効率的です。 難しいのは端の処理や模様合わせなど、細かい部分の切り貼り。ここを間違えると部屋の印象が変になり、せっかく買った壁紙が無駄になりかねません。 ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。。

壁紙・クロス工事を検討するなら

一度プロの壁紙・クロス工事をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください