更新日:2017/01/01

畳の張替えには何日かかるのでしょうか?

畳の張替えには種類がある

畳の張替えには種類があり、どのように・どこを張り替えるかによってかかる時間が変わります。

・新畳:畳の土台、その上の畳すべてを新品に取り替える

・表替え:畳の土台はそのままで、表面の畳を新品に取り替える

・裏返し:畳を裏返し取り替える

この3種類が畳の張り替え方です。

一般的に、ひどく傷んでいない場合は表替え、裏返しで済むことが多いです。しかし傷みがひどかったり、畳そのものを変えたい場合、新畳を入れるのがよいでしょう。

 畳の張替えにかかるのは何日?

結論から言うと、基本的に畳の張替えは1日で済みます。朝来てもらい、午前に下準備や剥がす作業をし、午後から新しい畳に替える作業をして終了です。大がかりな工事ではないために職人さんも1人で来ることが多く、案外手軽にできます。

他のリフォーム工事とは異なり騒音もほぼないため、窮屈な思いをしてしまうこともなさそうです。あなたが想像していたよりずっと簡単ではないでしょうか。

畳の張替えの目安は?

そんな簡単な畳の張替えですが、業者による畳のメンテナンスは、3年を目安に行いましょう。畳は傷んでいないように見えても、日に当たることで褪せたり、裏側がボロボロになっていたりと、案外劣化していることが多いです。気持ちよく使うためにも3年を目安に張り替えましょう。

また、一部傷がある場合はその畳一枚だけの張替え(表替え・裏返し)もできます。こまめに綺麗な状態を保つことで、畳の表面を支える土台である畳床の劣化を防ぐこともできます。

最後に【 畳の張替えは1日で済む簡単な作業 】

畳の張り替えは面倒に思いますが、業者に依頼すれば1日で済みます。費用も他のリフォームに比べ低価格です。年月が経ち少し気になってきたら、一度業者に依頼し、現地を見に来てもらうのがおすすめですよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

畳張替えを検討するなら

一度プロの畳張替えをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください