更新日:2017/01/01

畳の上に絨毯をひいてもいいの?

絨毯を敷くメリット・デメリット

防音や掃除のしやすさを考えると、絨毯を敷くことはメリットがあります。敷く際はできるだけ通気性が良さそうな材質やデザインのものを選びましょう。裏にゴム加工がされているものや、ウール製の物は湿気がこもりやすく、正直なところお勧めではありません。

しかし絨毯を敷くことでどうしても湿気がこもるので、ダニの発生が気になるのであれば、絨毯以外のものを敷いた方が良さそうです。

畳でおすすめの敷物①

絨毯ではなくウッドカーペット(フローリングカーペット)であれば、よりダニの発生を防ぐことができます。厚さがあるので防音効果もありますし、重たい家具を置いても跡がつきません。また小さいお子さんがいるのであれば、汚れても掃除しやすいジョイントマットもいいでしょう。 軽いので取り外しが簡単にでき、畳もすぐ掃除できて清潔に保てます。大判であれば、作業も楽ですよ。

畳でおすすめの敷物②

「ウッドカーペットでは、絨毯のようにクッション性がない」と思われる方には、コルクマットをお勧めします。裸足でも冷たさを感じませんし、厚さがあるのでジョイントマットと同じく防音効果があります。

絨毯だと床全体を覆うことは難しいですが、コルクマットなら簡単にカットできるので、床のサイズに合わせてぴったり設置できます。茶色いので、お部屋全体に暖かさも演出できますよ。

最後に【ダニを発生させないために 】

カーペット等を敷く前に、畳をしっかり掃除しておきましょう。掃除機をかけたあと、熱湯で濡らして硬く絞った雑巾で拭き上げます。しっかり乾燥させたら、防ダニシートを置いてからカーペット等を敷くとより安心です。防ダニシートは3?6ヶ月での交換が一般的です。これと合わせて全て敷物を上げて畳の換気をしておきましょう。できれば畳も上げて干すのが、ダニ対策には一番効果的です。畳のことでお困りの方は専門の業社に相談することをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

畳張替えを検討するなら

一度プロの畳張替えをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください