愛犬が畳をガリガリ!犬による畳被害と対策は飼い主の向き合い方次第

犬が畳や床を掘ったり食べてしまうのは、野生の本能とストレスが主な原因です。飼い主の向き合い方次第で、その問題行動を大きく改善することは可能です!日頃のしつけ、適度な運動、スキンシップを大切にし、その上でボロボロになった畳の張替え等を検討しましょう!

更新日:2018/07/13
 
愛犬が畳をガリガリ!犬による畳被害と対策は飼い主の向き合い方次第

愛犬が家の畳をガリガリと前足でこすったり、ムシャムシャと食べてしまったりして、お困りではありませんか?

畳の補修・対策を施す前に、なぜ愛犬がそのような行動をとるのか、しっかりと原因追及することが重要です。その上で、畳の張替え等を検討しましょう。

今回は、「犬による畳被害と対策」について、大型犬と共に暮らしている筆者が詳しくお教えします。

犬が畳を傷つける理由は大きく分けて2つある

犬が畳を傷つける理由は大きく分けて2つある
  • こまるちゃん
    こまる

    ひぇ~!うちの畳がワンコにやられちゃった!もうっ、なんでこんなことするの(泣)


  • ほっとくん

    ワンちゃんが畳を掘ったり食べたりするのには、ちゃんと理由があるんだよ!

夕方帰宅すると、愛犬が和室で一生懸命前足で畳をガリガリとこすったり、歯を剥き出しにして畳をムシャムシャと食べている、そのような光景をご覧になったことはありませんか?

初めてその光景を目の当たりにしたときは、思わず目を疑ってしまいますよね?(筆者も同じ経験があり、しばしフリーズしてしまいました・苦笑)

なぜ愛犬がこのような行動をとるのか?いろいろと調べてみましたが、このような行動をとる理由は大きく分けて2つあることがわかりました。

理由1.犬本来の野生の本能

犬の習性として地面をガリガリ掘るという行為は、寝床を作るための行動です。

現在は室内で犬を飼育する場合が多いですが、元々犬は外で飼育することが一般的でした。犬専用の寝床が普及していない時代には、自らの手(足)で土を掘り、居心地の良い寝床を作る必要があったのです。室内で飼育すること一般的になりつつある現代でも、犬の本能は身体に浸透しています。

よって、愛犬が家の畳やフローリングをやを一心不乱にガリガリこする行動はある意味普通のことと言えます。

理由2.ストレスによるもの

長時間の留守番による寂しさや、運動不足などから来るストレスによるパターンが考えられます。

犬は日常生活を送る上でストレスを受けたとき、床をガリガリこすったり、ムシャムシャかじる行動をとることがあります。それは、床をガリガリすることによって、多少なりとストレスを解消することができるからです。

現代は大型犬や小型犬といった犬種を問わず、犬を室内で飼育することが当たり前となっています。それが、犬にとってはストレスを抱えやすい環境となっていることも理由の1つとして考えられます。

愛犬が畳を傷つける本能を抑えるために必要なこと

愛犬が畳を傷つける本能を抑えるために必要なこと
  • こまるちゃん
    こまる

    そっか…。犬にも言い分があるよね。本能なら、諦めるしかないのかな?


  • ほっとくん

    そんなことないよ!ワンちゃんは、しつけさえしっかりできれば、いたずらしなくなる賢い動物なんだ。

その犬が持つ野生の本能を完全に矯正することは、はっきり言ってそう簡単ではありません。だからといって、諦める必要もありません!

日頃のしつけにより、行動を改善させることは可能です。とくに、これから新たな家族として我が家に愛犬を迎え入れる場合、子犬の状態からしつけをスタートできるのであれば、その効果が高いです。

畳をかじることがいけないと教え込むことが非常に重要であり、もしあなたの愛犬が畳をガリガリとこすり、ムシャムシャと食べ始めたとき、飼い主が毅然とした態度で「いけない!」と怒らなければなりません。ある程度真剣に大きな声で怒る必要性もあります。

そして、次に同じことをしたときは、軽く痛みを与える(虐待にならない程度に)ことにより厳しく叱ります。たとえば、筆者の場合は、リードで鼻の頭を軽く叩いたりしますが、なかにはハリセンやピコピコハンマーで犬の頭を軽く叩いたりする飼い主さんもいらっしゃるようです。傷みはそれほどでもありませんが、音が大きいので、かなり効果覿面だと聞いたことがあります。

飼い主が甘い態度を取ってしまうと犬になめられてしまいますので、毅然とした態度を貫き、犬が服従するまで繰り返します。しつこく言いますが、愛犬と飼い主の立場はイコールではなく、必ず、立場は飼い主>愛犬であることを理解させましょう。

愛犬の可愛さについつい甘やかしたくなる気持ちもわかりますが、この上下関係だけは絶対に崩してはいけません!!

愛犬のストレスを減らせば、畳へのいたずらも減らせる!

愛犬のストレスを減らせば、畳へのいたずらも減らせる!
  • こまるちゃん
    こまる

    ストレスは、どうやって対処してあげたらいいの?最近確かにお留守番が長くて…


  • ほっとくん

    愛犬家の方の経験談を参考に、散歩やスキンシップを積極的に取り入れてね。

筆者の愛犬(サモエド・7歳)も、土砂降りで散歩に行けなかったり、長時間留守番をさせると、明らかにストレスが溜まっている行動をみせることがありました。帰宅すると、一心不乱に畳やフローリングを前足でガリガリとこすり、床材をムシャムシャ食べてしまったことも!我が家の床は一部が完全に捨て張り(床材の下地板)が剥き出しの状態になってしまいました(泣)。

愛犬にストレスを与えないようにするためには、日頃の飼い主の努力が必要不可欠です!その努力は必ず犬に伝わりますし、結果、畳などを傷つけたり、いたずら行為も減っていくのです。

最近は、愛犬を室内で飼われている飼い主さんが多いと思います。中には、基本的にケージの中に愛犬を入れっぱなしにされている方もいらっしゃいますよね。1日中ケージの中に入れていると、愛犬もストレスが溜まります。

このような場合は、1日に数時間でよいので、愛犬をケージから解放する時間を設けてあげましょう。そして、できる限り多くの時間一緒に遊び、いいことをしたら、いっぱい褒めて、いっぱいハグしてあげましょう!

お散歩も、出来る限り長い時間、愛犬が疲れる一歩手前位までしてあげるといいですよ。愛犬とのお散歩は、運動不足解消だけではなく、人間と愛犬の間に信頼関係を築く、最高のトレーニングなのです!

ドッグランで思い切り走らせるのもよいですが、愛犬との絆を深め信頼関係を築くためには、やはりお散歩の方がよいです。

驚き!畳の上は愛犬にとって、実はあまりいい環境ではない

驚き!畳の上は愛犬にとって、実はあまりいい環境ではない
  • こまるちゃん
    こまる

    人間は畳の上って気持ちが良いけど、犬は畳が嫌いなの?


  • ほっとくん

    嫌いかどうかはわからないけど、畳は犬にとって滑りやすい場所だし、粗相の片付けも畳は不向きなんだ。

愛犬にとって、畳の上は実はあまり快適な環境とは言えないことをご存知でしょうか?

肉球の毛が伸びると、畳の上では非常に滑りやすくなります。フローリングほどではないにしろ、畳の上を毛むくじゃらの肉球で歩くと、ツルツルと滑ってしまうのです。

床が滑りやすいと股関節形成不全・膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニアなどの股関節の病気を発症する危険性があります。そうならないために、肉球の所の毛剃りをこまめに行うか、床を滑らなくする対策が必要になります。

また、爪が伸びすぎていると畳の縁(へり)や畳表の目に爪を引っかけてしまい、つまずくこともあります。

この他、畳の上で愛犬が粗相をした後や、人間が長時間昼寝をしていた寝汗などをちゃんと処理しないと、湿った畳の中にダニが発生し、皮膚病を引き起こす危険性があります。一見、畳の上は人間にとっても、愛犬にとっても快適な空間であるかのように思えますが、決してそうではないのですね。

愛犬が掘ってしまった畳の対処法

愛犬が掘ってしまった畳の対処法
  • こまるちゃん
    こまる

    このボロボロになった畳は、一体どうしたらいいの?


  • ほっとくん

    上から対策グッズを敷き詰めるか、畳を張り替えるといいよ。

対策グッズを使う

最近は、愛犬の為にいろんな対策グッズが販売されていますよね。

畳・フローリング用の、滑り止めコルクマットやジョイントマットなども数多く販売されています。あまりにも種類が多すぎて選ぶのも大変ですが、筆者の経験上、価格の安さだけではなく、通気性の良さや素材そのものの材質など、天然に近いものを選ぶのがよいです。

最初は価格が一番安いパンチカーペットを大量に敷き詰めましたが、通気性が悪くすぐにカビだらけ、毛玉だらけになり、最後には端っこの糸がほつれてきて、その糸を犬が引っ張って遊び、家中糸だらけになってしまったことがありました(苦笑)。

それに懲りて、次は価格が約3倍するコルクカーペットを床に敷き詰めました。その効果は絶大で、カーペットの面材も3年経った今でもちゃんとしていますし、糸がほつれないので家中糸まみれになることは全くありません。

畳を張り替える

どうしても畳に拘る方が多いのも事実で、最近はそのような飼い主さんのニーズを満たす製品も発売されています。イグサを使わない、犬猫専用の畳表も販売されています。この畳表は、抗菌効果があり、耐久性が高く、粗相をしてしまったときの拭き取りも容易だそうです。

あまりにもボロボロになった畳をどうしても張り替えたい!という方は、業者に相談する際にこのような商品についても問い合わせてみるといいですね。

また、畳の張替えには種類があるので、損傷がひどくない場合は自分で取り替えることもできます。

  • 新畳:畳の土台、その上の畳すべてを新品に取り替える
  • 表替え:畳の土台はそのままで、表面の畳を新品に取り替える
  • 裏返し:畳を裏返し取り替える

この3種類が畳の取り替え方です。犬がどの程度畳を掘ったかで、張り替え方が変わってきますね。畳の裏側まで損傷がない場合は、裏返すことで綺麗になりますよ。

畳の張替えの費用相場について、詳しく紹介した記事があるので参考にして下さいね。

【畳の張替え】3つの方法と費用相場を紹介!畳を長持ちさせる方法も公開
あわせて読みたい
【畳の張替え】3つの方法と費用相場を紹介!畳を長持ちさせる方法も公開
リンク(新しいタブで開きます)

まとめ

「犬による畳被害と対策」について、ご紹介しました。

  • 犬が畳を傷つける理由は大きく分けて2つある
  • 愛犬が畳を傷つける本能を抑えるために必要なこと
  • 愛犬のストレスを減らせば、畳へのいたずらも減らせる!
  • 驚き!畳の上は愛犬にとって、実はあまりいい環境ではない
  • 愛犬が掘ってしまった畳の対処法
  • まとめ

愛犬が畳をガリガリと前足でこすったり、むしゃむしゃと食べてしまう場合、まずはなぜそのような行動をとるのか、飼い主がきちんと理解する必要があります。ご紹介したとおり、日頃のしつけ、適度な運動、スキンシップがとても大切です。

その上で、畳の上に敷くグッズや畳表の張替えなどを行いましょう。

愛犬は大切な家族です。いたずらやしつけに頭を悩ませることもありますが、その存在の大きさは計り知れませんよね。皆様の愛犬との暮らしが、より楽しいものになりますよう参考になれば幸いです。

畳の張替え業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms