プラスチック障子を張替えることは、できますか?

光を通す扉として、昔から日本家屋で用いられてきたのが障子ですよね。現在では強度のあるプラスチック製の障子も出回っています。小さいお子さんやペットに配慮して、次はプラスチック障子を検討しているご家庭もあるのではないでしょうか。プラスチック製も和紙同様、張替えることができるのか、ご紹介します

更新日:2017/01/01
 

張り替えは可能

プラスチック障子は、和紙同様に張り替えが可能です。プラスチック障子は、和紙を薄い塩化ビニール判に挟んだもので、破れにくく日焼けしにくいため、和紙に比べて張り替える回数が少なくてすみます。両面テープかアイロンで接着するので、熱を当てれば容易に剥がすことができます。貼り方は通常の和紙の障子と同じです。

プラスチック障子の剥がし方

ドライヤーの熱風を当てて剥がします。一点ではなく、全体に満遍なく温風を当てるのが、綺麗に剥がすコツです。剥がす際は、張っている裏面から優しく手で障子を押しながら外します。もしテープが木枠に残ってしまったら、再度元の状態に張り直して、同じ工程を行います。これでもうまくいかなければ、他の四隅から剥がしてみてください。ゆっくり様子を見ながら剥がしていくと、うまくいきます。

プラスチック障子の貼り方

古い障子を専用の液で剥がし木枠を乾燥させたら、プラスチック障子専用の両面テープを木枠全てに貼ります。プラスチック障子をマスキングテープで仮止めし、少しずつ端から抑えながら張っていきます。不要な部分は、定規をあててカッターで切り落としましょう。最後に中心から端に向かって定規を使って、空気を抜くように張れば完成です。

最後に【難しそうだったら業者へ依頼しよう 】

プラスチック障子は一枚2〜3千円で売られているので、よほどでない限りは自分で張る方がかなり予算は抑えられます。どうしても自分ではうまく張れそうになかったり、作業スペースが無いようであれば専門の業者へ依頼することをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms