障子の張り替え方にもコツがある?古い障子をキレイに張り替える方法

寒い時期になってくると、障子の張り替えの季節でもありますね。家の障子を張り替えてスッキリした気分で新しい年を迎えるのもいいですね。障子の張り替えはご自分でもできますが、上手に張り替えるには古い障子紙をキレイに?がすことがポイントです。障子紙のキレイな剥がし方、についてご紹介します。

更新日:2018/07/12
 
障子の張り替え方にもコツがある?古い障子をキレイに張り替える方法

障子は和室などによく使われています。障子は紙なので汚れたり破れた場合は、交換しなくてはなりません。交換するのはとても大変なイメージがありますよね。障子紙を貼ることは簡単でも、剥がすのが上手に剥がせない…という人もいますよね。障子を剥がすのは、ある程度コツが必要なんです。剥がす時に桟に障子紙が残っていると、上手に障子紙を貼り直せない場合もあります。

また、障子をキレイに貼れないと、すぐに剥がれてきてしまう事もあります。そうならないためにキレイに、障子紙を剥がす必要があります。今回は、障子紙の上手な剥がし方と貼り方について紹介します。

障子の張り替え時期

障子の張り替え時期

障子は適切な張替え時期というのがあります。障子は使用していればボロボロになり、障子の意味もなくなってきます。障子はいつ交換するのがいいのか?について紹介します。基本的に障子の張り替えの周期として2年~5年程度とされています。しかし、障子というのは場合によっては破れてしまったり日が当たることにより、色が変わってしまいます。

その場合は、障子としての意味を果たしていないので障子を張り替えなくてはなりません。早い場合であれば1年程度で交換が必要になります。大掃除の時に障子の張り替えを行うと、気持ち的にもスッキリするのでオススメです。

前回はいつ交換したのか?という日を覚えておくと、だいたいの次の障子の交換のタイミングがわかりますよ。

古い障子の剥がし方

古い障子の剥がし方

障子を張替えには、まず古い障子を剥がさなくてはなりません。しかし、上手に剥がせないと新しい障子を貼る時に、失敗してしまうことがあります。障子のキレイな剥がし方を覚えておくといいでしょう。では、障子の綺麗な剥がし方について紹介します。

1.和紙の場合

和紙は水で濡らすことによって、キレイに剥がせます。障子を剥がす時の、専用の剥がし液というのがホームセンターで販売されています。剥がし液を購入してもいいのですが、水を使っても十分キレイに剥がせます。しかし、水を使って障子を剥がす時は、障子ごと濡らすと障子本体が反り返ってしまうので、止めましょう。スポンジやタオルなどに水を含ませて、桟に沿ってノリの部分を湿らせて剥がしましょう。

水をつけてから5分~10分程度時間を置いて、端からゆっくりと剥がしていくと、障子も残らずにキレイに剥がせます。水を付けてから時間を開けないように注意しましょう。剥がれにくい場所は、再び湿らせて少し時間をおいてから剥がしましょう。また、ノリが残ってしまっている場合は濡れたタオルなどで、拭き取りましょう。

2.プラスチック障子の場合

プラスチック障子の場合

プラスチック障子は水で濡らしても、水を弾いてしまうため意味がありません。ドライヤーを使用し、ノリを温めて剥がします。ドライヤーを使用する時は一点を温めるのではなく、まんべんなく温めるようにしましょう。少しずつ慎重に剥がすとキレイに剥がせます。

このように和紙とプラスチック障子では、剥がすときのコツが違います。和紙は紙なので水で濡らした方がキレイに取れます。プラスチック障子は温めて剥がしましょう。障子の張り替えをする時は、障子の貼り方ばかり注目してしまいますが、古い障子をどれだけキレイに剥がせるかが、障子を貼る時の仕上がりにも影響がでますよ。

障子をキレイに剥がす3つのコツ

障子をキレイに剥がす3つのコツ

障子をキレイに剥がす方法を紹介しましたが、障子を剥がす時のコツを紹介します。和紙の障子は、水を使って剥がし、プラスチックの障子は、ドライヤーを使って剥がしますが、それでも上手に剥がれない場合のコツを3つ紹介します。

  • 定規で剥がす
  • 専用の道具を使う
  • 剥がし液を使用する

この3つです。定規はとても便利なものです。桟にどうしてもノリと一緒に障子が残ってしまい場合は、定規を使って残った障子を取り除きましょう。定規で取り除くとキレイに剥がせますよ。また、障子の専用の道具として、専用カッターやアダプターがついているノリもありますよ。それを使って障子を貼ったり、剥がしたりすると簡単に剥がせますよ。

アサヒペン 新障子紙貼りセット 944
アサヒペン 新障子紙貼りセット 944Posted with Amakuri at 2018.7.12
  • アサヒペン(Asahipen)
  • 価格 ¥428 (2018/7/12 17:17時点)
Amazonで詳細を見る

水で剥がしにくい障子は、剥がし専用の剥がし液を使ってみるのもいいでしょう。

大直(ONAO) ワンタッチ障子紙はがし剤 250cc
大直(ONAO) ワンタッチ障子紙はがし剤 250ccPosted with Amakuri at 2018.7.12
  • 大直
  • 価格 ¥428 (2018/7/12 17:17時点)
Amazonで詳細を見る

障子の張り替え方

障子の張り替え方

キレイに障子を剥がせたら、新しい障子を貼りましょう。次はキレイに障子を貼る方法を紹介します。

用意するもの
  • 新しい障子
  • マスキングテープ
  • 障子専用のり
  • カッター

手順1. 桟の上にマスキングテープを貼る

桟の上にマスキングテープを貼り、障子紙を仮止めする。これを左右と中央の3箇所行う。

手順2. 障子専用のり付ける

障子専用のりを桟の縦方向に付ける。次に横方向と桟の部分にノリを付ける。

手順3. 新しい障子を貼る

障子専用のりを付けた上に、障子紙をロールのまま障子の格子に乗せ、ゆっくりと転がす。下まで障子をかぶせたら、大まかに外側の部分をカットし、時間を置く。

手順4. 障子を切る

のりが乾ききる前に、格子の部分に沿って障子紙を切って完了。

障子がシワシワになってしまった時は、は霧吹きで水を吹くとピンと張らせる事ができますよ。

障子の張替には霧吹きが必須!

障子の張替には霧吹きが必須!

先程少し紹介しましたが、障子にシワが出来た時は、霧吹きで伸ばせます。本当にシワが霧吹きで水をかけると、ピンと伸びるんです。なぜか?というと、洗濯物で洗濯してはいけない服を洗濯して縮んでしまった経験はありませんか?というようなことはありませんか?

その時と同じく、障子紙も紙が縮むことでピンと張り、シワが伸びて美しく仕上がるんです。霧吹きを使用するときは、のりが乾いてから吹きかけましょう。アイロンをかける時も乾いた洗濯物でないと、アイロンをかけないのと同じです。のりが乾く前に、霧吹きで水を吹きかけると、せっかく貼った障子が剥れてしまうことがあります。なので、しっかりと乾いてから霧吹きをしましょう。

まとめ

障子の剥がし方について紹介しました。障子はコツさえ掴めば、キレイに剥がせます。和紙は水を使って剥がし、プラスチック障子はドライヤーを使って剥がしましょう。しかし、高級な和紙に張替えする場合は、素人ではキレイに障子を張り替えるのは難しいです。その場合は、プロに依頼して張り替えてもらいましょう。

障子張り替え業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms