更新日:2017/01/01
障子の張り方がわからない!方法を教えて!

障子の張り方がわからない!方法を教えて!

障子の張り方がわからない!方法を教えて!

雨の日こそ張り替えどき

障子を張り替えるのは湿気が多い日、つまり雨の日や梅雨の時期が適しています。なぜなら木は湿気を吸うと縮み、乾く時に膨張するからです。このため縮んでいる時に障子を張り替えると、乾いたときにピンと張ってとても綺麗に位上がります。天候の良い日に張り替える場合は、張り替え後に霧吹きで湿らせる方法もありますが、その際は霧吹きに対応する紙かどうか確認しておきましょう。

障子紙の剥がし方・張り方

障子紙剥がし液を木枠にたっぷりつけて、紙を剥がします。木枠が完全に乾いてから、障子張り用の糊か両面テープをつけましょう。初めての人は、スティック状の糊か両面テープが簡単でおすすめです。障子紙をマスキングテープで固定し、障子紙を張ったら余った端を適当に切り落としておきます。少し乾かしたら、完全に乾く前に綺麗に切り落としましょう。金属定規があると切りやすいですよ。

シワができてしまったら

障子紙の場合はシワやたるみができてしまっても、霧吹きで軽く湿らせておけば大丈夫です。乾けば自然とピンと張るので、無理に手で伸ばしたりしないようにしましょう。また、プラスチック製の障子紙ならこの心配もなく、丈夫で拭き掃除もできるのでオススメです。

最後に【業者に頼む場合の相場は?】

初心者でも15分ほどで張り替えができる作業ですが、子供がいてゆっくり作業ができない場合や、場所や時間が取れない人は業者に頼んでみましょう。一般的には障子1枚で2,500円ほどが相場のようです。柄つきやカラー紙もあるので、この際模様替えを兼ねて、ガラッとイメージチェンジするのも良いですね。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

障子張替えを検討するなら

一度プロの障子張替えをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください