網戸の開け閉めがうまくできなくなりました!どうしたらいいの?

網戸の動きが悪く、開け閉めがうまくいかなくて困る、そんな経験ありませんか?網戸がガタついてしまうと、隙間ができて虫が入ってきてしまったりして、もはや網戸として機能しなくなってしまうこともあります。早めに手をうっておいた方が良さそうです。今回は、網戸の開け閉めがうまくできなくなった時の対処方法をご紹介します。

更新日:2018/02/19
 
網戸の開け閉めがうまくできなくなりました!どうしたらいいの?

網戸の開け閉めがうまくいかない原因

網戸の開け閉めがうまくいかない原因は、網戸の戸車がうまく回らない、レールにゴミが溜まっている、網戸が傾いているなどが考えられます。そのまま放置すると、隙間から虫が入ってきて、網戸として機能しなかったり、網戸が外れてしまい、落下するなんて危険性もあります。早めに手をうっておきましょう。戸車、レールのお掃除方法と網戸の調整方法をご紹介します。

網戸の戸車とレールの掃除方法

網戸の戸車自体の動きが悪くなってしまったり、レールにゴミ、ほこりが溜まってしまうと、網戸の開け閉めがうまくできません。まずは、レールの掃除をします。掃除機で吸いとり、吸いとれないゴミ、ほこりは、綿棒や割りばしに布をまきつけたものや歯ブラシなどを使うと、綺麗に掃除できます。

戸車の方は、水で洗い流してあげましょう。潤滑油やシリコンスプレーを吹きかけるのはよくありません。一時、滑りが良くなるのですが、油なので、ゴミ、ほこりがつきやすくなり、その後悪化します。戸車も長年使っていると、傷んでくるので、戸車が回らない場合は、交換が必要です。

網戸の調整方法

網戸から少し離れて、網戸と枠を見て、網戸と枠が平行ではなく、隙間ができている場合は、戸車の高さ調整でどうにかなります。戸車の高さ調整は、網戸の左右両側の下の方にある2つのネジのうち、下側のネジを使って行います。2つのネジの上側のネジは、本体枠を止めているネジなので触らないでください。下側のネジを時計回りに回すと上がり、逆回りに回すと下がります。下側のネジも緩めすぎると、ネジが抜けてしまうので、緩めすぎないように気をつけてください。

この方法で網戸がピタッと閉まるように調整してあげましょう。網戸の動きも良くなるハズです。

最後に【 戸車の交換や自分で調整できない場合は… 】

網戸の開け閉めがうまくできなくなった時、戸車、レールの掃除や網戸を調整する方法で解決できます。戸車、レールの掃除は自分でできると思いますが、戸車の交換となると自分でやるのは難しいかもしれません。また、網戸の調整も自信が無いという方もいらっしゃるかと思います。そんな時は、専門業者の手を借りると良いでしょう。

価格やサービスを比較できるサイトがございますのでご活用ください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms