網戸の隙間から虫がはいってくるけど防ぐ方法はありますか?

エアコンがいらない時期になってくると窓を開けるだけで部屋の温度を調整できますが、窓を開けているとたまに虫が家の中に入ってきますよね。網戸をしているのに何で?と思う人もいると思いますが、実は間違った窓の開け方や網戸の歪みが原因とされています。今回はその原因と虫の侵入を防ぐ方法を紹介します。

更新日:2017/01/01
 
網戸の隙間から虫がはいってくるけど防ぐ方法はありますか?

網戸が歪んでいませんか

網戸は何年も交換などしませんし、長年の開け閉めを繰り返す事でだんだんと歪みが生じてきくるといわれています。素材がアルミで歪みやすいという事もありますが、その歪みによって生じる隙間から虫が侵入してきます。その隙間を防ぐ方法として網戸には高さなどを調整できるようなねじが下についていますのでそのねじを調整することで多少の歪みなどを緩和できます。しかしねじを回し過ぎて取れてしまうと調整できなくなりますので気をつけましょう。

窓と網戸の開け方を工夫してみよう

窓と網戸の開け方の工夫により虫の侵入を防ぐ方法があります。多くの家で窓を開ける場合、真ん中の窓を稼働させて調整すると思います。実はその方法だと少し窓を開けた時に、窓と網戸の間に多少の隙間が出来てしまうため、その隙間から虫が侵入してきてしまいます。

そうならない為には、真ん中の窓ではなく一番部屋内側にある窓を稼働させることで、窓と網戸の隙間は無くなり虫が侵入してこなくなります。

隙間を埋めるテープを貼ろう

どうしても網戸の隙間を埋める事が出来ない場合は、隙間テープを貼るという方法もあります。隙間テープは粘着で貼る付けるタイプですので、ほこりなどの粘着力が弱まるようなものはしっかりふき取っておきましょう。クッション性があるので少し分厚いぐらいがしっかり密着し虫の侵入を防ぐのでいいと思います。

隙間テープには2mと5mの2種類がありますが、いつか使うと思い長めの物を買っても劣化してしまう場合がありますので、必要な分だけ購入しましょう。

最後に【網戸の状態と窓の開け方を意識しよう】

虫を防ぐ方法を紹介しましたが、網戸が歪んでいる場合を除けば、窓の開け方を工夫することでかなり効果があると思います。いままでなんとなく窓を開けていた方も、少し意識するだけで虫の侵入を防ぐことができますので是非覚えておきましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms