更新日:2017/01/01

屋根のリフォームの内容を教えてください!

瓦屋根が地震に弱いのには理由があった

瓦屋根が地震に弱いのは、瓦が重いからではなく、実は施工方法に原因があります。昔の瓦屋根の施工方法は土ぶきと呼ばれる施工方法を用いていました。土ぶきとは瓦の下に葺き土を敷いて、その粘着力のみで瓦を支えていました。

釘などで打ち付けていないので年月が経つとともに粘着力が低下してくると、屋根の上を歩けばずれてしまったり、地震などで崩れてしまうのは仕方がないことなのです。

なぜ昔は、ぶき土だったのか

ではどうして昔の瓦屋根の施工方法が葺き土だったのか、今ではそんな簡単に落ちるような弱い施工方法は考えられないですよね。

実は昔の人たちのちゃんとした考えからこの施工方法が生まれました。地震がきた時に、瓦のような重たいものが乗っかっていると、家自体が潰れてしまい、中にいる人や、家財などが危ないので、地震の時に瓦を落ちやすくしておくと、家が軽くなり、中の人や物を守ることができるという考え方なのです。ですので瓦屋根が地震に弱いのは、意図的な考えの末の施工方法だったのです。

現在の施工方法はどうなっているのか

阪神淡路大震災が起きたことで、瓦屋根が地震に弱いと落ちてきたときに人に当たったりして危ないということになり、現在では施工方法が変わりました。 現在の施工方法は瓦の下地に横桟木を敷いて瓦の裏部分にある爪をその桟木に引っ掛け釘を打つ引掛け桟瓦葺き工法という工法になっています。

桟木と爪が引っかかっているので釘を打たなくても落ちることはありませんが、より強度を保つために釘を打っています。さらに最近では防災機能のついた防災瓦が主流になってきているので災害に対しての対策がしっかりとられています。

最後に【瓦屋根は地震に弱いのではなく弱くしていた】

上記でも述べましたが、瓦屋根が弱いのは、故意的な施工によるものです。特に施工不良とかではありませんのでご安心ください。

昔の考えは今では通用しないこともありますし、危険な目に合うかもしれませんので、自宅が、昔からある瓦屋根の家の人で少し気になる人は専門業者に相談してみてもいいでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

屋根リフォームを検討するなら

一度プロの屋根リフォームをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください