更新日:2017/01/01

瓦屋根は地震に弱いのですか?

屋根が老朽化してくるとどうなる?

屋根が老朽化してくると雨漏りの可能性が一気に出てきます。雨漏りしてくると最終的に、家が水浸しになってしまいます。そして気を付けておいてほしいのは、雨漏りによって住宅の建材などが濡れてしまいうと腐ってきたりします。

それが何年も放置され続けると住宅が劣化し、最悪の場合倒壊の危険性が出てきます。そのようにならないように、気になり始めたら屋根のリフォームを検討するようにしましょう。

ぶき替え工法

この工法の内容は屋根材の下地も一緒に撤去して、新たに下地から施工し直すというものです。このリフォーム方法のメリットとして屋根自体を丸ごと替えるので屋根の耐久性が上がり寿命が延びます。また下地からやり替えるので地震対策にもつながります。

デメリットとしましては、全てやり替えるので費用が高くなります。また工事の騒音が大きい、工事期間が長いなどもあります。しかし長期的な観点で考えるとメンテナンス費用がほとんどかかりませんので経済的になります。

カバー工法

この工法の内容は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねて施工するというものです。既存の屋根材の傷みが進行していなければこの工法を行うことができます。瓦屋根などの重量感のある屋根材にはより重くなってしまいますのでこの工法は向いていません。

このリフォーム方法のメリットとして既存の屋根材を撤去せずに行いますので、コストが安く、施工期間も短く済みます。デメリットとしては先ほどお話ししたように、施工できる屋根材に制限があることです。また下地の補修を行いませんので、耐久性については現状のままになってしまいます。

最後に【現状の屋根の状態を把握しましょう】

屋根の老朽化による被害はほっておくと大変なことになります。リフォームの内容も、屋根の状態により選べますので、リフォームを検討中の方は、まず現状の状態を把握するようにしましょう。素人から見てもわからないと思いますので、専門業者に相談してみることをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

屋根リフォームを検討するなら

一度プロの屋根リフォームをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください