屋根の寿命はどれくらいですか?

屋根が傷んでしまったら大変ですよね。雨漏りして、家自体がダメになってしまいます。日々、屋根の状態をチェックしてメンテナンスが大切になります。ところで、屋根の寿命ってご存知ですか?今回は、屋根の寿命についてお話しします。

屋根の寿命はどれくらいですか?

屋根の寿命は、まず、材質によってその長さは異なります。一般的な屋根材の寿命年数をご紹介します。トタン屋根で10年、スレート屋根で20~25年、ガルバリウム鋼板屋根で30~50年、洋瓦屋根で30~50年、日本瓦屋根で50~100年となっています。むろん立地や日当たり、雨水のはけ具合、風の影響等で、寿命年数は、大きく変わってきます。あくまで参考の目安にしてください。また、メンテナンス次第では、寿命を延ばすこともできるのです。

屋根の寿命を延ばすには、まず、屋根のチェック

屋根の寿命は、日当たり、雨水のはけ具合、風の影響などで大きく変わります。このため、定期的に屋根をチェックして、必要があれば、メンテナンス工事をしましょう。チェックポイントは、まず、塗装してある屋根は、塗装の剥がれやサビがないか確認しましょう。

スレート屋根なら、ひび割れや白っぽく色あせしていないか確認しましょう。瓦屋根なら、瓦のズレやひび割れがないか等です。怪しい所があれば、スグに専門業者に相談しましょう。

屋根の寿命を延ばすメンテナンスとは?

屋根に異常があれば、メンテナンスをお勧めします。具体的には、屋根塗装や、棟板金の交換修理、漆喰の塗り替え、瓦の部分交換、棟瓦の積み直しなどがあります。要は、塗装を塗り直したり、傷んだ部分を交換する工事です。

傷んだ所を修理していけば、屋根の寿命は、延ばすことができるのです。そのまま放置してしまうと、屋根だけでは済まず、雨漏りして、家自体が傷んでしまうこともあります。雨をしのぐ、大事な部分が屋根なので、しっかりメンテナンスをして、屋根の寿命を延ばしてあげたいものです。

最後に

屋根のメンテナンスは、専門業者にお願いするしかありません。みなさんができるのは、屋根のチェックまでです。何か異変があれば、早めに専門業者に相談しましょう。 ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms