更新日:2017/08/15
外壁塗装の色ってどうやって選んだらいいでしょうか?

外壁塗装の色ってどうやって選んだらいいでしょうか?

外壁塗装の色ってどうやって選んだらいいでしょうか?

外壁の色選び

外壁塗装の色の選び方は、自分の好きな色を選んだり、カタログの見本だけを見て選ぶような訳にはいけません。

塗った後は少なくとも10年ほどはそのままなので慎重に選ぶ必要があります。

家の外壁は経年劣化で必ず汚れがつくので、純白や黒など汚れが目立つ色は避ける、原色は劣化で古臭く見える、周囲の景観にも配慮する、2色の場合は調和の取れた色を選ぶなどの他に、色見本の見方にも注意が必要です。

失敗しない外壁塗装の色選びのコツ

外壁塗装の色を選ぶ前に、地域の市町村で「景観ガイドライン」が無いか確認しましょう。

例えば京都市には、外壁の色などに結構厳しいガイドラインがあります。

次に初めに色を決めるのでは無く、家のご近所を散歩などしながら地域に溶けこむ色を考えて行きます。

この時には晴れや曇りなどの天候、それに朝、昼、夕などの時間も意識しておきましょう。

天候や時間により外壁の色の見え方も変わってくるからです。

上手な色の見本の見かた

外壁塗装の色のイメージが出来たら、塗装をお願いする業者さんに色見本を見せてもらいましょう。

日本塗料工業会作成の見本を使う業者さんが多いのですが、住宅塗料メーカーが作った色見本の方が参考になります。

色には面積が大きくなるほど「薄く、明るく」、「鮮やかに」、「強調されて」見える特性があり、照明の種類やツヤなどでも印象が変わります。

出来れば大きめの色見本で選ぶのが上手な色の選び方です。

最後に【外壁塗装の業者さんも重要なポイント】

色見本や、パソコンでのシミュレーションのみで色をすすめる業者さんでは無く、実際に塗装したお宅の見学、試し塗り、塗装工事中の確認などに対応してもらえ、更に雨樋や雨戸などの小物にも気をつかう信頼できる業者さんを選びましょう。

業者さん選びが外壁の色の選び方の最大のポイントかもしれませんよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

外壁塗装を検討するなら

一度プロの外壁塗装をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください