更新日:2017/08/15
外壁塗装のウレタンとシリコンの違いってなんですか?

外壁塗装のウレタンとシリコンの違いってなんですか?

外壁塗装のウレタンとシリコンの違いってなんですか?

ウレタン塗装とは

ウレタン塗装とは光沢のある膜を作るので、全体的に高級感ある仕上がりになります。

また、ウレタン自体も弾力性に富んでおり、ひび割れがしにくくなっています。

耐薬品性に強い為に工場などにもよく使用されていることがあります。ウレタンは自力よりも安価な為に低コストで施工が可能です。

デメリットとしては、耐久年数が6年~7年ほどでシリコンより低くく、また紫外線に弱く塗装後の劣化もシリコンより劣ります。

何度も塗り替えを好む方にはオススメかと思います。

シリコン塗装とは

シリコン塗装とは塗装面に薄いコーティング膜を作るために雨や泥などの汚れに強く長期間維持できます。

デメリットでもありますが、ウレタンより高額な為に低コスト向けではないですが、10年程度の長期間の耐久性があるので、何度も塗り替えを考えなくて済みます。

デメリットとしては、DIYを好む方には扱いにくい素材でプロでも仕上がりが難しく、仕上がりを求める方にはオススメは出来ません。

外壁塗装の前のチェック!

外壁塗装を考えている方に、専門業者に依頼前に簡単に自分でチェックしてみましょう。

外壁を触ってみて、手のひらに塗料が付きますか?

建物のタイプにもよりますが、外壁の目地(めじ)という外壁の継ぎ目の部分にシーリングという弾力性のある素材が使われており、その部分を触るとボロボロと落ちてきませんか?

この2つだけ確認してみてください。

手のひらに塗料が付着したり、ボロボロ落ちてくれば、そろそろ外壁塗装の塗り替え時期だと考えられます。 一度、確認してみてください。

最後に【外壁塗装と一緒に】

外壁塗装をする際には、高い場所などの作業をする為に足場という建物を覆うように塗装時に作業しやすくするための工事があります。

これは職人の安全性や近隣に塗料が飛散しない為にもあるのでどうしても掛かってしまう工事です。

町中で建物を覆うシートを見たことがないでしょうか?それが「足場」です。その為に、どうせするなら屋根のメンテナンスも同時にすることをオススメします。

次回、屋根だけの工事に、また足場を組む費用を考えると相談してもいいと思います。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

外壁塗装を検討するなら

一度プロの外壁塗装をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください