ふすま本体の骨が折れています。修理できますか?

小さなお子さんがいると、ふすまに穴を開けたりなんて事もありますよね。遊んでいて、ふすまの紙を剥がしてしまったり、本体の骨を折ってしまったりすることが、あると思います。ふすまの本体の骨が折れてしまった場合は、修理が出来るか不安ですよね。今回は、ふすま本体の骨が折れてしまった時の修理方法をご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

ふすま本体の骨って、どんなふすまにもある物ですか?

ふすまには大きく分けて2種類あります。本ふすまと板ふすまです。本ふすまには、本体の骨があり、外枠が外せます。しかし、板ふすまには、本体の骨はありません。

板ふすまは、合板や発泡スチロールやダンボールなどの下地で支えています。本ふすまのように外枠は、はずせませんので本体の修理には向きません。

本ふすまの構造って、どうなっているのですか?

本ふすまを修理するにあたり、本ふすまの構造を簡単に、ご紹介します。本ふすまは、木製の枠の中に縦横に本体の骨が入っていて、四つ角には、補強の小さな板が入っています。

この本体の骨組を、下ばり紙、茶チリ、ふすま紙の3種類の紙で覆っています。外回りを上縁、下縁、縦縁という枠でおさえて出来ています。

ふすま本体の骨の修理方法 

ふすま本体の骨を修理するには、まず、外回りの枠を外します。縦縁の上部に布などを当てて、カナヅチで下方向に叩くと外れます。縦がとれると、上下も外れます。引手の所は、クギで留めてあるので、釘を抜きます。枠が外れたら、紙を全て剥がします。

骨組みがあらわになりますので、折れた本体の骨をボンドなどで接着します。ボンドが乾いたら、新しい紙を貼って、引手、枠を戻します。

最後に 【修理出来るのは本ふすま】

他のふすまの場合は、本体が壊れたら、交換になります。また、本ふすまでも、本体の骨が折れた数や位置により、修理できない場合もあります。自分でやるには自信がない方や、判断がつかないなんて場合は、専門業者に見てもらった方が良いかもしれません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms