更新日:2017/01/01

和室をフローリングに自分できますか?

和室をフローリングに自分でやるには何が必要なの?

自分で、和室を憧れのフローリングに変えるには、まず、工具が必要です。電動丸ノコ、インパクトドライバー、水平器、カッター、ハンマーなどです。このうち、電動丸ノコとインパクトドライバーは、よほど、DIYが好きな方でないと、お持ちでないと思います。

のこぎりとドライバーでもできますが、かなりの時間と根性が必要です。覚悟を決めてやらないと難しいです。これに、材料となる、角材、合板、薄ベニヤ、スタイロフォーム、細ビス、フローリング材、ボンドなどが必要です。

自分で和室をフローリングに!~ステップ1~

自分で和室をフローリングにするステップ1としては、畳の処分と下地作りです。まずは、畳を処分しなくてはいけません。市区町村で確認して、粗大ごみの持ち込み等で処分します。さあ、下地作りですが、まず、角材を床に等間隔で並べて、角材と角材の間に断熱材のスタイロフォームをカットして入れます。

隙間があれば、スタイロフォームの切れ端を入れて隙間の無いようにしましょう。その上に合板を敷くのですが、水平器で測って、水平になるように、カットした薄ベニヤを入れます。水平になったら、合板と角材をビスで留めます。これで下地の完了です。

自分で和室をフローリングに!~ステップ2~

さあ、いよいよ、フローリング材を貼ります。フローリング材は、ピッタリはまるように、側面が凸凹になっています。手前側に凸がくるようにして、床にボンドを塗り、フローリング材を敷きます。2枚目のフローリング材を用意し、床にあらかじめボンドを塗って、2枚目のフローリング材を1枚目の凸にはめこみます。

フローリング材を傷めないように、木材を当てて、ハンマーで叩き、しっかりとはめこみます。これの繰り返しです。最後の端っこは超難関です。

最後に

自分で、和室をフローリングにする方法をご紹介してきましたが、実際には、隣の部屋との高さを調整したり、各材料もピッタリの大きさにしなくてはいけないとか、よほど、DIYが好きな人でないと、大変です。そもそも、工具、材料も揃えなければならないので、DIYが趣味の人でなければ、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

フローリング張替えを検討するなら

一度プロのフローリング張替えをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください