更新日:2017/04/21

リノベーションとリフォームの違いってなんですか?

リノベーションとリフォームの違い

建築で言うリノベーションは、建物が持つもともとの価値以上の、新たな付加価値を付けることです。

そして、リフォームは老朽化した建物を当初の状態に戻すことです。

国土交通省によれば、リノベーションは新築時の目論見とは違う次元に改修すること、リオフォームは新築時の目論見に近づくように復元するとしています。

リノベーションとは、大規模な改修を行い建物の用途や機能を変更して価値をより高めることですね。

リノベーションとは?

具体的には、リノベーションとは、修復を意味し、従来の建物に大規模な工事(骨組みだけ残して間取りを変える工事など)を行い、新築時+αを目指すもです。

例えば、より高いデザイン性を目指したり、耐久性や耐震性を高める修復や広々としたダイニングキッチンに間取り変更などがリノベーションにあたります。

リフォームとは?

リフォームは、古くなった建物を新築に近い状態に戻すことで、例えばマンションなどで入居者が引っ越した後に、その入居者が住む前の状態に戻すことで、壁紙の張替やキッチンや浴室の設備交換などをさし、リノベーションと比べればより小規模な工事と言えます。

リフォームは悪い状態からの復元を意味する言葉です。

最後に【リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの境界をはっきり引くのは難しいかもいれませんね。

リノベーションの方が比較的大規模な工事になることを覚えておいて下さい。

昨今は、リノベーションを前提に中古住宅の購入を検討される方が増えましたが、住宅の構造によってはリノベーションができないこともあるので十分な注意が必要です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

建築設計を検討するなら

一度プロの建築設計をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください