ウォシュレットの取り付けって自分で出来ますか?

最近はウォシュレットが普及して自分の家で使う人も増えてきましたね。しかし、もし故障したり新しく設置したりする時は、ウォシュレットの取り付けを行う必要があります。購入した店舗によっては取り付けをしてもらえることもありますが、自分で取り付けをしなければならないこともあります。ウォシュレットの取り付けは自分でできるのかについてご紹介します

更新日:2017/04/20
 

自分で取り付ける場合

ウォシュレットの取り付けは難しそうなイメージがありますが、自分で取り付けをしている人も少なくありません。

説明書はもちろん、インターネットで調べると取り付け方についての情報がたくさん出てくるので、それらを参考にしてみるといいでしょう。

また、取り付けに必要な金具類などは購入したウォシュレットについてくることも多いので、1度やってみるといいかもしれもせんね。

その時は水漏れ防止のため、水道の元栓をしめることだけは忘れないようにしましょう。

取り付けが上手くいかない時

自分でウォシュレットを取り付けてみようと思っても、説明書に載っているトイレと構造や止水管の様子が違ったり、水道管との接続部分が上手くいかなかったりする時もあります。

取り付けが上手くいかずに水が漏れはじめてしまうと、最悪下の階まで漏水してしまうこともあり、被害額が高額になってしまう可能性があります。

ですから、自分でウォシュレットを取り付けることが難しいなと思ったら、専門業者に頼むことをおすすめします。

専門業者の選び方

ウォシュレットの取り付けを行ってくれる専門業者はたくさんあります。だからこそ、どうやって選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そんな時は、ホームページや比較サイトなどで料金やサービス内容、口コミなどを調べてみるといいかもしれません。業者によって対応できるメーカーや機種に違いがあったり、工事保証をつけてくれたりするところもあるので、自分で調べたことを参考に取り付け作業をお願いする専門業者を選ぶといいでしょう。

最後に【安心してウォシュレットを使うために】

ウォシュレットは毎日使う人も多く、私たちの日常生活にとって欠かせないものになりました。

ウォシュレットの取り付け作業は確実に行って、安心して使い続けたいですよね。

ウォシュレットの取り付けが自分だけでは上手くいかずに困ったり悩んだりしている方は、ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms