ウォシュレットの取り付けをしてくれる業者っていますか?

公共施設でさえ和式から洋式に代わりウォシュレットがついているところも増えてきました。もはや日本文化の一部といってもいいくらいです。ウォシュレットも様々な種類があり、価格も安くなり手の届きやすくなりました。やはり一家に一台欲しいものですよね。ウォシュレットを買っても取り付けてくれる業者はいてるのでしょうか?今回はウォシュレットを取り付けてくれる業者についてご紹介します。

更新日:2017/04/10
 

どんな便器でもウォシュレットを取り付けができますか?

正直なところ、どんな便器でもウォシュレットを取り付けることはできない場合があります。

失敗しないためにはまず、ウォシュレットを取り付けるには今お使いになられている便器の種類を確認しましょう。

洋式便器や和式便器のタイプにもさまざまあり、またメーカーによって取り付けできないモノもあります。

便器のメーカーも確認する事も良いでしょう。

メーカー名は便器の水を貯めるタンクという部分に記載されていることがよくあります。一度確認してみましょう。

また、もし確認できるならメーカー名以外に英数字が書かれた文字が確認できればメモなどしておくと、どのタイプのウォシュレットを取り付けられるか確認することができます。

ウォシュレットを取り付ける時の注意点

ウォシュレットを取り付けるには、もう一つ気を付けなければならないのことがあります。

知っていますか?ウォシュレットは家電の分類になります。家電という事は電気が必要になります。トイレ内にコンセントがあるのかを確認も忘れずにしておきましょう。 コンセントがなければ元も子もありません。

それも便器の種類を確認するときに、一緒に確かめるといいでしょう。

取り付けてくれる業者はどこに頼めばいいでしょうか?

ここまでくれば後は、ウォシュレットを取り付ける業者を探すだけではないでしょうか?

一番、手っ取り早い方法があります。ウォシュレットは『家電』です。

そうです、お近くの家電量販店に取り付けを依頼する事ができます。

家電量販店ならではのポイント制や価格値下げによるウォシュレット購入もできるかもしれません。

インターネットで購入したウォシュレットならもちろん、それ以外にも工務店などに取り付け依頼はできます。

気軽にお願いできそうなところを選んでみてはいかがでしょう。

最後に【ウォシュレットを取り付けたら】

ウォシュレットの取り付けが出来たら完了ですが、やはり一日も長く使用していたいですね。

やはり日々の手入れはこまめにしましょう。

手入れの仕方は説明書に記載されていますので、よく確認して間違った方法で手入れしないように気を付けましょう。

ほっとラインでは、ウォシュレットの取付業者の料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事