エアコンの取り付けって自分で出来ますか?

荷物が少ない単身の引越しだと、トラックを借りて、自分で引越ししてしまう、という方は多いのではないでしょうか?荷物を運ぶだけなら、簡単なのですが、家電の取り外し、特にエアコンの取り外しを自分でやるのは、難しいです。ここは、エアコンの取り外し及び引っ越し先へのエアコンの取り付けは、専門業者に依頼することをお勧めします。

更新日:2017/01/31
 
エアコンの取り付けって自分で出来ますか?

なぜエアコンの取り外しが難しいのか?

エアコンは、室内機と室外機セットでエアコンです。室内機と室外機はホースでつながっていて、その中には、冷暖房するために欠かせないガスが入っています。このガスが漏れてしまったりすると、機能が落ちたり、故障の原因にもなりかねません。

また、エアコンは精密機械でもあるため、取り外しの際に壊してしまっては元も子もありません。それに、エアコンの室内機は通常高い所に設置されていますので、脚立に上っての作業は危険を伴います。以上の理由から、よほどDIYに慣れている方以外は自分でエアコンを取り外すのはお勧めしません。

エアコンは、取り外したら、取り付けしなくてはならない

エアコンを取り外したら、引越し先に取り付けしなくてはなりません。エアコンの取り付けは、取り外しよりも難しくガスの充填が必要だったり、専門業者でないと難しい作業です。自分で取り外し取り付けてエアコンのガスが漏れていて、そのまま使っても全然冷えないので専門業者に見てもらったら逆に高い修理代が掛かってしまいます。どうせ専門業者に頼むのなら、はじめから、取り外しと取り付けのセットで頼んだ方が安心なのです。

エアコンの取り外し、取り付けの料金の確認を!

エアコンの取り外し、取り付けを専門業者に依頼する場合で、気をつけなくてはいけないのが、料金の確認です。専門業者のサイトなどで格安の料金を掲げている業者もありますが、実は、基本料金のみで実際に取り外し取り付けに必要な細々した作業などがオプション設定されており、別料金がかかり当初の予算を大幅に上回ってしまうこともあります。依頼する際に詳細な見積もりを取り、確認することをお勧めします。

最後に

一般的にエアコンの寿命は10年前後といわれていますが、古い機種は電気代が多くかかります。また、引越し先の部屋の広さに合わせてエアコンを買い替えた方が良い場合などもございます。エアコンの取り外し、取り付けにかかるコストと新品のエアコンにするコストを長い目でみて比較することも必要でしょう。また、シーズンにより、業者のスケジュールが混んでいたり、料金が違ったりします。エアコンが活躍する夏、冬に依頼する場合は、早めの検討をお勧めします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事