更新日:2017/01/01
草取りのコツはありますか?何か専用の道具がでていますか?

草取りのコツはありますか?何か専用の道具がでていますか?

草取りのコツはありますか?何か専用の道具がでていますか?

草取りのコツは?

草に関してちょっとだけ知っていると、後々の草取りを楽にすることができます。草は地面から3㎝内外での生育が著しいと言われています。そのため草を刈る時はできるだけ、地面に近いところから刈るようにすればいいのです。

そして前に進行しながら刈っていきましょう。後退しながらだと、刈った草と土が混ざってしまい、あとで草を仕分けるのが面倒になります。

便利な道具

ねじり鎌が長くなった様なものです。ポールが伸縮するので、どんな人にもぴったりの長さに調整できます。雑草をかき取ったり、先端で土を掘ったりできるので、これを一本持っておけば根強い雑草を刈ることもできます。

鎌は茎の根元を刈るため、雑草が早く再生するのに対し、三角ホーは土の中の根から刈れるので、再生が遅く綺麗な状態を長く保てます。大体3,000円未満で購入できます。

狭いところは伸縮性の道具にお任せ

三角ホーに比べて、狭いところや入り組んだ場所で使うのに向いています。柄の長さが110センチあり、立ったままでも作業できます。ノコギリ鎌に似ていて230gととても軽く、三角ホーのほぼ半分の重さです。片手でも小回りが利き、波歯が草をしっかり掴むので、手早く刈ることができます。こちらも土の中の根から刈ることができます。大体2,000円未満で購入できます。

最後に【草取りの心得】

草取りは、雨上がりの地面が緩んでいる時期がベストです。1日仕事なので、水分補給や日よけ対策はしっかり行いましょう。体力は少なからず消耗するので、気分だけでも良く作業できる様に音楽をかけたり、休憩時には美味しいお菓子を食べたりして、根詰めずリフレッシュしながら行うのがポイントです。草取りの後は、刈った草を捨てるのも作業のうちです。体力的にしんどい場合は、ゴミも片付けてくれる専門業者を選ぶといいでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

草取り(草むしり)を検討するなら

一度プロの草取り(草むしり)をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください