更新日:2018/01/09
キッチンの消臭は重曹とお酢があればできる!?簡単なやり方【公開】

キッチンの消臭は重曹とお酢があればできる!?簡単なやり方【公開】

キッチンの消臭は重曹とお酢があればできる!?簡単なやり方【公開】

いつも使っているキッチンがなんだか臭う…!?
生ゴミからよく臭うと聞くけど生ゴミも置いていない…
キッチンの臭いの原因は生ゴミだけではないんです。

毎日使用している「キッチンの排水口」や「換気扇」や「ガスコンロ(IHコンロ)」
からも臭いがするんです。

そんな時はお酢と重曹があればキッチンの消臭ができます。
方法さえ知れば簡単なのでキッチンの嫌な臭いを解決しましょう。

キッチンの臭いは生ゴミだけじゃない!

キッチンの臭いは生ゴミだけじゃない

キッチンから嫌な臭いがする!?
生ゴミも無いのになぜ?臭いがするのでしょうか?

普段料理をする時に使うキッチンだからこそ、衛生的に臭いがすると
気になりますよね。

ではどこから臭いがするのでしょうか?
それはキッチンの排水口や換気扇やガスコンロ(IHコンロ)から
臭いが発生しています。

その中でもキッチンの排水口から臭いがすることが多いようです。
料理で使用する食材を洗ったり、食べた後の皿などを洗う流し台の
排水口から臭いがしています。

特に食べた後の皿などを洗うと、食べ残しなどが排水口に流れていきます。
あまり大きなモノが流れないように排水口の入り口にはカゴやネットを
取付けている人も多いと思います。

それでも細かな汚れはどうしても排水口へ流れてしまいます。
その汚れが排水口の配管内にこびりついて蓄積し嫌な臭いとなる原因となります。

キッチンには臭いを抑える「トラップ」という仕組みがありますが
トラップ自体にも汚れが蓄積されるとやはり嫌な臭いがします。

また、洗い物をする時に使うスポンジなども汚れが徐々に蓄積されて
嫌な臭いを発生していることもあります。

排水口の嫌な臭いを放置すると逆流してくるので注意

臭いの原因はキッチンの排水口の蓄積された汚れだと分かりました。
でも、臭いとなる汚れをそのまま放置をしておくとどうなるのでしょうか?

排水口内の汚れがドンドン蓄積されていくと、汚れにより水の流れが悪くなり
「詰まり」の原因となってしまいます。

そうなると排水口の水が流れなくなるどころか、逆流してしまいます。
逆流すると今までの汚れが一気に広がり臭いと共に排水口から充満してきます。
衛生的にもよくありませんよね。

そればかりか、詰まりが原因で排水配管が破裂したりして漏水すると
キッチンだけでなく床などの修繕工事をしなければならない恐れがあります。

そうなると、臭いだけの問題では無くなってしまいます。
そうなる前にきちんと対処して置きましょう。

キッチンの排水口がキレイな場合の原因は?

キッチンの排水口がキレイな場合は、排水口の近くによく置いてあるスポンジから
臭いが発生していることがよくあります。
しかし、それ以外にも意外と知らない所からも臭いが発生しているのです。

それは、ガスコンロ(IHコンロ)や換気扇から臭いが発生しています。
どちらも普段料理に使用します。

特に油を使う料理などで周りに飛散したり、換気扇が煙などを吸い込むと
換気扇内で油汚れなどが蓄積されて臭いの原因となります。

また、ガスコンロ(IHコンロ)も同様で目に見えない油汚れが
周りに徐々に蓄積して臭いを発生しています。
他にもグリルで魚料理をした時もグリル内で油が飛散して蓄積して
臭いを発生することもあります。

同じく料理をする時に使う調理スペースも表面上は綺麗に見えていても
臭いが染みついていることもあります。

キッチンの排水口を消臭する方法

臭いの元が分かれば、今度はその臭いを消す消臭方法を知っておきましょう。

一番消臭したいところは、日常生活で一番使用する頻度の高い
キッチンの排水口からの嫌な臭いですよね。

キッチンの排水口を消臭するには掃除しかありません。
今回は2種類の消臭方法をご紹介します。

お家にあるもので掃除

用意するもの
  • キッチン用中性洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • 古歯ブラシ

手順1. 中性洗剤で洗う

ゴム手袋を装着しキッチンの排水口カバーを洗剤とスポンジで洗います。

手順2. ゴミ受けも洗う

排水口のゴミ受けにネットが付いていたら外して洗剤で洗います。
ゴミ受けは古歯ブラシで擦ると目に詰まった汚れが取れやすくなります。

手順3. 排水口トラップを外して洗う

ゴミ受けを取ると下にあるのが排水トラップのフタです。排水トラップを掴み
左に回すとロックが外れるのでそのまま持ち上げて外します。

排水トラップも洗剤とスポンジで洗います。

手順4. 排水口の中も洗う

手が届く範囲でスポンジと古歯ブラシを使い洗剤で洗います。
最後に洗い流して元に戻したら完了。

    

重曹とお酢で掃除

次にご紹介するのは重曹とお酢を使ったキッチンの排水口掃除の手順になります。

用意するもの
  • ゴム手袋
  • 古歯ブラシ
  • 重曹
  • お酢

手順1.重曹で洗う

排水口のフタとゴミ受けはを重曹と古歯ブラシで擦り洗いをする。

手順2. 重曹とお酢を入れる

重曹をゴミ受けがない状態でたっぷり振りかけます。下の排水トラップが
見えなくなるくらい振りかけてから、お酢を回し入れます。
シュワシュワしてきたらお酢はOKです。

手順3. 30分程放置して洗い流す

そのまま30分放置する。時間がない時は最低5分は放置しましょう。
あとはお湯をかけてお湯で重曹とお酢を流して完了。

    

スポンジから臭いがする時は普段使用している食器洗剤に除菌効果のあるモノ
選びましょう。また、スポンジ自体に汚れが目立つものは思い切って交換することを
おススメします。

家にあるモノでキッチンの消臭する方法

家にあるモノでキッチンの消臭する方法

市販されている洗剤には種類が沢山あり、どれが効果的なのかわかりませんよね。
市販されている洗剤だけが消臭方法ではありません。

実は「重曹」や「お酢」に消臭効果があるのです。

重曹

重曹は今話題で掃除などでもよく使われていますが、掃除以外にも除菌効果があったり
消臭すこともできるのです。いわゆる万能薬のような存在とも言えるでしょう。

重曹はお湯や水と混ぜて重曹水としてから霧吹き容器に入れて気になる臭いの部分に
散布しておくと臭いの抑制効果があるのでお試しください。

ガスコンロや換気扇といった油汚れからなる臭いの原因部分は部品を外して
浸け置きする事で汚れが落ちるだけでなく、除菌効果もあり臭いを取り除く
こともできます。

取り外せれない部分に対しては先ほどの、重曹水を気になる部分に散布して
しばらく放置してから拭き取ると汚れが綺麗に取り除くことができます。

綺麗になった部分にもう一度散布して、軽く引き取れば除菌効果と臭いの抑制効果
もなります。一度、試してみてはいかがでしょうか?

用意するもの
  • 重曹
  • 空のスプレーボトル

手順1. 重曹と水を混ぜる

空のスプレーボトルに重曹小さじ2杯と水200mlを入れてフタをして振って混ぜて完成。準備できるならぬるま湯のほうが重曹がすぐに溶けますよ。

    

お酢

お酢も臭いを分解する効果があることはあまり知らていませんが
特に三角コーナーなどに置かれている生ゴミポケットなどのプラスチック製品に
染みついた臭いに対して強いんです。

まとめ

キッチンの流しやガスコンロ、換気扇といった部分の臭いを一つ一つ消していると
時間がかかるだけでなく手間もかかって大変です。

ましてや、蓄積された汚れからなる臭いを消臭するにはなかなか難しいと
思っていませんか?

そういう人は一度プロのクリーニングを試してみるのも一つの手ですよ。

しかしハウスクリーニングで排水口の中までは消臭することができません。
そんな時は配管掃除には別のプロがいます。プロに配管洗浄を依頼すると蓄積した汚れを
高圧洗浄で洗い流してくれますよ。

ほっとラインでは、ハウスクリーニングはもちろん配管洗浄のプロもいます。
料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので
ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください