更新日:2017/01/27

古木を切る時は、お祓いをしたほうがいいて聞いたんでがホントですか?

どうしても切らなくてはいけないか?

その古木、どうしても切らなくてはいけませんか?隣家に迷惑をかけているとか、自分の家の日当たりが悪くなってしまっているとか、葉っぱが雨といにつまってしまうとかの理由で切ろうと思っているのだと思いますが、剪定をして、枝をはらうという選択肢もあります。剪定であれば、古木を切る時のお祓いが必要かについて悩まずに切れるのではないでしょうか?

古木を伐採というコトになってくると、命を絶つことになります。木も生きているのです。古木を根こそぎ切る必要があるのか?もう1度考えてみましょう。

やはり、古木を切るという場合

考えた結果、やはり、古木を切るという場合、お祓いした方が気持ちの上でスッキリすると思います。もちろん、お祓いをしないと、祟りがあるとは限りません。ただ、長年生きてきた古木を切るのですから、「ご苦労様でした。」の気持ちと作業の安全祈願のためにお祓いしておいた方がいいと思います。

人間、お祓いをしなかった事で、その後に起きた悪いコトをスグに結びつけたがるものです。少しでも気になったという事は、あなたがその後、気にしてしまう可能性が高いと思うので、古木に感謝と作業の安全祈願のため、お祓いをする事をおすすめします。

お祓いの仕方

自分の気持ちの上で安心したいのなら、ご自身で塩とお酒と榊を用意して、ご自身でやる方法もありますが、業者に依頼して古木を切る場合だと、業者の方がやってくれるケースもありますし、神主さんを呼んで正式にとり行う場合もあるようです。

この場合、神主さんへのお礼も業者の方だと把握していらっしゃいます。地域によって、また、お祓いの仕方によってお礼の額も変わってくるので、あらかじめ、確認が必要です。

最後に【やはり、切るのはプロにお任せ】

古木を切る時のお祓いをした方がいいのか?についてお話ししてきましたが、古木を根こそぎ切るとなると、素人には、危険すぎます。また、お祓いについても、業者の方にお任せした方が安心していられます。古木を切ること自体、専門の業者さんにお任せする事をおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の抜根を検討するなら

一度プロの庭木の抜根をお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください