楽に草抜き出来るコツはありますか?

一軒家を持つと、どうしてもやらなければならない草抜きですよね。しゃがんで長時間の作業は大変ですし、夏であれば体力も消耗して大仕事です。これが楽にできるコツがあったら、ぜひ知りたいですよね。 今回は楽を通り越して、草むしりしなくてもよくなる方法もご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

草抜きをするタイミング

雑草は根っこから取り除かないことにはすぐ再生します。普通に草抜きをすると、ブチっとちぎれてしまうことがありますが、雨上がりに行うとスルッと抜けて、無駄な力も使わずに済みます。雨のタイミングに合わせられない時は、地面に水分が浸透して、土が柔らかくなるまで水を撒くといいですよ。

草抜きを楽にするコツとは?

スポット的な場所に向いている方法ですが、海水と同じくらいの塩分濃度の塩水を撒くと、雑草を枯らす効果があります。あとはご飯の支度時に出た、茹で汁を撒く方法もあります。表面上の雑草は枯らすことができますが、根っこまでの除草となると難しいでしょう。熱湯をかけると土壌細菌も殺してしまうので、あとあと肥料をやって植物を育てても育ちにくくなるので気をつけましょう。

草が生えないようにするためには?

コストは多少かかりますが、芝生や防犯砂利を敷くという方法もあります。コンクリートで覆ってしまう人もいますが、これは熱を反射して家の周りの温度が上がるので、できれば避けたほうがいいかと思います。

手頃な価格で少し時間をかけもいいのであれば、防草シートがいいいでしょう。黒いシートで日光を遮断することで根っこから根絶し、長期間生えてこなくなります。土壌を保つため、透水性があるものを選ぶようにしましょう。

最後に【大変な草抜きは、業者へ依頼してみよう 】

業者へ依頼する場合、現地見積もりが必要ですので多少実行するまでに時間がかかってしまいます。しかしプロに依頼すると見違えるくらいキレイにしてもらえますよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms