エクステリアとは何ですか?

最近ホームセンター等でエクステリアという言葉をよく目にします。エクステリアとは何なのでしょうか?辞書を調べるとエクステリア(exterior)は、「住居の外側、外観や門扉、塀、車庫などの屋外構造物、外構え」とあり建物の外観全体を示しています。今回はエクステリアについてご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

地域の景観にまで繋がるエクステリア

エクステリアは少し前まではお隣や道路の境界に境界を設け.囲う工事の意味で外構工事と呼ばれ防犯や目隠しなどの機能とコストを重視したものだった訳ですが、最近は外観を含め敷地全体にこだわりをもつ方が増え、単なる境界線の工事ではなく全体を意識した空間設計のニーズから生まれた言葉です。インテリア(屋内デザイン)⇒エクステリア(周囲の空間デザイン)⇒ランドスケープ(地域の景観)の関係ですね。

エクステリアの重要性

門、車庫、塀、垣根、植栽などの構造物(外構)と空間や環境を装飾性を強く意識してデザインするエクステリアは、住まいの価値観を高め、帰宅した時の安らぎ、家族や近隣の方々とのふれあいなどを演出します。現代では、地域全体の景観にも繋がる、理想の住まい実現に欠かせない大切なもになってきています。

上手なエクステリア

エクステリアのコンセプトとしては、塀などの建物を囲み、防犯やプライバシーには安心感がありますが閉鎖的なクローズデザインと、囲みが無く開放感があり狭い土地に有効なオープンデザイン、両者を折衷した「セミオープン・セミクローズデザイン」などがあります。

エクステリアを上手に演出するためには、ゾーニング(外構の配置)、室内からの見え方、防犯とデザインのバランスの三つがポイントになっています。

最後に【エクステリアをお願いするときは】

エクステリアを業者に依頼する時には、建物や街並みを考慮し生活に便利な機能やデザイン、そしてコストバランスなどの専門知識をもった業者さんにお願いしましょう。事前の相談やそれにもとづいて提案される資料(外観図など)を元に、納得するまで相談に乗ってくれる業者さんだと安心ですね。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms