ウッドデッキを取り付けたいと考えているんですが、メンテナンスなどが心配です。

ウッドデッキがあるお宅っていいですよね。なんか家が広くなった感じもしますし、なんといっても、開放感がある、オープンエアーの中で、お茶したり、BBQしたら素敵な時間が過ごせそうですよね。でも、ちょっとメンテナンスが心配と思う人も多いのではないでしょうか?今回は、ウッドデッキを取り付けた時のメンテナンスについてご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

ウッドデッキのメンテナンスをしないと、どうなっちゃうの?

ウッドデッキのメンテナンスって何をしたらいいんでしょう?また、メンテナンスしないとどうなっちゃうのでしょう?まず、ウッドデッキを取り付けて、何もメンテナンスをしなかったら、床板がささくれたり、割れてしまったり、腐ってしまったりして朽ち果ててしまいます。また、床板が反ってクギが浮いてしまったりして危険です。このようなことにならないようにするには、日頃のメンテナンスと定期的なメンテナンスが必要なのです。

日頃のメンテナンス

日頃のメンテナンスとして、床にたまった砂ぼこりを掃きとったり、床板の隙間に入りこんだゴミや砂ぼこりを取り除いてあげましょう。さらには、デッキブラシで洗ったり、モップをかけて掃除をしましょう。砂ぼこりが溜まっているのを放置すると、水はけが悪くなり、湿気が溜まり、床板が腐ったり、ささくれてたり、割れたりしてしまいます。

ウッドデッキも、お部屋と同じように、キレイに保つことが重要です。日頃のメンテナンスでウッドデッキの寿命も長くなります。あと、鉢植えを置く場合、ウッドデッキの床に水が溜まらない工夫が必要です。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンスとしては、塗装です。塗装の仕上がりを良くするには、塗装前の掃除と下準備が重要になります。ゴミ、砂ぼこりをキレイに取り除き、その後、サンドペーパーなどで磨き、ウッドデッキをなるべく滑らかにしましょう。また、板が反ってしまったり、クギが浮いてしまったりしている所は直しておきます。ウッドデッキを水洗いした後、よく乾燥させてから、オイルステインという塗料を塗ります。3度塗りするといいそうです。また、1回塗った毎、1日かけてよく乾かして3度塗りしましょう。

最後に(ウッドデッキのメンテナンスは手間ひま掛かります)

ご紹介してきた通り、ウッドデッキを取り付けたからには、それなりの手間ひまが掛かります。日頃のメンテナンスはできると思いますが、定期的なメンテナンスは時間も労力も掛かります。時間がとれないとか、自分でやるのは心配と思われる方は、専門業者の力を借りるのもいい手でしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /