更新日:2017/01/01

自分で植木・生垣の刈り込みってできるの?

植木・生垣の刈り込みをしなかったら?

植木や生垣の刈り込みは自分ですることはできますが、体力がいるので特に女性の方はしんどいかもしれません。しかし刈り込みを行わずに放置していると、どんどん植木などが成長してきます。そうなってしまうと、自分で作業することは困難になりますし、ほかにも植木・生垣の植物が家を覆うようになってくると外部から全く見えなくなりますので防犯上もよくありません。ですので、できるだけ自分で出来る範囲の間に刈り込みをするようにしておきましょう。

植木・生垣の刈り込み方法

それでは実際に植木・生垣の刈り込みする方法(やり方)を紹介してきたいと思います。道具は刈り込みバサミをしようします。刈り込みバサミで刈っていくのですが、まずは側面の方から刈り込みを行います。側面を刈り込む際には下から上に刈り込みを行ってください。次に天部ですが、水平に刈ると見栄えがよく見えますので、水平に糸を張るなどして目安を作ることで水平に刈り込みしやすくなります。

自分で行う際に気を付けるポイント

自分で植木・生垣を刈り込む際に気を付けるポイントとして、刈り込みバサミを使用する時は両手を動かして刈っていくのではなく片手は固定してもう片方の手だけを動かして刈るようにしてください。その時に両手を動かして刈り込みをしていくとでこぼこになったりまっすぐに刈れません。また刈り込みバサミは裏と表があり、刈る場所によって使い分けをすることでよりきれいに刈り込むことが出来ます。

最後に【自信がなければ専門業者に相談してみよう

自分の家の植木・生垣ですので、自分で刈り込むことが出来れば思い通りの形に仕上げる事が出来ます。しかし、いざやってみて失敗したとなってしまうと見栄えが悪くなってしまいますので、もし自信がなければ最初の内は専門家に依頼するのもいいかもしれません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の刈り込みを検討するなら

一度プロの庭木の刈り込みをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください