植木・生垣の刈り込み業者に頼むとどれくらいの費用がかかりますか?

植木・生垣の育成で最も重要な作業が剪定です。剪定を怠ると植木・生垣は山の木に戻り庭の景観を損ね庭木としての役目を果たせません。庭に丁度良い大きさに保ち、風通しや日当たりを良くし植木・生垣を健康に保つためにも専門業者さんにお願いするのが良いでしょう。今回はその剪定作業内容と費用についてご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

剪定作業の内容は?

植木・生垣の剪定と一口に言っても、実は色々な作業があります。

剪定・刈込  …庭全体のバランスを考え庭木を美しい姿に保つ作業

除草・草刈り …季節に合わせた雑草の管理

枝おろし    …大きな枝を根元から切り落とす作業

消毒      …薬品を散布し病虫害から植木・生垣を守る作業

伐採・移植  …植木を根元から切り倒したり移動したりする作業

植栽      …庭に草木を植える作業

枝回収・引き取りなど多岐にわたる作業です。

剪定の料金体系

植木・生垣の剪定作業の費用は、作業時間で決めている業者さん(1時間3,000円が相場)や剪定する植木の高さと本数で決めたり(例えば1本当たり5,000円位から)、生垣の場合は生垣の高さと、距離で決めている(生垣の距離1m当たり3,000円位)業者さんもあります。ただ作業する現場の状況により大きく変わってきますので、業者さんに現場を見てもらって見積りをお願いしましょう。

剪定以外にかかる費用

ここで注意しなければならないのは、直接の剪定以外にかかる費用がばかにならないことです。剪定の現場までの出張費用は別途必要で、駐車場が無い場合はその駐車場代もかかりますし、剪定作業で生じた枝の処分代も請求されます。出張費はその業者さんが所在する市内や近隣の場所までは無料としている所も多いですが、それ以外では6,000円ほどは覚悟しましょう。剪定する植木の高さが高い場合は追加料金が必要な場合もあります。

最後に【現場も見てもらい見積りをお願いしましょう】

植木・生垣の剪定費用は、作業時間や植木の高さ、生垣の長さで料金を設定している業者さんが多いですが、実際には剪定する現場の状況により変わってきますので面倒でも、現場を見て見積りしてもらうことをおすすめします、その時には必ず出張費など剪定以外の費用も確認しましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms