更新日:2017/01/01
窓に生えたカビの落とし方を教えて!

窓に生えたカビの落とし方を教えて!

窓に生えたカビの落とし方を教えて!

窓ガラスに生えたカビの落とし方

窓ガラスの汚れは室内か室外が良くわからない場合がありますね。掃除はまず外側からはじめましょう。窓の外側にカビが生える事は、ほとんどどなく、汚れは主にホコリです。ガラスクリーナーなどで拭けばきれいになり今度は内側の汚れが良く見えます。住宅用の中性洗剤を含ませた布などで拭けば大抵はきれいに落とせます。

それでも落ちないカビには、カビ取り洗剤で湿らせたキッチンペーパーで湿布、その後水拭きで落します。

窓のサッシに生えたカビの落とし方

窓のサッシに生えたカビも同じように、水拭きや洗剤を使えばきれいになります。サッシの下の溝は掃除がしづらくホコリが溜まり、カビが生えやすい所です。はじめに掃除機でホコリを吸い取り、こびりついた汚れやカビはお掃除ブラシや歯ブラシなどを使ってかきだします。

そこを雑巾で拭いた後、キッチンペーパーなどを敷き、その上から洗剤をふりかけ湿布します。2~3時間でカビが浮き上がってきたらきれいに拭き取りましょう。

窓のパッキンに生えたカビの落とし方

窓ガラスのパッキンは結露が溜まり、カビもが生えやすい場所の一つです。この部分に生えたカビは水拭きだけでは落ちないことが多く、落ちたように見えてもカビの胞子が残りすぐまた生えてくる事もあるので、カビ取り洗剤を使ってきれいに落としましょう。

細く丸めたキッチンペーパーに洗剤を染込ませパッキンの上に置き、更にラップをかぶせ暫く放置し、ブラシなどでブラッシングします、頑固なカビにはこれを繰り返します。

最後に【まとめ】

窓のカビ落としのお掃除を行った後は、必ず雑巾などで水拭きし洗剤分を落して乾燥させましょう。また、カビ取り洗剤などを使うときは手袋をし、木枠などにかからないように注意して下さい。 それと高層階のベランダの無いお部屋などの窓掃除は大変な危険が伴います、このようなときには迷わず専門業者さんに相談してくださいね。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

窓・サッシのクリーニングを検討するなら

一度プロの窓・サッシのクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください