更新日:2017/01/31
窓拭きのコツを教えてください!

窓拭きのコツを教えてください!

窓拭きのコツを教えてください!

まずは網戸の掃除から

寒い時期に水を使いたくないですよね。そんな時におすすめなのが市販されている専用の棒にお掃除シートを装着するものです。柄を短くし、シートを装着すれば簡単にできます。先に汚れの少ない内側から行い後から外側を拭くのがおすすめです。上から下方向に向かってさっと拭くだけで汚れを取り除くことができます。

窓拭き掃除の手順

水で濡らして絞ったタオルにクリーナーをまんべんなくスプレーして窓を拭きます。違うタオルを水に濡らして絞り、洗剤が乾かないうちに拭き取ります。マイクロファイバー製のタオルでガラスに残った水分を窓のフチに沿って上から下へしっかりと拭き取ります。マイクロファイバー製のタオルは羽毛立ちがなく、繊維のキメが細かいので仕上げにおすすめです。

窓拭きに適しているのはいつ?

窓掃除に適しているのは、晴れた日の日中や雨の日ではなく、朝早めの時間か曇り空の湿度が高い日です。朝方や曇り空の日は、晴れた日の日中より湿度が高めなので、窓掃除に適しています。

雨の日も湿度が高いのですが、雨が窓にかかったりして窓掃除どころではありませんよね。反対に晴れた日は、汚れを拭いている途中ですぐにガラスが乾いてしまうため、拭いた後の筋が残りやすくなってしまいます。

最後に【窓をきれいにするだけじゃダメ!?】

ちなみに、網戸が汚れていると、せっかくきれいにした窓の外側に、雨や風ですぐに汚れが移ってしまうそうです。窓拭き掃除の前に、網戸の掃除をするのがおすすめです。また、カーテンが汚れていると、窓の内側もすぐにホコリだらけになってしまうので、先に掃除をしておくのもポイントです。窓が高い場所にあって自分で行うのが不安な方は、無理をせず専門の業者に依頼するにがおすすめです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

窓・サッシのクリーニングを検討するなら

一度プロの窓・サッシのクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください