更新日:2017/01/31
ガラスが割れた時の正しい片付け方は?

ガラスが割れた時の正しい片付け方は?

ガラスが割れた時の正しい片付け方は?

空の食器や窓ガラスが割れた時の正しい片付け方

中に何も入っていないグラスやお皿、窓ガラスが割れた時は、

①軍手を着用し、スリッパを履いてください。

②新聞紙を用意して、大きな破片を新聞紙に集めます。手で取れる大きさの物は、出来るだけ取っておきます。

③チリトリとホウキで細かい破片を取ります。この時優しく掃かないと、逆に周りに飛ばしてしまうので、気をつけてください。集めた破片は新聞紙に集めます。

④掃除機で吸うのですが、吸い込み口を外して、ホースの口をストッキングで覆い、輪ゴムでとめて使うと、掃除機にガラスの破片を吸い込ませないで済みます。

ガラスを吸うのにスイッチONして、新聞紙の上でスイッチOFFです。

これを繰り返して新聞紙に細かい破片を集めます。

⑤ガムテープを使って目に見えないような小さな破片をペタペタくっつけちゃいます。

フローリングの溝などもしっかりやりましょう。ガラスはとんでもない所までとびます。部屋中チェックしましょう。

⑥最後に濡れ雑巾で拭いて、その後カラ拭きして仕上げます。

(窓ガラスが割れた場合は、修理の依頼を忘れずに)

中身が入ったコップなどが割れた時のガラスの正しい片付け方

ジュースなど、中身が入ったコップなどが割れた時の正しい片付け方は、

①軍手を着用し、スリッパを履いてください。

②新聞紙を用意して、大きな破片を新聞紙に集めます。

③チリトリとホウキで細かい破片を取ります

④雑巾で液体ごと拭き取ります。この雑巾は破片いっぱいなので割れたガラスと同じように扱ってください。

⑤空の食器と同様に掃除機で吸います。

⑤ガムテープを使って目に見えないような小さな破片をくっつけます。

⑥最後に濡れ雑巾で拭いて、その後カラ拭きして仕上げます。

割れたガラスの処理編

割れたガラスを片付けた時にでた割れたガラスの処理方法についてお話します。

割れたガラスの破片は大変危険です。拭き取りに使った雑巾も細かい破片が付いていて危険です。これらは必ず新聞紙に何重かにして包みます。

ゴミ収集の際、作業をする方が怪我をしないように、油性マジックで目立つように赤色などで「ガラス危険」や「割れ物キケン」等書いて下さい。

あとは、地域の自治体ルールに従って捨てて下さい。

最後に(大きな窓などが割れたとか、大量のガラスを片付ける場合は)

コップやお皿位の割れたガラスの片付けでしたら、怪我しないように注意をすれば、ご自身で出来ると思いますが、窓ガラスが割れてしまったらガラス屋さんに、大量のガラスの片付けは不用品回収業者などの専門業者に依頼しましょう。

くれぐれも、怪我の無いように!注意してください。

専門の業者はこちらを参考にしてみてください。

価格やサービスを比較できるサイトがございますのでご活用下さい。

窓・サッシのクリーニングを検討するなら

一度プロの窓・サッシのクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください